ピクシブ百科事典

八丁堀駅

はっちょうぼりえき

東京都中央区にある鉄道駅、および広島市中区にある電停。
目次[非表示]

東京の八丁堀駅

東京都中央区八丁堀にあるJR京葉線東京メトロ日比谷線の停車駅。
共に地下駅であるため駅舎が存在しない。また、JR線は日比谷線開業から27年も後に作られたため、日比谷線(B2F)よりもさらに地下深く(B3F)にホームがある。
またスペースの問題なのか日比谷線は改札口が北口と南口の二ヶ所があるが、京葉線は一ヶ所しかない。
また、公的には成田新幹線と構造物の関係はないとされているが、京葉線区間のホームはなぜか単線並列のトンネルの間に妙に後付けしたような構造である。

八丁堀といえば何かと時代劇の舞台になる事が多い場所だが、現在は駅周辺はビジネスビルばかりのためここで降りる客の多くはビジネスマンである。
だが、この駅の最大の特徴といえば、何と言っても京葉線の貴重な乗り換え駅という事だろう。
特に23区北東部は臨海副都心の玄関口であり、幕張新都心へアクセスする上でも重要な新木場駅を通る有楽町線が遠く、この駅がなくなると死活問題になる程八丁堀駅が担っている役割は非常に大きかったりする。
乗り換えのめんどくさい東京駅のホームを経由する必要がないという点でも非常に重要。このためなのか東京メトロ乗降者数ランキングでも33位と割と多く、新木場駅すら上回っている。

全体的な構内図はV字型だが、 鉄道会社が提供する図面はJR・メトロ共に自社のホームしか描いていないためぶっちゃけあんまり参考にならない。
結局両社のホームを描いたらくらくおでかけネットの構内図を見た方が参考になる。

駅構図

駅のホームはそれぞれ島式ホーム1面2線。
東京メトロ

乗り場路線方面備考
1日比谷線中目黒方面
2日比谷線北千住東武伊勢崎線方面

JR東日本
乗り場路線方向方面備考
1京葉線下り舞浜新浦安海浜幕張蘇我方面
武蔵野線下り舞浜西船橋吉川美南府中本町方面
2京葉線上り東京方面

利用状況

近況

東京メトロ

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員は117,546人である。

JR東日本
  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員は35,957人である。

利用状況比較表

事業者名東京メトロJR東日本
年度乗降人員乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度109,109人29,251人58,502人
2009年(平成21年)度105,192人28,842人57,684人
2010年(平成22年)度103,031人28,969人57,938人
2011年(平成23年)度101,477人28,962人57,924人
2012年(平成24年)度103,602人30,054人60,108人
2013年(平成25年)度103,702人30,884人61,768人
2014年(平成26年)度103,982人31,047人62,094人
2015年(平成27年)度106,551人32,367人64,734人
2016年(平成28年)度109,064人33,172人66,344人
2017年(平成29年)度111,924人34,289人68,578人
2018年(平成30年)度116,977人35,764人71,528人
2019年(令和元年)度117,546人35,957人71,914人


前後の駅

東京メトロ
日比谷線
種別←中目黒方面当駅北千住方面→備考
各駅停車築地駅八丁堀駅茅場町駅
JR東日本
京葉線
種別←東京方面当駅新浦安方面→備考
  • 通勤快速
  • 快速
東京駅八丁堀駅新木場駅
各駅停車東京駅八丁堀駅越中島駅武蔵野線直通含む


広島市の八丁堀電停

広島市中区にある広島電鉄の停留場。1号線(宇品線)・2号線(宮島線)・6号線(江波線)と9号線(白島線)の分岐点にもなっている。
このうち9号線は、かつてはここと白島電停との間、つまり戸籍上の白島線にあたる区間での折り返し運転のみが行われていたが、低床3車体連接車1000型の導入をきっかけに、白島線を担当する江波電車営業所からの出入庫などを目的とした、江波~八丁堀~白島の直通便も設定され、それ以後は江波~白島が運行系統上の白島線と呼ばれるようになっている。

停留場構図

乗り場運行系統方面
1(相生通り北東側)1・2・6号線広島駅方面
2(相生通り南西側)1号線(広島)市役所、広電本社前、広島港方面
2号線広電西広島、広電宮島口方面
6・9号線江波方面
39号線白島方面


関連項目

日本の同名駅一覧
東京23区の駅一覧(JR・東京メトロ)

関連記事

親記事

日本の同名駅一覧 にほんのどうめいえきいちらん

兄弟記事

コメント