2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

東京都府中市本町に所在し、JR東日本南武線武蔵野線が乗り入れる。
府中市の中心街から少し離れた位置にあり、JRA東京競馬場の最寄り駅の一つでもある。

1928年に南武鉄道線の駅として開業。
戦時下の1944年に国有化され国鉄の駅となる。
戦後の国鉄武蔵野線建設計画において南武線との接続駅として選定され、1973年4月に武蔵野線が一部開通。
これに合わせて駅構内の大幅拡張と大型橋上駅舎化がされ、武蔵野線旅客区間のターミナル駅として引き上げ線をも備える運転上の主要駅へと大きく生まれ変わった。

駅構造

相対式2面2線と島式1面2線の複合式3面4線の地上駅。
南武線が武蔵野(貨物)線を挟み込む形で再設計されており、両線を交差する北側のトンネルが駅に接近していて各ホームがずれている事もあって乗り換えに必要な移動距離がやや長い。

特に1番線は他のホームから離れた半地下構造であり、階段の行き来には時間がかかる。
2番線は降車ホームで、法律上の武蔵野線の終点にあたる神奈川県横浜市鶴見駅寄りに折り返し線があり、そこから引き返して3番線に向かう。
この他ホームのない通過線が2本ある。

東京競馬場の開催日などに開放される広めの臨時改札口があり、西門に続く高架通路「フジビューウォーク」に接続している。
なおこの通路は競馬が開催されない日時も途中までなら公共用歩道として利用する事ができ、通常の改札口からも簡単にアクセスが可能である。
また途中で降りると昔ながらの食堂が営業している一角がある。

乗り場路線方向行き先備考
1南武線上り稲城長沼登戸武蔵小杉川崎方面
2武蔵野線内回り到着専用のため乗車不可
3武蔵野線外回り北朝霞南浦和西船橋方面 ※1・2
4南武線下り分倍河原立川方面

※1
武蔵野線の線形上、東京駅へは武蔵小杉駅または西国分寺駅での乗り換えの方が所要時間が短い。
※2
海浜幕張行きは京葉車両センターへの出入庫を兼ねている。

利用状況

2019年度の1日平均乗車人員は、17,126人
武蔵野線との乗り換え客を除いた上での南武線の乗換駅としては利用者は比較的少ない。
東京競馬場に近い影響で、旅客の輸送波動や非定期客の割合が高いのも特徴である。

利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度17,543人35,086人
2009年(平成21年)度17,304人34,608人
2010年(平成22年)度16,686人33,372人
2011年(平成23年)度16,565人33,130人
2012年(平成24年)度16,922人33,844人
2013年(平成25年)度17,138人34,276人
2014年(平成26年)度17,079人34,158人
2015年(平成27年)度17,209人34,418人
2016年(平成28年)度17,321人34,642人
2017年(平成29年)度17,454人34,908人
2018年(平成30年)度17,489人34,978人
2019年(令和元年)度17,126人34,252人

余談

当駅の南方200mの地点に、かつて国分寺駅を起点とする中央本線の支線の駅である「東京競馬場前駅」があった。
1973年の武蔵野線開業により支線の途中駅であった北府中駅以北とそれからしばらく残っていた下河原への貨物支線が武蔵野線として統合され、残った旧支線区間と東京競馬場前駅は廃止。
旧支線では普段はクモハ40の1両編成電車が往復し、競馬開催時には東京駅からの直通列車が運行されていた模様。

隣の駅

南武線
種別前の駅当駅次の駅備考
快速稲城長沼駅府中本町駅分倍河原駅
各駅停車南多摩駅府中本町駅分倍河原駅
武蔵野線
種別前の駅当駅次の駅備考
各駅停車府中本町駅北府中駅


関連項目

東京都 府中市(東京都)
多摩地区にある駅一覧 東京競馬場

府中駅(東京都)
当駅より徒歩700mほど離れた市の中心駅。

府中競馬正門前駅
同じく東京競馬場の最寄駅の一つ。

関連記事

親記事

多摩地区にある駅一覧 たまちいきにあるえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「府中本町駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 476

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました