ピクシブ百科事典

8090系

はっせんきゅうじゅっけい

鉄道車両の系列の1つ。東京急行電鉄のみで使用。
目次[非表示]

概要

東京急行電鉄の車両形式のひとつ。時代の移り代わりにより、軽量車体を持った車両が必要となった東京急行電鉄は、8000系の中間車に軽量車体試作車デハ8400形を8000系に組み込み実績を得た。この実績に基づき、コンピュータによる有限要素法を用いた設計を行って強度・剛性を保ち従来より8%の車体重量軽減を実現し、同日本初の量産軽量ステンレス車両となる8090系が登場した。

東急東横線等で運用されていたが、みなとみらい線直通を見据え出力向上のため先頭電動車の8590系を製造。それによる組成変更により5両編成で東急大井町線に転属した。この時点での組成は8590系も含めると8両編成5本(東横線)、5両編成10本(大井町線)。

2007年頃から前面方向幕はLED化され、帯については他形式と同じくグラデーション化された。20年以上に渡り大井町線の主力車として活躍したが、東横線の5050系増備による9000系の玉突き転属により廃車が始まり、2013年5月をもって、全車8090系で組成された編成については全編成が引退した。

現在営業運転を行なっているのは田園都市線で活躍する8694編成、8695編成の中間車16両のみである。

移籍車両

以下の車両のほか、中間車1両(デハ8181)が部品取り車として8590系の先頭車4両とともに富山地方鉄道に譲渡された。

秩父鉄道7500系

もと東急8500系の秩父鉄道7000系に続いて2009~12年度までに3両編成7本を導入。先頭車が「クハ」であったため、三峰口方先頭車(東急時代はクハ8090奇数)については電動車化が行われた。中間車についてもパンタグラフの増設を実施。

秩父鉄道7800系

2両編成運用が必要になったため、7500系化で余った中間車を有効活用。先頭車化改造と羽生方先頭車(東急時代はデハ8490)の電装解除を行った。2012~13年度にかけて2両編成4本を導入。

関連項目

東京急行電鉄 東急東横線 東急田園都市線 東急大井町線
8000系東急8000系 8500系東急8500系 8590系

pixivに投稿された作品 pixivで「8090系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3368

コメント