ピクシブ百科事典

東急大井町線

とうきゅうおおいまちせん

東急電鉄が営業している鉄道路線の1つ。
目次[非表示]

路線データ

路線延長12.4km(運行区間として、大井町線のみなら10.4km)
駅数16駅(運行区間として。単独なら15駅。なお、公式サイトの路線概要では二子新地駅・高津駅は含まれておらず、この2駅を含むと18駅になる)
電化区間全線直流電化(1500V)
複線区間全線
閉塞方式車内信号閉塞式(ATC-P)
最高速度95km/h


概要

大井町駅から田園都市線溝の口駅までを結ぶ東急電鉄の路線。2012年より導入された駅ナンバリングにおける路線記号は「OM」(Oi-Machiから)。

もともとは現東急の前身企業のひとつ・目黒蒲田電鉄の支線として開業した。
1963年からは、当線が田園都市線を名乗っていたが、1979年に長津田方面への電車は渋谷方面からの直通となる一方で、当線は二子玉川駅折り返しになり、元の大井町線に復した。
2008年から急行運転が始まり、翌年には溝の口駅までが延伸され、現在にいたる。

都心に直結する東急東横線や田園都市線などと異なり、路線はほぼ郊外の住宅地を縫うように走っており、郊外路線の感があるが、二子玉川駅で田園都市線、自由が丘駅で東横線、大岡山駅で東急目黒線、旗の台駅で東急池上線に乗り換えが出来るため、東急の主路線同士を結ぶバイパス連絡の役割も持つ。途中の二子玉川駅から溝の口駅までの区間は田園都市線と並行して複々線を走り、一部は二子玉川駅から田園都市線に入って、その先の鷺沼駅または中央林間駅発着で運転される列車がある。

東急線内から品川駅新橋駅秋葉原駅方面へは急行を利用して大井町駅に出た方が早く到達するが故、近年は田園都市線のバイパス路線としての役割が強くなっている。
又、同じく東急線内からりんかい線方面へ向かう際には当路線経由の方が早くて安くなっている。

列車種別

列車種別は「急行」(田園都市線直通種別。直通する場合は田園都市線内も「急行」)、「G各停」(二子新地と高津の両駅を通過する種別色が緑の各駅停車)、「B各停」(田園都市線経由。二子新地と高津の両駅に停車する種別色が青の各駅停車)がある。このような事態になったのは、二子玉川〜溝の口間の複々線化に際し、二子新地駅も高津駅も従来通りの相対式ホームのまま移設され、大井町線のホームが設けられなかった結果。

「急行」は7両編成、「各停」はいずれも5両編成で運転されるが、輸送障害などが発生した場合は各停用の5両編成が急行運用に入ることがまれにある。

現在の使用車両

東横線や田園都市線から撤退した主力車両が、大井町線で第2の人生を歩むというのが通例であったが、急行用7両編成については直接大井町線へ新造投入している。

急行(7両編成)

  • 東急6000系:2017年から2018年にかけて6両編成から7両編成へ。一部編成は『QSEAT』運用対応。
  • 東急6020系:有料座席指定サービス『QSEAT』運用対応。

各停(5両編成)


駅一覧

駅番号駅名各駅停車急行乗り換え路線備考
OM01大井町
  1. 京浜東北・根岸線
  2. りんかい線
OM02下神明
OM03戸越公園かつてはドアカットがあった
OM04中延都営浅草線
OM05荏原町
OM06旗の台東急池上線退避可能
OM07北千束「きたせんぞく」と読む
OM08大岡山東急目黒線
OM09緑が丘
OM10自由が丘東急東横線
OM11九品仏「くほんぶつ」と読む。ドアカットが見られる
OM12尾山台
OM13等々力「とどろき」と読む
OM14上野毛上りのみ退避可能。
OM15二子玉川東急田園都市線
-二子新地東急田園都市線幕が緑の各駅停車は通過
-高津東急田園都市線幕が緑の各駅停車は通過
OM16溝の口
  1. 東急田園都市線(一部列車は直通)
  2. 南武線


関連項目

東急電鉄(東京急行電鉄/東急)
東急田園都市線 東急東横線 東急目黒線 東急池上線 東急多摩川線
8090系 8500系 8590系 9000系 6000系 6020系 2000系 9020系

関連記事

親記事

東急電鉄 とうきゅうでんてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東急大井町線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11333

コメント