ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

東京都交通局が運営するバス

公式の通称は「都営バス」だが、地元では「都バス」と呼ばれている。

pixivでは、「都営バス」タグが付いている作品や、「東京都交通局」タグでまとめられている作品の方が多い。

「都バス」または「都営バス」で検索


東京23区内のうち、中心部(山手線の内側とその東側)や城東方面(墨田区江東区江戸川区)をおもに走っているが、目黒区には路線がない。一方、多摩にも小平市青梅市間及び青梅市一帯に路線がある。

かつては隣接する事業者と相互乗り入れで長距離路線を持っていたが今は存在せず、観光バスも貸切免許を維持するのに必要最小限である5両(しかも純粋な観光バスはこのうち3台残り2台は路線バスの車を貸切車として登録した兼用車)しか持っておらず、本格的な観光バスは基本的に東京都も出資しているはとバスへ任せている。


利用者も運行本数も多い路線もあるが、23区内であっても1時間に1〜2本しかない(※ここの「しかない」は都市基準である)路線も多く、しかも運行間隔は、23区内・多摩問わず、ほぼすべての路線でパターンダイヤになっていない。鉄道のダイヤと見比べるとかなりの差がある。

23区内では路線が多い分、運行経路も複雑で、同じ駅の最寄りのバス停が散在している事も多い。同名のバス停同士で乗り換えるより、その隣のバス停から歩いた方が楽という事例もたまにある。

路線の変更・新設・廃止も頻繁にあるため、久し振りに東京へ行くとかいう場合には、あらかじめ路線と時間を確かめておこう。


という具合に、地元の人間以外にはハードルが高い乗り物であるが、一日乗車券(バス専用と、地下鉄・都電も使えるもの)があるので、乗りこなせればかなり便利である。

23区内以外に住んでいるpixivユーザーが一番お世話になると思うのは、東京国際展示場での各種イベントの際に出る急行バスだろう。

一般路線バスは下記の画像のようになるが、地元人以外にはやはりハードルが高いので、あまりお奨めできない。お盆と年末年始には、同じ日でも平日・土曜・休日のどのダイヤが適用されるかが路線により異なるのも、このハードルを余計に上げている。

【修正】都バス路線図(東京ビッグサイト方面)2013年時点。


それ以外の詳細な情報や歴史などについては、外部リンクを参照のこと。


営業所・車庫

営業所名記号所在地
品川A品川区北品川
港南支所Y港区港南
渋谷B渋谷区東
新宿支所C新宿区西新宿
小滝橋E中野区東中野
杉並支所D杉並区梅里
千住H足立区梅田
有明J江東区有明
南千住K荒川区南千住
青戸支所Z葛飾区白鳥
江東L墨田区江東橋
N北区神谷
練馬支所F練馬区豊玉上
巣鴨P豊島区巣鴨
深川S江東区東雲
早稲田T新宿区西早稲田
青梅支所W青梅市森下町
江戸川V江戸川区中葛西
臨海支所R江戸川区臨海町

車体カラー

都バスの車両のカラーリングはその長い歴史で何度も変わっている。

初代は昭和26年頃から昭和34年まで使われたカスケードブルー、モスアゲートグレー、フェザードグリーンの3色にオレンジの帯を巻いたもの。


昭和34年から45年までは都電と同じクリーム色にマルーン色の帯を巻いたもの。

センシティブな作品

(イラストは参考)


昭和43年度の新車からアイボリーブルー地に水色の帯を巻く塗装へ変更される。当時の都知事の名前をとって美濃部カラーとも呼ばれる。


昭和56年導入の新車から事故防止のため、視認性向上を狙って黄色地に赤帯を巻く塗装へ変更される。当時の都知事の名前をとって通称鈴木カラーとも。

ただこの塗装、「奇抜で派手過ぎる」など大変評判が悪かった上に色彩の専門家からも「都市景観全体との調和を考えるべき」との意見が寄せられる有様だったため、翌年にはコンペの上で新しい塗装が制定されることとなった。


かくして翌・昭和57年に制定された塗装はクリーム地にスカートをベージュ、側面に緑色が斜めに走るナックルライン塗装。こちらは評判がよく、ノンステップバスの導入開始までの新車や経年の浅い在来車に施された。

【バスイラスト】日デUA440HAN改 東京都交通局


平成9年からはナックルラインカラーをアレンジして側面にオレンジとクリーム色の大きな円が入った塗装を採用。この塗装はノンステップバスにのみ施されており、ツーステップ車や都市型超低床車には施されていない。

【バスイラスト】日デ UA460KAM 東京都交通局

なおこのノンステカラーの派生として平成30年度から納車されたスカニア・ボルグレン製のフルノンステップバス専用塗装がある。従来のノンステカラーと比較してオレンジとクリーム色の円がなく、窓まわりをブラックアウトし、その下と車体裾にオレンジ色の帯を入れている。

冬の都バス


この他にも同じく平成30年度より導入されたトヨタ製「SORA」燃料電池バスでは、白をベースに水色と黒色を廃した専用塗装が採用された。


局番

都営バスの車輌を管理する文字を局番といい、側面に書かれている。数字や他の文字と間違えやすいI、O、Q、J、Uの文字を除いた21文字が使われる

例「T-Y490(早稲田)」、

‐T 営業所記号

その車両がどこの営業所所属かを示す。

A→品川 B→渋谷 C→新宿といったように営業所ごとに分かれている。


‐W 購入年度

A→平成27年導入車 →B平成28年導入車 C→平成29年導入車といったように年度ごとに割り振られ令和2年導入車は Fとなる。

ZまでいってしまうとまたAから繰り返し使用されるが、前回のFの対象年度は平成11年導入車である。基本的に車両の置換サイクルは東日本大震災以前が12年、現在はおおよそ15年のため年度記号が重なる可能性は無い為特に問題にはならない。


‐490 通し番号

車両ごとの通し番号。

百の位はその車の区分を示すが路線車の場合100から899となることが多い。この場合801以降が中型車に割り当てられるが令和3年度のG代では既に中型車は全廃になった後のため大型車に使われた。(かつて在籍した中型ロング車は大型扱いのため799以前を使用)900番代はかつて行ってた特別学校の特定輸送の車に割り当てられたがすでに廃止となりかなりの時間が過ぎたため令和4年度のH代で900番代も路線車の番号に転用された。

ちなみこの車両は早稲田営業所所属で平成25年度導入の490号車である。


余談

これに柳沢慎吾京本政樹が乗ると大変なことになる。


実は都バスはお金のないバス会社にとって高品質な中古車を放出してくれる救世主なのだが、U規制車の廃車が進んでた当時「排ガス規制に引っ掛かる車両を規制区域外へ売り飛ばすのは、汚染を押し付けているようでいかながものか」と、石原裕次郎の一声で転売が禁じられ、その影響で車両を代替出来なくなったり中古車価格が高騰したりという事態が発生した事がある。更に東日本大震災と原発事故で都が保有する東京電力の株が無配になったため赤字がひどくなり「まだ使えるのにもったいない」と車の使用期間をギリギリまで伸ばして使い倒すことにした。このためU規制車はごく少数が中古流通したほかは解体業者へ引き渡された。(その後不正転売され東南アジアへ輸出された車も存在する)KC規制車は震災復興支援や夕張支援として譲渡された車がある他「売却時に購入者が排ガス浄化機構を付ける」ことを条件に少数が売却されたのみである。今は排ガス規制に不適合だったKC規制車がほぼ一掃された事もあり交通局の財政健全化の一環として中古車両の売却が再開されており、全国の地方事業者に都バス出身車が多数流れている。事業者によっては座席モケットを東京都時代のみんくる柄のままで使っていることも。


別名・表記ゆれ

都営バス


外部リンク

都営バス公式ページ

Wikipedia「都営バス」


関連イラスト

東京都バスレイドオンコミケ第二部トビラ


関連タグ

東京都交通局 バス みんくる

都営地下鉄 都電

東京都


はとバス …東京都が出資している観光バス。

長崎県交通局長崎県営バス)…都道府県営のバス。

関連記事

親記事

東京都交通局 とうきょうとこうつうきょく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54064

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました