ピクシブ百科事典

E657系

いーろっぴゃくごじゃうななけい

JR東日本の交直流両用特急形電車。
目次[非表示]

概要

JR東日本の交直流両用特急形電車(交流区間は50Hzのみ対応)。モーターショーの展示車を思わせるデザインの前面と各座席に完備されたブロードバンド環境が特徴。
2012(平成24)年3月から定期運行を開始し、翌2013年3月17日のJR全7社のダイヤ改正で「スーパーひたち」「フレッシュひたち」用の全列車がに統一された。
2015年3月のダイヤ改正ではスーパーひたち・フレッシュひたちがひたちときわに再編されると同時に新たな座席サービスが提供されることとなった。これに伴って指定席発券ランプを設置することとなり、その工事のため2013年秋~2015年改正まで1往復を651系で代走していた。なお、2015年3月のダイヤ改正以降は一部列車が上野東京ライン経由で品川まで運行している。

車両・編成

6M4Tの10両固定編成。営業最高速度は130km/h。
車体はアルミニウム合金によるダブルスキン構造。運転台近辺は繊維強化プラスチック(FRP)製であり、事故に備えクラッシャブルゾーンが設けてある。屋根上に高圧機器を搭載する関係上、パンタグラフ搭載車の屋根高さが低くなっている。また車体間ダンパーを全車に装備し、更にフルアクティブサスペンションを採用し乗り心地の向上を図っている。また各座席はWiMAXを利用したブロードバンド環境が整備され、ノートパソコンを置けるテーブルとコンセントが用意されている。

電動車はモハE657形とモハE656形の2両で1ユニットを組み、モハE657形(M1)には主変圧器、交直補助制御箱、主変換装置、パンタグラフ等が搭載され、モハE656形(M2)には主変換装置とSIV等が搭載される。 主変換装置はご多聞にもれずIGBT素子採用のVVVFインバータであり、パンタグラフシングルアーム式パンタグラフである。

付随車は運転台のある両方の先頭車、グリーン車とその隣のサハE657形(T1)の4両であり、グリーン車以外は空気圧縮機を搭載している。

制動装置については電気指令式空気ブレーキ(回生ブレーキ併用)に加え、抑速ブレーキも採用されている。

運用概況

全車両が勝田車両センターに配置されており、ひたち・ときわとして品川・上野いわき間を運行している。

関連タグ

鉄道 特急 JR東日本 常磐線 スーパーひたち フレッシュひたち ひたち ときわ

pixivに投稿された作品 pixivで「E657系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27348

コメント