ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

茨城県牛久市にあるJR東日本常磐線
特別快速各駅停車のほか、通勤時間帯には特急ときわ」(旧・フレッシュひたち)も停車する(高崎線でいうあかぎのような存在。ホームライナーの代わり。)。
当駅はもともと1985年に開催された国際科学技術博覧会筑波万博科学万博)開催時の臨時駅「万博中央駅」があった場所であった。開催終了後も存続してほしいとの声もあったが、仮設駅であったことから、開催終了と共に廃止となった。(その後再開祈願のモニュメントとして、万博中央駅の跨線橋が長らく残されていたが、その後駅の再建設を前にして役目を終え解体撤去されている。)
その後、牛久市と住宅・都市整備公団(現在の都市再生機構)が駅設置の要望を行い、最終的に市と公団が建設費を全額負担することで、1998年開業に至ったものである。開業前は野原が広がるばかりであったが、その後宅地開発が行われている。
もともと「万博中央駅」だったこともあり、つくばセンター方面へのアクセス経路はかなり良好で、荒川沖駅と共につくば市方面へのアクセス駅となっていた。しかし、つくばエクスプレスが開通したため、その役割が終わり、乗降客数は減少するが、2013年に「イオンモールつくば」が開業し、アクセス駅の1つとされたことで再び乗降客数は増加に転じている。

駅構造

島式2面4線の地上駅。特急「ときわ」は一部列車が停車。

のりば路線方向行き先備考
1・2常磐線上り取手北千住上野上野東京ライン方面1番のりばは待避線
3・4常磐線下り土浦水戸いわき竜田方面4番のりばは待避線

利用状況

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員は6,952人である。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度5,705人11,410人
2009年(平成21年)度5,797人11,594人
2010年(平成22年)度5,815人11,630人
2011年(平成23年)度5,849人11,698人
2012年(平成24年)度6,112人12,224人
2013年(平成25年)度6,439人12,878人
2014年(平成26年)度6,316人12,632人
2015年(平成27年)度6,657人13,314人
2016年(平成28年)度6,787人13,574人
2017年(平成29年)度6,885人13,770人
2018年(平成30年)度6,973人13,946人
2019年(令和元年)度6,952人13,904人


隣の

牛久駅 - ひたち野うしく駅 - 荒川沖駅

関連タグ

JR東日本 常磐線
万博 筑波大学 つくば市 つくば つくばエクスプレス
茨城県内の駅一覧 

山田駅大阪府) 阪急千里線の駅。1970年の大阪万博時に臨時駅である万国博西口駅が設けられ、閉幕後廃止となり、3年後に800メートル南に山田駅が開業という点で、ひたち野うしく駅の先輩にあたる。

関連記事

親記事

茨城県内の駅一覧 いばらきけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ひたち野うしく駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123

コメント