ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

茨城県土浦市にあるJR東日本常磐線
此処からつくばエクスプレスつくば駅つくば市)や、あみプレミアムアウトレット(稲敷郡阿見町)に向かうバスが運行されている。

ひたち野うしく駅開業前は筑波研究学園都市の東京寄りのアクセス駅であった。地上駅舎時代は元々現在の西口側(つくば市寄り)にしか改札がなく、旧い商店街は西口側が栄えていた。しかし1983年のショッピングセンター『さんぱる』オープン、さらにつくば市方面へのアクセスに本来距離的に近いはずの西口側は再開発が遅れバスターミナルに余裕が無いことから東口側(阿見町側)に整備されたバスターミナルから発着していたため、西口の商店街はほぼ壊滅。カスミ荒川沖店(初代)も撤退に追い込まれた(以来、カスミには「荒川沖」という店名を付けると潰れるというジンクスがつきまとう)。
この為、1995年頃までは駅ビルが何度も閉鎖の危機にあった本来の中心駅である土浦駅より元気があったほどだが、ひたち野うしく駅開業、さらにつくばエクスプレスの開業と筑波研究学園都市へのアクセス駅としての地位を失い、さらにイオンモールつくば店のオープンで客を奪われ『さんぱる』は(他にも店の正面入口で無差別殺人事件があったことなどもあり)閉店、現在は解体されている。
しかし沿線はバブル期以降も宅地化が進んだためつくば市へのアクセス手段は必要となり(特に筑波大学附属病院、他にも産業総合技術研究所など重要施設への水戸方面からのアクセスは土浦駅よりも本駅の方が利便性が高い)現在は西口側が再開発されて主につくばセンター(TXつくば駅)との間に毎時2本程度のバスがある。運行は関東鉄道

駅構造

相対式2面2線の地上駅。特急「ときわ」は一部列車が停車。

のりば路線方向行き先備考
1常磐線下り土浦水戸いわき竜田方面
2常磐線上り取手北千住上野上野東京ライン方面

利用状況

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員は8,158人である。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度9,296人18,592人
2009年(平成21年)度9,016人18,032人
2010年(平成22年)度8,674人17,348人
2011年(平成23年)度8,445人16,890人
2012年(平成24年)度8,451人16,902人
2013年(平成25年)度8,391人16,782人
2014年(平成26年)度8,084人16,168人
2015年(平成27年)度8,184人16,368人
2016年(平成28年)度8,163人16,326人
2017年(平成29年)度8,230人16,460人
2018年(平成30年)度8,301人16,602人
2019年(令和元年)度8,158人16,316人


隣の

ひたち野うしく駅 - 荒川沖駅 - 土浦駅

関連タグ

ジョイフル本田 長崎屋 ときわ通勤時間のみ停車)
茨城県内の駅一覧  JR東日本

関連記事

親記事

茨城県内の駅一覧 いばらきけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「荒川沖駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150

コメント