ピクシブ百科事典

町田駅

まちだえき

東京都町田市にあるJR東日本横浜線と小田急電鉄小田原線の駅。
目次[非表示]

概要

東京都町田市の鉄道駅。だが、神奈川県相模原市南区との境界、つまり東京都と神奈川県の県境がこの駅のすぐ近くにある。元々、JR東日本は原町田駅として開業し、小田急との乗り換えが不便だったが、駅前再開発によって移転し現在の町田駅となった。

駅周辺の町は谷と坂が多い影響からか、ペデストリアンデッキと歩道橋が入り混じる構造となっている。
その影響で町の衰退が著しく2008年(平成20年)以降、利用者が減少傾向にある。
但し、多摩モノレールが当駅まで延伸する計画がある。

駅構造

小田急電鉄

ホームは島式2面4線。小田原寄りは高架である一方、新宿寄りは地上で、駅のすぐそばに踏切が存在。新宿寄りの踏切は開かずの踏切として有名である。
また、新宿寄りに引き上げ線があるが、最大6両編成まで。江ノ島線からの列車を中心に当駅で折り返す列車が設定されている。

乗り場路線方向方面備考
1・2小田原線下り相模大野小田原藤沢方面1番ホームは待避線。
3・4小田原線上り新宿大手町方面4番ホームは待避線。

JR東日本

島式2面4線の地上駅で、この構造は横浜線単独駅では唯一。八王子方面の列車については、快速・普通の緩急接続が日中時間帯に行われる。改札口はルミネ側とミーナ側の2か所に設置されている。

乗り場路線方向方面備考
1・2横浜線上り東神奈川桜木町磯子方面初発八王子行きは2番乗り場から発車
3・4横浜線下り橋本八王子方面3番乗り場は横浜方面の折り返し電車の一部が発着と快速の待避。

利用状況

近況

小田急電鉄

  • 2016年(平成28年)度の1日平均乗降人員は、291,802人である。
    • 小田急の利用者では新宿駅に次いで2位であり、多摩地区の私鉄の駅では最も利用者が多い。
      • 但し、下記の状況人員を見れば分かる通り2008年以降、利用者が減少傾向にある。
      他社の駅だと京急品川駅京成押上駅より多い。
JR東日本
  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗車人員は、112,710人である。
    • 横浜線単独では最も多く、八王子~桜木町間だと横浜駅に次いで2位。
    • 横浜支社だと横浜駅川崎駅武蔵小杉駅に次いで多い。
    • 近年は微増で留まっている。

利用状況比較表

事業者名小田急電鉄JR東日本
年度乗降人員乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度291,952人108,214人216,428人
2009年(平成21年)度289,622人107,799人215,598人
2010年(平成22年)度290,621人109,077人218,154人
2011年(平成23年)度288,884人109,042人218,084人
2012年(平成24年)度291,678人110,543人221,086人
2013年(平成25年)度292,779人110,940人221,880人
2014年(平成26年)度289,013人110,233人220,466人
2015年(平成27年)度291,911人112,161人224,322人
2016年(平成28年)度291,802人112,447人224,894人
2017年(平成29年)度112,710人225,420人


駅周辺


隣の駅

小田急電鉄小田原線

快速急行・急行

相模大野駅 - 町田駅 - 新百合ヶ丘駅

準急・各駅停車

相模大野駅 - 町田駅 - 玉川学園前駅

JR東日本横浜線

快速

相模原駅 - 町田駅 - 長津田駅

各駅停車

古淵駅 - 町田駅 - 成瀬駅

関連タグ

小田急電鉄 小田原線 江ノ島線
横浜線 JR東日本

pixivに投稿された作品 pixivで「町田駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2201

コメント