ピクシブ百科事典

百合ヶ丘駅

ゆりがおかえき

神奈川県川崎市麻生区にある小田急小田原線の駅。
目次[非表示]

概要

神奈川県川崎市麻生区百合丘1丁目にある小田急小田原線。駅番号はOH22
元々、多摩線は当駅から分岐する予定だったが、敷地の関係で新百合ヶ丘駅を開業する結果になった。
その為、当初は2面4線に拡幅可能な構造になっていた。
但し、当駅から新百合ヶ丘駅までは踏切が一切ない為、登戸駅~新百合ヶ丘駅まで複々線化する際、当駅~登戸駅間のみ高架し、当駅~新百合ヶ丘駅までは今の設備を複々線に対応するだけで可能な設備は整っている。

名前の由来は、百合丘団地が近くにあることから「百合ヶ丘」(なぜ百合丘ではないのかは定かではない)となる。「百合丘団地」という団地名の由来は、かつてこの周辺に神奈川県の県花である「山百合」が多かったからという。また、そのほかにもこの近辺の開墾に当たって128人(または100人という説もある)の地主が協力し、「百人が力を合わせた」ということからだとする説もある。
尚、百合といってもこちらと関係がない。

駅構造

相対式2面2線の地上駅。
線路は掘割部にある。橋上駅舎を有しており、南口側は駅舎と駅前広場が直接繋がっている。建設当初は待避線スペースも確保され島式ホーム2面4線も可能なようにされていた。

乗り場路線方向方面備考
1小田原線下り新百合ヶ丘相模大野本厚木小田原片瀬江ノ島唐木田方面
2小田原線上り新宿・(千代田線)大手町北千住(常磐線)松戸取手方面

利用状況

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は21,404人である。小田急の駅では49位。
  • ここ数年は商業施設や路線バスが新百合ヶ丘駅に移行している事から、当駅の乗降人員は新百合ヶ丘駅に奪われる形で減少している。


利用状況比較表

年度乗降人員順位
2008年度21,674人47位
2009年度21,407人47位
2010年度21,177人49位
2011年度20,736人49位
2012年度20,814人50位
2013年度21,211人50位
2014年度21,125人49位
2015年度21,522人48位
2016年度21,293人50位
2017年度21,404人49位


関連項目

小田急電鉄 小田原線 多摩線 複々線 新百合ヶ丘駅 百合
神奈川県内の駅一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「百合ヶ丘駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24

コメント