ピクシブ百科事典

東急8500系

とうきゅうはっせんごひゃくけい

東急8500系とは東京急行電鉄で活躍する通勤形車両である。
目次[非表示]

東急8500系

広義の東急8000系の一種。1975年に営団地下鉄半蔵門線への乗り入れ車両として、当時の東急田園都市線(大井町~すずかけ台間)と東急東横線に導入された。これは本来の導入目的路線である新玉川線が未開業であったための措置であった。

1977年に新玉川線が開業すると、事前に生産していた8500系は8000系中間車と共に新玉川線・田園都市線での運用に充当された。(5両編成での投入であったので車両が不足していたための措置)その後、8500系の量産に伴い8000系の中間車は1987年までに東横線に戻されている。1978年の半蔵門線(渋谷~青山一丁目間)の開業時は営団側が車両を持っていなかったため、8500系が営団側に一時的に貸し出されるという出来事もあった。

その後も1991年まで量産が続き、最終的に10両固定編成38本、5両固定編成4本の合計400両が製造された。5両固定編成(8638~8641編成)については、通常時は2編成繋いで10両編成として新玉川線・田園都市線での運用を担当し、場合によっては現在の東急大井町線の5両編成運用に就けるよう、両線共通の予備車として活躍。

1997年から2001年にかけて更新工事が施工され方向幕のLED化(一部編成を除く)、自動放送設置や内装更新が行われた。2002年度からは東武伊勢崎線との相互直通運転に備えてスカートの設置も順次行われた(一部編成を除く)。また、5両固定編成のグループは東急5000系投入に伴い2002~03年にかけて正式に大井町線へ転属している。

東急8500系 大井町線仕様



東急田園都市線用の編成については、2002年度から東急5000系8590系の転属により置き換えが進む予定であったが、諸般の事情により5000系の投入が2009年度から中止され、しばらく8500系の活躍が続いている。現在の在籍数は10両固定編成24本で、渋谷~表参道間のビル約5階分の高さの勾配を駆け上がるために8割が電動車である。そのうち8606Fと8642Fはいわゆる「サークルK」編成であり東武伊勢崎線への乗り入れができない。

編成別の特徴

田園都市線所属の8500系の一部編成の特徴は次の通り。

  • 8606F 方向幕車・スカートなし
  • 8614F 伊豆のなつ塗装
  • 8616F 側面フルカラーLED
  • 8634F TOQ-BOX 側面赤帯
  • 8637F TOQ-BOX 前面青帯

8642F


  • 8642F 中間車VVVFインバータ制御
※8642編成のデハ0818・0718号は製造時からVVVF制御、デハ0802・8799号は改造でVVVF制御となっている。デハ0818・0718号の2両が東急8500系の最終増備車。

移籍車両

伊豆急行8000系

2004~08年度に導入。3両編成15本のうち、デハ8723号の1両のみ伊豆急行でクモハ8152号として活躍している。

長野電鉄8500系

2005~08年度にかけて3両編成6本を導入。急勾配区間非対応であるため、長野信州中野間の限定運用。
ラストナンバーの第6編成の先頭車は中間車からの改造で、ほかの8500系先頭車と似てはいるものの前面は非貫通である。車両番号の位置も異なる。

秩父鉄道7000系

2008年に3両編成2本を導入。第2編成の先頭車は中間車からの改造。前面の形態は長野電鉄のそれとは異なり、非貫通であることがはっきりわかる。

KRLジャボタベックTokyu8500

東急8500系8両編成8本がインドネシアへ海外譲渡され、2006~09年に稼働開始。
整備性の高さと強力な冷房装置により、運用側と乗客側の双方から好評である。
但し界磁チョッパ制御のために複巻電動機を使っているため、電圧降下の激しい一部路線には入れないという制約はある。
なお、現在は元JR東日本205系の投入に伴い一部に廃車が発生している。

関連タグ

東京急行電鉄 東急東横線 東急田園都市線 東急大井町線
8000系東急8000系 8500系 8090系 8590系

関連記事

親記事

東急8000系 とうきゅうはっせんけい

兄弟記事

  • 8590系 はっせんごひゃくきゅうじゅっけい
  • 8090系 はっせんきゅうじゅっけい

pixivに投稿された作品 pixivで「東急8500系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7351

コメント