ピクシブ百科事典

ときわ

ときわ

JR東日本が常磐線で運行している特急列車。
目次[非表示]

概要

運行区間品川/上野~土浦/勝田/高萩/いわき
運行路線上野東京ライン/常磐線
車両E657系(勝田車両センター/10両)


列車名の由来は、茨城県の旧国名「常陸(ひたち)」と「磐城(いわき)」(福島県東部浜通りの地域名)をひっくるめた地域名「常磐」の訓読みから。
現在ときわの名称で運行されている列車は2代目である(沿革の項目で詳述)。

沿革

歴史は「ひたち」よりも古く、1955年快速(のちに準急急行)として運行され、一時期「ひたち」を統合していた時期もあった。
また土曜日下り日曜日上りに限り、水郡線経由矢祭山行きの急行「奥久慈」を併結(上野~水戸間)していた列車が気動車で運行され、1985年に「ひたち」に統合されるまで続いていた。
2015年3月14日に「フレッシュひたち」から名称変更する形で復活。

運行概況

東京から主に茨城県内の途中主要駅を結ぶ停車タイプの位置づけになっており、2015年現在、運行本数は下り23本、上り21本である。
号数はひたちとは独立しており、100番台の号数がふられている。
基本的に上野発着が多いが、日中の7往復は品川発着で運行され、また下り「ひたち」の設定がなくなる夜間は上り「ひたち」の折り返しとして2本が品川始発で運行される。
停車駅(太字は発着駅)品川駅東京駅上野駅、(柏駅)、(佐貫駅)、(牛久駅)、(ひたち野うしく駅)、(荒川沖駅)、土浦駅石岡駅友部駅、(赤塚駅)、水戸駅勝田駅、(東海駅)、大甕駅常陸多賀駅日立駅高萩駅磯原駅勿来駅泉駅湯本駅いわき駅
※朝の上りは柏通過(それ以外は下り1本を除き停車)、佐貫、牛久、ひたち野うしく、荒川沖、赤塚は朝の上りと夕方以降の下りのみ停車、東海は1往復のみ通過
また、「スワローあかぎ」や「ひたち」同様、新しい料金システムを採用している。

関連項目

常盤 常磐
品川駅 東京駅 上野駅 柏駅 土浦駅 石岡駅 友部駅 水戸駅 勝田駅

pixivに投稿された作品 pixivで「ときわ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4042

コメント