2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

255系

にひゃくごじゅうごけい

JR東日本が製造した直流区間専用特急形電車。JR東日本の特急形電車では初のVVVF車。
目次[非表示]

概要

JR東日本が老朽化した183系特急形電車の置き換えとして製造した直流区間専用特急形電車である。「房総ビューエクスプレス」と命名され、1993年に営業運転開始。JR東日本所属の特急形電車では初のVVVFインバータ制御車である。
製造時期が車体材質とその製造方法、モーターの種類とその制御方式、パンタグラフの構造簡素化の過渡期のため、駆動系統はVVVFインバータ制御だが車体は普通、パンタグラフも菱形パンタグラフ(狭小トンネル対応)を採用と過渡期らしい構成となっている。
主幹制御器は左手操作型ワンハンドルマスコンを採用しておりJR東日本所属の特急形電車では初採用となる。後に同区間用特急形電車として製造されたE257系(500番台)と異なり電制は回生ブレーキのみで発電ブレーキと回生ブレーキの併用※を行わない。その為に発電ブレーキ用抵抗器を搭載していない。

※…配属区間は列車密度が低く回生失効がおきやすいため、後に製造・配属されたE257系では電制時に回生ブレーキ/発電ブレーキ併用をしている。

乗客用扉は館山・安房鴨川・銚子寄り先頭車(9号車)のみ片側2箇所、それ以外は片側1箇所となっている。また、グリーン車喫煙席と禁煙席が分かれていたときの名残としてパテーションがそのまま残っている。

当初は『わかしお』の一部と『ビューさざなみ(現:さざなみ)』で運用され、2005年から『ビューしおさい』でも運用されているが、さざなみの運用は2015年に撤退している。

2014年2016年にかけて更新工事が行われた。

余談

2022年年現在、JR東日本の定期運用を持つ直流特急形車両は当形式が最古参となっている※。
JRによると、少なくとも2023年度までは運用するとのこと。それ以降については未定で、後継車両の発表も今のところなし。

251系以前は全て定期運用から離脱しており、253系2002年に製造された5次車以外は全て廃車になっている(譲渡された編成を除く)。

関連動画

CM 「房総バケーション」60秒Ver

出演 小泉今日子

関連タグ

鉄道 特急形電車 JR東日本 電車 VVVF
E257系…当形式と共に房総地区で活躍する特急型車両

関連記事

親記事

特急形電車 とっきゅうがたでんしゃ

兄弟記事

  • 485系 よんひゃくはちじゅうごけい
  • 583系 ごひゃくはちじゅうさんけい
  • 651系 ろっぴゃくごじゅういちけい
  • もっと見る

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16152

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました