ピクシブ百科事典

新百合ヶ丘駅

しんゆりがおかえき

神奈川県川崎市麻生区にある小田急電鉄の駅。多摩線と小田原線の分岐する。
目次[非表示]

概要

神奈川県川崎市麻生区にある小田急電鉄
元々は百合ヶ丘駅から分岐する予定だったが、既に住宅街が密集していた為、当駅が設置される事になった。
当駅で多摩線本線が分岐しており、更に横浜市営地下鉄ブルーラインが当駅まで延伸される計画もある。

駅メモ新百合ほこね及びうららの元ネタになった駅でもある。

駅周辺には麻生区の区役所の他、L-myrordイオンオーパ等が存在する。又、景観条例の為か、パチンコは一切ないのが特徴。
川崎市だけでなく北隣の稲城市、及び青葉区からの利用者も多い。
オーパのビルにはアニメイト京王アートマンが、L-myrordにはイトーヨーカドー有隣堂山野楽器OdakyuOX等が入居している。

駅構造

現在、当駅では小田急線と多摩線が乗り入れている。
小田急電鉄
島式3面6線の駅で小田原方面は1・2ホーム、多摩線は2・3・4番ホームから発車する。
新宿方面は5・6番ホームからを使用する。
1・6番ホームは配線上、多摩線と直接繋がっていない。
仮にJR東日本ATOSの案内を使用すると誤乗防止の為、1・4・5番乗り場が男声、2・3・6番乗り場が女声になるものの、現在は1・2・3番乗り場が女声、4・5・6番乗り場が男声である。

乗り場路線方面備考
1小田原線相模大野小田原藤沢方面小田原線下り退避駅
2
  1. 小田原線
  2. 多摩線
相模大野小田原藤沢唐木田方面多摩線優等列車はこちら
3多摩線唐木田方面新宿方面から多摩線直通の各停はこちら
4多摩線唐木田方面
5小田原線新宿千代田線方面多摩線からの直通はこちら
6小田原線新宿千代田線方面小田原線上り退避駅

横浜市営地下鉄ブルーライン(計画中)

新百合ヶ丘駅自体は川崎市麻生区であるが、横浜市の発表によると、川崎市が市営地下鉄を断念したことにより延伸に向けて調査中との事。
現在の終点であるあざみ野駅から当駅まで延伸するルートとなり、当駅は島式1面2線の駅を想定している。

利用状況

小田急電鉄

横浜市営地下鉄ブルーライン

  • 乗客見込みは約65,000人を見込んでいる。


利用客推移表

事業者名小田急電鉄
年度乗降人員
2008年(平成20年)度120,516人
2009年(平成21年)度121,705人
2010年(平成22年)度121,119人
2011年(平成23年)度120,483人
2012年(平成24年)度122,763人
2013年(平成25年)度124,499人
2014年(平成26年)度123,894人
2015年(平成27年)度124,747人
2016年(平成28年)度125,659人
2017年(平成29年)度126,772人


備考

※1 下北沢駅地下化により小田急と京王双方の利用が減少して当駅より少なくなった。

関連タグ

小田原線 多摩線 神奈川県内の駅一覧
ブルーライン 新百合ほこね 新百合うらら

pixivに投稿された作品 pixivで「新百合ヶ丘駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2979

コメント