ピクシブ百科事典

E257系

いーにひゃくごじゅうななけい

JR東日本の特急形電車。
目次[非表示]

概要

E257系は東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流特急形電車。第45回(2002年)鉄道友の会ブルーリボン賞受賞。

日本国有鉄道(国鉄)から引き継いだ直流用特急形電車(183系189系)や、波動輸送用に転用されていた直流用急行形電車(165系)の置き換えのために投入した新世代の特急形電車である。JRが独自に設計・製造した特急形車両では初めて製造両数が200両を越え、現時点で西日本旅客鉄道(JR西日本)の683系電車に次ぐ製造数である。

車体構造はE653系E751系をベースとし、中央本線の狭小トンネルや勾配対策・耐寒耐雪構造やE231系で培った技術が採用されている。
冷房装置が床下にあり、屋根周りがすっきりしているのが特徴。また、電動車は回生ブレーキに加え発電ブレーキも搭載し、列車密度の低い路線走行時に頻発する回生失効に対処している。

運用

特急「あずさ」「かいじ」、ホームライナー「中央ライナー」「青梅ライナー

かいじ


中央本線系統で運用されるのは0番台。9両編成で運行されるのが基本(※この場合、東京・新宿寄り先頭車が「3号車」となる。1号車・2号車なし)で、東京・新宿方から6両目の「8号車」に半室グリーン車が連結されている。
外観はアルプスをイメージした白をベースにピンク(春)・碧(夏)・黄(秋)・青紫(冬)・銀(八ヶ岳やアルプスの嶺)を菱型模様を表している。なおこの塗装は各号車で異なっている。

誰だお前は?


一部列車は東京・新宿寄りに「1号車」「2号車」を増結した11両編成で運行される。この2両編成は東京・新宿寄り先頭車は通常タイプであるのに対し、反対側の先頭車は増解結が行われる松本駅構内でしか先頭に立たないために簡易運転台のような構造となっている。
外見は妻面に灯火類があること以外中間電動車そのものであるかのように見えるので、増解結の際一方が尻切れトンボという非常にアレな光景が見られる。「クモハE257形」。

2007年には大河ドラマ「風林火山」にちなみ1編成にラッピングがされたほか、新宿~長野間(松本~長野間は快速)で臨時特急「風林火山」号に充当された。

なお2018年7月より、漸次E353系に置き換えられることが発表されているが、運用を離脱する編成は、後述の「踊り子」で運用されることになった。

特急「わかしお」「さざなみ」「しおさい」、ホームライナー「ホームライナー千葉」

特急しおさい&あやめ


房総特急で運用されるのは500番台。グリーン車なしの5両編成で、5両単独もしくは2編成をつないだ10両編成での運用が基本である。また2018年より189系の代替として中央線・富士急行線の臨時快速「富士山」「山梨富士」に導入された。

特急「踊り子」、ホームライナー「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」


東海道本線(上野東京ライン)系統で運用されている185系の置き換え用として、2018~19年度にかけて、松本運転所配属の0番台が漸次、大宮総合車両センターに転属する。転用改造を経て、2018年度中には「踊り子」での運用が開始される見通しである。
過去には、0番台が間合い運用でホームライナーとして東海道線を走行していた実績もあるが、これは2008年のダイヤ改正の際に中止された。

関連タグ

JR東日本 中央本線 青梅線 篠ノ井線 大糸線 総武本線 外房線 内房線 成田線 京葉線富士急行
251系 253系 255系 E259系 E351系 E353系 E653系 E655系 E657系 E751系

pixivに投稿された作品 pixivで「E257系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50157

コメント