ピクシブ百科事典

武蔵大和駅

むさしやまとえき

東京都東村山市にある西武鉄道多摩湖線の駅
目次[非表示]

概要

東京都東村山市にある西武鉄道多摩湖線の駅である。

1930年に「村山貯水池駅」として開業、1936年に現駅名に改称。

単式ホーム一面一線で、8両編成まで停車可能。かつては列車交換も行われていたが、駅周辺の立地条件でホームの長さに制限があったことから、単式ホーム化してホームを延伸した。

名称の由来について

名称の由来は旧武蔵国と、開業時の所在地の旧大和村(現東大和市)からである。

なお旧大日本帝国海軍の大和型戦艦の就役は1940年であり、駅名、艦名ともに由来には両者は関係はない(艦の方は戦前はその存在は国民には秘匿されていた)。ちなみに艦の全長は263.40m、全幅は38.9mで武蔵大和駅がすっぽり入るサイズで、駅名のインパクトに比べこじんまりとした駅である。

そのインパクトある名称で鉄道ファン以外のミリオタや近年では某船ゲーム提督などからの知名度は高く、日本最強の駅名として名前が挙がることも少なくない。

関連タグ

西武鉄道 多摩湖線
東村山市

大和型戦艦 戦艦大和 戦艦武蔵

コメント