ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

鉄道ファン以外にはあまり知られていないかもしれないが、正式な路線名称は「東京都交通局上野懸垂線」で、都営地下鉄都営バスなどでおなじみの「東京都交通局」が運営していた。「新しい交通手段」として東京都日本車輌モノレールを開発、実際に営業用路線として上野動物園内の東園駅・西園駅を結ぶ0.3km区間が1957年に開業した。


数少ない懸垂式モノレールの路線の1つだが、片側から下ろしたアームによって車体を支え、車輪をゴムタイヤ方式とした「上野式」と呼ばれる独自のものを採用していた。

車両更新や設備更新を何度も行っており、そのたびに運行休止と再開が繰り返されてきた。これは「上野式」のモノレールはここでしか採用されていないのが影響しており、車両更新に多額のコストがかかるため。


2019年10月末で「上野式」のモノレールは運転休止。

路線存続については協議の結果、既存設備を撤去したうえで小型の乗り物を使った新路線を整備し、2026年度の営業開始を目指す方針に決定。東京都は2023年7月21日に国土交通省へモノレールの鉄道事業廃止届を提出、モノレールの路線は同年12月27日付で廃止となった。

新路線は泉陽興業が開発したコースター型の交通システム「エコライド」を本採用する。


運賃・運行時間

以下は2019年の休止前日時点。


運賃は中学生以上の大人が片道150円、2歳~小学生の小児が片道80円。SuicaやPASMOといったICカードは利用不可。

運行時間は上野動物園の営業時間に合わせ、始発が9時40分、終電が16時30分。上野動物園の休園日は運休であった。


関連項目

東京都交通局 都営地下鉄 都営バス都バス 都電 日暮里・舎人ライナー

モノレール 懸垂式懸垂式モノレール

関連記事

親記事

東京都交通局 とうきょうとこうつうきょく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 414

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました