ピクシブ百科事典

東急東横線

とうきゅうとうよこせん

東京急行電鉄の一路線
目次[非表示]

概要

東京急行電鉄の路線の一つ。

渋谷から横浜までを結び、渋谷からは東京メトロ副都心線、横浜からは横浜高速鉄道みなとみらい線に直通。2004年1月までは横浜~桜木町まで路線を保有していたが、みなとみらい線開業により廃止。
2013年3月15日までは、中目黒から菊名まで東京メトロ日比谷線とも直通運転を行っていた。各駅停車のみ乗り入れており、菊名以南の横浜方面へは向かわなかった。同線は東武鉄道伊勢崎線とも直通運転を現在も続けているが、東急に直通する列車は日比谷線の駅(北千住など)で折り返していた。

2013年3月16日東京メトロ副都心線とつながり、東武東上線西武有楽町線経由西武池袋線と相互直通運転を行い、同時に日比谷線との直通運転を廃止した。
なお、上記の事情から渋谷駅副都心線ホームは開業時より東急の管轄となっている。

田園調布からは同社目黒線の複線が加わり日吉まで複々線となる。その為、東横線と目黒線を併せると、そこを走る車種は非常に豊富である(*)。

*複々線区間も含めると東急の車両の他、東武鉄道西武鉄道東京メトロ(副都心線、南北線)、都営地下鉄三田線)、埼玉高速鉄道の車両が一つのホームに並走してやってくる。

2012年(平成24年)2月より駅番号が導入された。
東横線の路線記号は「TY」(To-Yokoから)。

客層は田園都市線に比べて良く、混雑率も低い。
但し、菊名駅の改札に近い横浜寄りの先頭車である10号車と8号車の混雑が凄い傾向があるので横浜駅や都内の駅で用があるなら後ろ寄りの1号車~3号車を使うのも手。(渋谷駅地下後はこの3両が開いている。但し、朝ラッシュの1号車は悪名高い女性専用車があるので要注意。)
人身事故も意外と少なく(寧ろ乗り入れ先である東武東上線の方が多い。)、遅延も大体が他社の路線が原因である。
渋谷駅~自由が丘駅は田園都市線の乗客が当駅を避ける為、利用する点は要注意。
又、特急を除き8両編成が大部分を占める点も注意が必要。

列車種別

みなとみらい線からの種別は東急線と共通だが、渋谷以北はそれぞれの会社で種別の名称が変わる。

特急

停車駅:渋谷、中目黒、自由が丘、武蔵小杉、菊名、横浜
東横特急』の名で親しまれる東横線の最速種別。渋谷~横浜間最速25分を持ち味に、湘南新宿ラインへの対抗策として2001年に運転が開始された。
西武線へは特急に加え各駅停車も直通することが多いが東武線への直通運転を行うのは基本的にこの種別で、副都心線内でもほとんどが速達種別である急行となる。全列車が10両編成で、他社線の車両も多く運用に入る。
2016年3月26日のダイヤ改正で、日中時間帯の東横特急に『Fライナー』の列車愛称が与えられた。「特急」が列車種別、「Fライナー」が列車愛称

通勤特急

停車駅:渋谷、中目黒、自由が丘、武蔵小杉、日吉、菊名、横浜
平日朝夕のラッシュ時に特急にかわって運転される。
また、みなとみらい線内は新高島を除いたすべての駅に停車する。
つまり、東急線内は特急停車駅(+日吉)、みなとみらい線内は急行と同じ停車駅である。

急行

停車駅:渋谷、中目黒、学芸大学、自由が丘、田園調布、多摩川、武蔵小杉、日吉、綱島、菊名、横浜
日中の中堅種別。急行と名乗る割には停車駅が多く、横浜~菊名間以外はみなとみらい線込みでも2駅以上通過する区間が無い。一部では『隔駅停車』とも呼ばれるが、所要時間は渋谷~横浜間最速29分と、急行を名乗るにふさわしいだけの速さがある。8両編成が基本だが一部10両編成もある。
直通形態は副都心線内の和光市で打ち切るものが多い。

各駅停車

停車駅:各駅に停まる
全駅にとまる基本種別で、ほとんどが自由が丘と菊名で急行または特急に接続する。ほぼ全列車が8両編成で運転される。
東武線方面へはあまり乗り入れないが西武線方面は日中でも一部列車が石神井公園、保谷行きなど区間運転を行う。
なお、日比谷線直通列車については18メートル車が使用されていた。

座席指定列車「S-TRAIN

停車駅:渋谷、自由が丘、横浜
2017年3月から、土曜・休日ダイヤにおいて、西武鉄道秩父方面~東京メトロ副都心線~東急東横線~みなとみらい線を直通運転する座席指定列車を運行開始。車両は西武40000系10両編成を使用する。
西武40000系は「S-TRAIN」運用時はクロスシートで運行する。

乗り入れ車両

東急、東京メトロ、西武、東武の車両が乗り入れており、主に東急とメトロの車両を中心に運用されている。

8両編成は東急、横浜高速鉄道と東京メトロの車両で運用され、西武と東武の車両は10両編成のみ運用される。東横線・みなとみらい線内における列車番号上1桁または副都心線の列車番号末尾アルファベットを時刻表にて確認すると、どこの会社の車両かが特定できる。0xxかxxKなら東急、1xxとxxMなら西武、7xxとxxSならメトロ、8xxとxxTなら東武の車両が運用される。

8両編成

10両編成


駅一覧&停車駅

●:停車 レ:通過 ※各駅停車は省略

駅番号駅名読みS-TRAIN特急通勤特急急行接続路線その他
特急Fライナー
副都心線に直通。
  1. 西武池袋線飯能駅まで直通(S-TRAINは一部西武秩父駅まで)。
  2. 東武東上線森林公園駅まで直通。
  • TY01
  • F-16
渋谷しぶや
  1. JR山手線埼京線湘南新宿ライン
  2. 京王井の頭線(IN01)
  3. 東京メトロ銀座線(G-01)
  4. 半蔵門線→東急田園都市線(Z-01/DT01)
TY02代官山だいかんやまホームの一部がトンネルにあることで有名。
TY03中目黒なかめぐろ東京メトロ日比谷線(H-01)目黒区の中心地にある駅
TY04祐天寺ゆうてんじ付近に鉄道趣味カレーショップ「ナイアガラ」がある
TY05学芸大学がくげいだいがく駅名の由来になった東京学芸大学は移転。ただし附属高校はこの駅の近くに現存
TY06都立大学とりつだいがく駅名の由来になった東京都立大学は移転ののち首都大学東京に統合。駅名だけが名残として残る
TY07自由が丘じゆうがおか東急大井町線(OM10)非常に洗練された街並みが特徴
TY08田園調布でんえんちょうふ東急目黒線(MG08)数々の著名人芸能人の家が建ち並ぶ
TY09多摩川たまがわ
  1. 目黒線(MG09)・東急多摩川線(TM01)
駅名は多摩川にちなむ。1977年まで存在した多摩川園遊園地に因み「多摩川園」を名乗っていた時期もあったが現在は開業当時の名前に戻る
TY10新丸子しんまるこ目黒線(MG10)川崎フロンターレの本拠地・等々力陸上競技場が近く、応援歌『FRONTALE RABBIT』が発車メロディになっている
TY11武蔵小杉むさしこすぎ
  1. 目黒線(MG11)
  2. JR横須賀線(総武快速線/湘南新宿ライン)、JR南武線
かつては宿場町(小杉宿)として栄えた。鉄道開通後は工場や企業が集まっていたが、現在は工場跡地の再開発が進む。等々力陸上競技場が近く、川崎フロンターレ応援歌『轟け!青き魂』が発車メロディになっている
TY12元住吉もとすみよし目黒線(MG12)付近に元住吉検車区がある。通過用の待避線がある。
TY13日吉ひよし
  1. 目黒線(MG13)
  2. 横浜市営地下鉄グリーンライン(G10)
駅東側は慶應義塾大学日吉キャンパスならびに矢上キャンパスを初めとした学園都市
TY14綱島つなしまあまり有名ではなくなったが、綱島温泉がある
TY15大倉山おおくらやま
TY16菊名きくなJR横浜線かつて国鉄との間に連絡線が引かれていた
TY17妙蓮寺みょうれんじ
TY18白楽はくらく
TY19東白楽ひがしはくらく
TY20反町たんまちソリマチではない
  • TY21
  • MM01
横浜よこはま
  1. JR京浜東北線/横浜線/根岸線横須賀線/総武快速線/湘南新宿ライン東海道線/上野東京ライン
  2. 京急本線(KK37)
  3. 相鉄本線(SO01)
  4. 横浜市営地下鉄ブルーライン(B20)
かつてはこの先に高島町駅桜木町駅があったが、みなとみらい線開通と同時期に廃止
みなとみらい線に直通。

みなとみらい線内の停車駅は当該記事へ。

関連タグ

東京急行電鉄 東横特急 Fライナー S-TRAIN
みなとみらい線 副都心線 東武東上線 西武池袋線

pixivに投稿された作品 pixivで「東急東横線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28060

コメント