ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

千葉県市川市市川にあるJR東日本総武本線の駅。総武快速線(JO24)と中央・総武緩行線(JB27)が停車する。

島式ホーム2面4線の高架駅。快速ホームの外側に特急通勤快速貨物列車などが通過するための線路がある。
1894年に開業。駅周辺にデイリーヤマザキダイエーなどがある。北へ向かうと京成電鉄市川真間駅を経て、真間山弘法寺へ抜けられる。

通勤快速と特急しおさいは当駅を通過する。

市川市の中心地は緩行線本八幡駅であるが、駅名ゆえに当駅が中心地だと誤解されやすい。また市役所の最寄り駅もその本八幡駅である。
これは現在の市川市成立の際、当時の八幡町を中心に、当駅周辺の市川町など複数町村が合併したことによる。

駅北口に京成バス京成タウンバス乗り場、南口に京成トランジットバス乗り場がある。前者のうちタウンバスは【新小52甲】が都県境を跨いで乗り入れてくるのみだが、実はこの路線、かつては京成(電鉄)バス・都バスの共同運行で浅草雷門を経て上野駅・上野松坂屋前まで伸びていた【上34】がその前身だったりする。

駅構造

乗り場路線方向行き先
1総武線(各駅停車)西行き錦糸町秋葉原新宿中野三鷹方面
2総武線(各駅停車)東行き西船橋津田沼千葉方面
3総武線(快速)西行き錦糸町・東京、(品鶴線横須賀線直通)横浜逗子久里浜方面
4総武線(快速)東行き千葉・成田空港、(内房線直通)木更津・(外房線直通)上総一ノ宮方面


利用状況

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員は61,575人である。
    • 錦糸町駅~千葉駅の総武線快速の駅では稲毛駅に次いで少ない。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度58,723人117,446人
2009年(平成21年)度58,853人117,706人
2010年(平成22年)度58,979人117,958人
2011年(平成23年)度58,331人116,662人
2012年(平成24年)度58,522人117,044人
2013年(平成25年)度59,200人118,400人
2014年(平成26年)度58,577人117,154人
2015年(平成27年)度59,909人119,818人
2016年(平成28年)度60,558人121,116人
2017年(平成29年)度61,159人122,318人
2018年(平成30年)度61,418人122,836人
2019年(令和元年)度61,575人123,150人


停車駅

中央・総武緩行線

小岩駅(JB26) - 市川駅 - 本八幡駅(JB28)

総武快速線

新小岩駅(JO23) - 市川駅 - 船橋駅(JO25)

関連タグ

千葉県内の駅一覧 JR東日本 総武本線 総武快速線総武線快速) 中央・総武緩行線 中央・総武線各駅停車
本八幡駅 西船橋駅 船橋駅 津田沼駅 稲毛駅 千葉駅

関連記事

親記事

千葉県内の駅一覧 ちばけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「市川駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49

コメント