ピクシブ百科事典

川崎市

かわさきし

神奈川県第二の都市で政令指定都市。東京と横浜に挟まれ影は薄い。
目次[非表示]

神奈川県東部にある政令指定都市。人口約142万人。

概要

1924年(大正13年)7月1日に市制施行。戦後人口が急速に増加し1972年(昭和47年)4月1日に政令指定都市に移行。当初の区分は川崎区、幸区、中原区、高津区、多摩区。人口増加のため、1982年(昭和57年)、宮前区、麻生区が誕生し現在に至る。なお、麻生区は“あさおく”であり、“あそうく”ではない。

紹介のされ方は“横浜東京の間にある市”…解せぬ。

北西から東南に極端に長細く、小田急線沿線・田園都市線沿線・東横線沿線でそれぞれに独立した生活圏を築いている。市内交通では市域を縦断する唯一の旅客路線としてJR南武線があるが、並行して貨物専用のJR武蔵野線が走る(かつては川崎市営地下鉄の計画もあった)。

中心市街地は川崎駅周辺で、この他、武蔵小杉・溝の口・新百合ヶ丘が川崎市の副都心となっている。特に武蔵小杉はタワマンが数多く建設されるなど発展著しい。

何かと治安が悪いというイメージを持たれがちであるが、それは東南に位置する川崎区・幸区及びその周辺のみの話である。それ以外の中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区はそんな事はなく、全くの別世界と捉えた方がいいだろう。

名物

川崎区には初詣参拝ランキング第3位の川崎大師を持つ。

サッカーJリーグ川崎フロンターレがホームタウンとしている。かつてヴェルディ川崎というチームもあったがホームタウンを府中市に移転して東京ヴェルディとなった。

ちなみにプロ野球ではかつては2球団(大洋ホエールズロッテオリオンズ)が川崎球
場を本拠地としていたがいずれも市外に移転してしまった(なお、客席などの施設の大部分はなくなり、プロ野球球場としては使えなくなったものの、川崎球場は現在でも存在する)。

多摩区(一部宮前区にまたがる)の生田緑地は首都圏有数の巨大な都市公園で、園内に岡本太郎美術館、日本民家園がある。
また、旧向ヶ丘遊園跡地には藤子・F・不二雄ミュージアムがある。

関連タグ

川崎

pixivに投稿された作品 pixivで「川崎市」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5486

コメント