ピクシブ百科事典

京葉線

けいようせん

京葉線とは、JR東日本が管轄・運行する鉄道路線の名称である。
目次[非表示]

区間

東京駅東京都千代田区)から蘇我駅千葉県千葉市中央区)を結ぶ本線部(延長43.0km)と合わせて総武線西船橋駅を頂点とした三角形を形作る二つの支線(西船橋駅 - 南船橋駅間、西船橋駅 - 市川塩浜駅間)からなる。
支線は武蔵野線に直通する電車が運行されている。

元々は貨物線として計画されたが途中で旅客線を兼ねることになり、東京駅へ乗り入れるために新木場駅から先の区間が追加された経過がある。
東京臨海高速鉄道りんかい線は本来貨物線としての京葉線の延長として計画されており、両路線のレールはつながっている。

1975年に一部が貨物線として開業した後、1986年3月3日国鉄の路線として西船橋駅 - 千葉港(現千葉みなと)駅まで旅客営業を開始。
1988年12月1日には蘇我駅 - 千葉みなと駅間、南船橋駅 - 新木場駅間、西船橋駅 - 市川塩浜駅間が開通。
1990年3月10日に東京駅~新木場駅間が開業し全通した。

なお、京葉線東京駅は本来成田新幹線の東京駅として確保されていた場所にあるが、東京駅本体からはかなり離れており、時刻表では新幹線との標準乗換時分を20分としている。
むしろ山手線京浜東北線で東京駅の隣駅となる有楽町駅の方が近いため、「遠京駅」や「東楽町/北有楽町駅」などと揶揄されることもある。
このためか、京葉線東京駅から山手線・京浜東北線を使って新橋駅以南に向かう際、有楽町駅で乗車できるようになった。

もっとも京葉線への乗り換えの悪さは東京駅だけに限った事ではなく、停車駅そのものが乗り換えなしで独立しているものが多く、下手したら分岐してきた武蔵野線の方がマシなレベル。東京都内ですら東京駅以外で乗り換え出来るのは八丁堀駅(東京メトロ日比谷線)、新木場駅(東京メトロ有楽町線りんかい線)のわずか2ヶ所のみであり、千葉県の敷地内になるともっと少ない。

沿線には舞浜の東京ディズニーリゾートを筆頭に幕張メッセ千葉マリンスタジアム船橋競馬場葛西臨海公園、さらに開業当時にはスキードームザウス(現IKEA)、船橋オートレース場も存在したという観光施設とららぽーと東京ベイ、イオンモール幕張新都心など大型商業施設が多く立ち並び、特に休日の利用客はそれらの施設に来場する人が多い。
蘇我駅、海浜幕張駅舞浜駅は、最寄の観光施設をモチーフにした発車メロディが使用されている。

東京湾岸の高架線を走行する路線の性格上、強風で運休や遅れが発生することが多いのが悩みの種となっている。
加えて上述通り乗り換えが出来ない駅の多さから緊急事態には乗客はバイパスとして東京メトロ東西線中央・総武線に流れ、同線の混雑を引き起こす。

種別

特急

当路線を経由して、外房線内房線へ向かう特急「わかしお」・「さざなみ」が運行している。これらは、特急成田エクスプレス」の運行開始に伴って総武・横須賀線において線路容量が不足したことが背景としてある。

当初は、京葉線内途中駅は無停車であったが、2000年12月2日の改正で一部列車が幕張新都心の海浜幕張駅に停車するようになった。そして、2007年3月18日のダイヤ改正から東京発16時までの下りおよび同駅発11時以降の上り全特急列車が同駅に停車するようになった。

これに伴い、同駅の東京方面ホームには自由席特急券の自動券売機が設置されたほか、駅係員がホームに出て自由席特急券を販売したり、放送で同駅から東京駅まで直行することをアピールするなど、特急の短距離利用促進宣伝を行っている。

通勤快速

平日の朝に上りが4本、平日夜間に下りが2本運行される。

線内の途中停車駅は八丁堀駅・新木場駅の2駅であり、東京近郊の路線の中では少ない。
全電車が内房線・外房線東金線と直通運転を行う。
種別カラーは

外房線への通勤快速は東京駅 - 誉田駅間は外房線方面の列車と東金線方面の列車を併結して誉田駅で切り離し、翌朝には誉田駅で両線の列車を併結して東京駅へ運転されている。そのため、この列車に関連する運用のみ分割併合に対応したE233系F51 - F54編成が充当されている。

快速

平日の日中は30分間隔、土曜・休日の日中は15分間隔で運行され、日中の上りは海浜幕張駅で同駅始発の各駅停車東京行きに接続している。下りは平日の日中以外はほとんどの電車が新浦安駅で各駅停車に接続し、南船橋駅では当駅発着の武蔵野線直通と接続する。

ダイヤ変更により、途中駅での特急列車の通過待ちまたは時間調整をする電車が多く、最速の各駅停車よりも所要時間がかかる電車もある。また一部下り列車は海浜幕張駅で通勤快速の通過待ちをする。
日中は1時間あたり1本が外房線の上総一ノ宮駅まで直通運転を行っており、外房線内は各駅に停車する。
種別カラーは(幕式・フルカラーLED共通)。朝時間帯は行われていない(通勤快速は除く)。

各駅停車

京葉線内では平日日中は1時間あたり4本運行されており、海浜幕張駅発着と蘇我駅発着が2本ずつ運行されている。土曜・休日日中も平日と同じくらいの運行がされており、この時間帯は全て海浜幕張駅発着で運行されている。
平日の日中以外は新浦安駅で京葉快速の待ち合わせを行うことが多いほか、一部電車は千葉みなと駅・海浜幕張駅・新習志野駅・新浦安駅・葛西臨海公園駅で特急列車の通過待ちを行う。夜間の一部の電車が内房線、外房線から直通するものある。

また、後述の武蔵野線直通電車を補完する形で、東京駅発着の武蔵野線直通電車と連絡する西船橋駅 - 南船橋駅・新習志野駅間の区間運転の電車が夜間と平日日中に運転されている(そのうち平日1往復は京葉線10両編成の車両で運用)。
種別カラーは(E233系のフルカラーLED表示機のみ設定)。

武蔵野線直通列車は、平日日中は南船橋駅発着が1時間あたり2本(このほかに、直通電車ではないが西船橋駅 - 南船橋駅間のみを運転する電車が1時間あたり1本ある)、休日日中は1時間あたり3本運行される。日中の南船橋駅発着の電車は南船橋駅で蘇我・東京方面両方に接続している。
海浜幕張着の1本のみ新習志野で特急「さざなみ」の通過待ちをする。

2013年3月16日のダイヤ改正で運行されていた、東京駅発着の武蔵野線直通の快速(武蔵野快速)が全て各駅停車となった。

駅一覧

●…停車
レ…通過
▲…「わかしお」の一部が停車

駅名快速通勤快速特急乗り換え路線
東京
  1. 山手線
  2. 京浜東北線
  3. 中央線快速
  4. 総武快速線(横須賀線)
  5. 東海道線
  6. 東京メトロ丸ノ内線
八丁堀
  1. 東京メトロ日比谷線
越中島
潮見
新木場
  1. りんかい線
  2. 東京メトロ有楽町線
葛西臨海公園
舞浜
新浦安
市川塩浜
  1. 武蔵野線(西船橋駅へ直通)
二俣新町
南船橋
  1. 武蔵野線(西船橋駅へ直通)
新習志野
海浜幕張
検見川浜
稲毛海岸
千葉みなと
  1. 千葉都市モノレール
蘇我
  1. 内房線(一部直通)
  2. 外房線(一部直通

イメージキャラクター

1990年の京葉線全通時に、高橋留美子氏の手により広報用キャラクター『マリン』が作成された。(参考

京葉線イメージキャラマリンちゃん



関連イラスト

E233系(5000番台・2010年7月より運行開始)

E233系京葉線



関連タグ

103系 201系 205系 209系500番台 E331系 E233系
総武線 武蔵野線 りんかい線
房総特急255系E257系 メルヘン顔
ジェフユナイテッド千葉 幕張メッセ 千葉マリンスタジアム 船橋競馬場 TDR 葛西臨海公園 東京スポーツ 品川埠頭 二重橋 丸の内

pixivに投稿された作品 pixivで「京葉線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65965

コメント