ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

路線データ

路線名東横線
路線記号TY
ラインカラー
区間渋谷〜横浜
路線距離24.2km
軌間1,067mm
駅数21駅
電化区間全線(直流1,500V)
複々線区間田園調布~日吉(目黒線と共用)
複線区間渋谷~田園調布/日吉~横浜
閉塞方式車内信号閉塞式(ATC-P)
運転指令所運輸指令所(東急指令)
最高速度110km/h
第一種鉄道事業者東急電鉄

概要

渋谷駅(東京都渋谷区)と横浜駅(神奈川県横浜市西区)を結ぶ東急電鉄の本線格の路線の一つ。総延長24.2kmは田園都市線の31.5kmに次ぐ。


名前の通り京と浜を結ぶ路線で、上下線共に終日に渡り利用者が多く、全駅の年間乗降人員が1万人以上を超えている。沿線には有名マンモス私立大学があり、また新宿や渋谷と横浜都心部という大繁華街同士をダイレクトに結んでいるので、通学・行楽客で混雑している。

他の私鉄で同様に1万人越えをしているのは田園都市線、小田急江ノ島線西武新宿線西武国分寺線西武拝島線などが該当する。


田園調布駅日吉駅間は目黒線の複線が加わる複々線区間である。その為、目黒線と相互直通運転を行う都営三田線東京メトロ南北線埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線の車両が並走する事もある。

因みに列車番号で使用されるアルファベットのうち、Mは東横線では西武車・目黒線ではSR車Tは東横線では東武車・目黒線では都営車の運用で使用される為、異なる会社の車両が同一区間で同一のアルファベットを使用している。


JR東日本湘南新宿ラインと全線で競合しており、直通運転を行なっている東京メトロ副都心線の区間も含めて競合区間となっている。

現在でも最速達の特急(東横特急)が朝夕時間帯の通勤特急を含めて1時間にほぼ4本が運行される。

横浜駅~池袋駅間は湘南新宿ラインに比べて最速の所要時間では劣るが、本数や運賃に関しては東横線と副都心線の方が優位である。


また東急新横浜線を介して都心からJR東海東海道新幹線新横浜駅へのアクセス路線としての役割も担っている。


上記の副都心線をはじめ複数の路線と直通運転を行っており、路線毎に種別が変わる為運行形態が非常に複雑な路線である。


2012年(平成24年)2月から駅ナンバリングを使用している。


運転補助装置として2013年(平成25年)から定位置停止装置(TASC)を使用している。また2023年(令和5年)3月18日からは都市型ワンマン運転を開始した。


2023年8月10日から、渋谷駅19時35分発〜21時35分発の急行元町・中華街行(いずれも渋谷始発)の4・5号車に有料座席指定サービス「QSEAT」を導入している。


直通運転区間

東急電鉄

・東急新横浜線:日吉駅~新横浜駅


横浜高速鉄道

みなとみらい線:横浜駅~元町・中華街駅


相模鉄道(相鉄)

相鉄新横浜線:新横浜駅~西谷駅

本線:西谷駅~海老名駅

いずみ野線二俣川駅湘南台駅


東京メトロ

・副都心線:渋谷駅~和光市駅


東武鉄道

東上線:和光市駅~小川町駅


西武鉄道

西武有楽町線小竹向原駅練馬駅

池袋線:練馬駅~飯能駅

狭山線西所沢駅西武球場前駅

※狭山線直通はベルーナドームでのイベント開催時のみ


※以下はS-TRAINのみ直通

・池袋線:飯能駅~吾野駅

西武秩父線:吾野駅~西武秩父駅


2013年3月15日まで以下の路線と直通運転を行なっていた。


・東京メトロ日比谷線中目黒駅北千住駅

東武伊勢崎線:北千住駅~東武動物公園駅(東京メトロ車でのみ直通)


※日比谷線の車両は田園都市線鷺沼駅横にある鷺沼工場で検査を行う為、現在も中目黒駅〜元住吉検車区間で東横線を走行する。


沿革

戦前に東京横浜電鉄(旧)として開業。ほどなく目黒蒲田電鉄(現在の目黒線東急多摩川線及び大井町線の前身)に吸収合併され、東京横浜電鉄(新)の一路線になる。

目蒲電鉄はこのとき既に池上電鉄も併合していたため、1942年(昭和16年)の大東急成立以前の20年足らずのうちに、現在の東急電鉄の路線網の大半の基礎を創り上げていたことになる。


東横電鉄時代には、電化路線でありながら、急行用にキハ1形ガソリンカーを走らせていたこともある。

東急東横線となって間もない1950年(昭和25年)に、神奈川駅が廃止になり、反町駅へ統合された。


その後は長らく渋谷駅と桜木町駅を結ぶ路線として急行と各駅停車が線内を行き来し、偶に営団地下鉄(現・東京メトロ)日比谷線直通列車が運行される比較的単純な運行形態だった。


2001年(平成13年)3月28日には特急(東横特急)の運行を開始した。なお同年12月1日にはJR東日本が湘南新宿ラインの運行を開始している。


大きな転機が訪れたのは2004年(平成16年)1月30日。この日の最終列車をもって横浜駅〜桜木町駅間及び高島町駅・桜木町駅が廃止され、反町駅・横浜駅が地下化。2月1日には廃止区間の代替として横浜高速鉄道みなとみらい線が開業し、以降今日まで一体となったダイヤグラムが設定されている。

なお横浜市出身のフォークソングデュオゆず」が2004年にリリースした『桜木町』は、若き日の2人が通学や待ち合わせで利用していた東横線桜木町駅の廃止を惜しんで製作された。


次の転機は2013年3月16日。この日のダイヤ改正で日比谷線との直通運転が終了。代わりに副都心線及び東武東上線・西武有楽町線・池袋線との直通運転を開始し、広大な直通ネットワークが誕生した。

また渋谷駅の地上ホームが廃止され、副都心線が既に使用していた地下ホームへの乗り入れを開始。これにより東横線と田園都市線・東京メトロ半蔵門線が改札内で乗り換え可能になった。なお副都心線開業時点で東横線との直通運転が予定されていた事から、開業前に地下駅は東京メトロから東急へ管理が移管されており、ホームも2面4線に対応できるようスペースは確保されていた。


三度目の転機は2023年3月18日。東急新横浜線・相鉄新横浜線の全線開業に伴い新横浜駅及び相鉄線との直通運転を開始。詳細は後述するが、東横線直通列車は全て東急線内急行として運転される。

これにより念願の新幹線駅接続を果たすと共に、前述の通り人件費削減や目黒線・副都心線がワンマン運転を行っている事から東横線でもワンマン運転を開始した。ただし放送や列車防護要員として東急新横浜線区間を含め車掌が添乗する事もある。


現在の運行形態

みなとみらい線・副都心線とは一体のダイヤが組まれている。

列車種別については東急線とみなとみらい線は共通で、渋谷駅以北・相鉄線内はそれぞれの会社で種別が変わる。


S-TRAIN

詳細は当該項目を参照。

2017年(平成29年)3月25日ダイヤ改正で土休日に運行を開始した座席指定列車。通勤用の平日の有楽町線系統と違い、行楽用としての色が強い。

元町・中華街駅〜飯能駅・西武秩父駅間に1往復ずつ、元町・中華街発所沢行が1本設定されている。

車両は西武40000系0番台10両編成をクロスシートにセットして運用される。


特急(東横特急)/Fライナー特急・通勤特急

詳細は「東横特急」の項を参照。


東横特急は渋谷駅~横浜駅間最速25分を持ち味に、湘南新宿ラインへの対抗策として2001年3月28日に運行開始。当初は中目黒を通過していたが、2003年に停車駅に加わった。

日中は15分間隔毎時4本運行され、全列車が10両編成で他社線の車両も多く運用に入る。

2016年3月26日ダイヤ改正で、副都心線内急行・東武線内急行又は西武線内快速急行で運転する列車に「Fライナー」の愛称が与えられた。東武線内の種別は2023年3月18日ダイヤ改正以降は快速急行に変更。

なお西武ドームでのイベント開催時にFライナー特急小手指行の一部が西武球場前駅行に変更される事があるが、この場合西武線内を快速として運転する為Fライナーを名乗らず、通常の東横特急として運行される。


また桜木町駅廃止前に運行を開始した為、約3年程同駅に乗り入れていた。


通勤特急は2003年(平成15年)3月19日から運行開始。全列車10両編成で、平日の朝9時台までと夕方17時台以降に特急に代わり運行される。こちらも1年未満だが桜木町駅に乗り入れていた。


2023年3月から相鉄線との直通運転が開始されたが、直通列車で東急東横線内を特急、通勤特急として運行する列車は現ダイヤでは存在しない。


停車駅

渋谷 - 中目黒 - 自由が丘 - 武蔵小杉 - (日吉) - 菊名 - 横浜 - みなとみらい - (馬車道) - (日本大通り) - 元町・中華街


()は通勤特急のみ停車


急行

東横特急運行開始までの速達種別で、現在は準速達種別。みなとみらい線に直通する本線系統と、日吉から分かれる相鉄直通系統に大別される。

とにかく停車駅が多い。2000年(平成12年)8月6日多摩川駅が停車駅になってから横浜駅〜菊名駅間以外は2駅以上通過する区間が存在せず、一般的なら「快速」に近い。

一部では「隔駅停車」とも呼ばれるが、所要時間は渋谷駅〜横浜駅間で最速29分、渋谷駅〜新横浜駅間で最速25分とまずまずである。


  • 本線系統

元町・中華街駅〜和光市駅間での運行が多く、ラッシュ時等は東武東上線や西武線にも直通する。10両編成又は8両編成で運行。


日中は15分間隔毎時4本運行され、東急新横浜線開通以降はそのうち2本が副都心線に直通しない渋谷駅発着の列車として設定される。

直通する2本は副都心線内は各駅停車として運行され、東新宿駅でFライナー急行(渋谷以南Fライナー特急)の通過待ちを行う。


大部分は副都心線内を各駅停車として運行し、東新宿駅で急行・通勤急行の通過待ちを行う。


この他出庫の為下りに日吉始発、上りに武蔵小杉始発、入庫の為上下線で武蔵小杉行がそれぞれ設定されている。


余談ではあるが、元住吉駅高架化前は、急行通過駅でありながら、車庫入庫のため「急行・元住吉行き」が存在した。


前述の通り2023年8月10日から平日夜間の渋谷発元町・中華街行の一部列車にQシートを導入する。


停車駅

渋谷 - 中目黒 - 学芸大学 - 自由が丘 - 田園調布 - 多摩川 - 武蔵小杉 - 日吉 - 綱島 - 菊名 - 横浜 - みなとみらい - 馬車道 - 日本大通り - 元町・中華街


  • 相鉄直通系統

2023年3月18日の東急新横浜線開通と共に運行開始。

東横線車両と目黒線車両と車上子の位置が異なる為、全列車が10両編成の東急5050系4000番台or相鉄20000系で運行され、平日夜間に設定されている下り急行渋谷発新横浜行以外全て相鉄線と直通運転を行う。一部は東武東上線直通で、保安装置の関係で必ず東急車で運用される。


大半は東急線内のみ急行運転を行うが、ラッシュ時に相鉄線内特急として運行する列車や副都心線内急行・通勤急行となる列車もある。


日中は30分間隔毎時2本運行され、1本は湘南台駅〜和光市駅間、1本は東武東上線に直通し湘南台駅〜川越市駅(一部志木駅)間で運行される。

日中の列車は東急線内での緩急接続は行わず、副都心線内各駅停車として運行され東新宿駅でFライナー急行の通過待ちを行う。


ラッシュ時や早朝・夜間には森林公園駅・池袋駅・新宿三丁目駅・渋谷駅・西谷駅・大和駅・海老名駅発着の列車の設定がある。


なお土休日限定だが海老名発小川町行というロングラン列車が早朝に設定されている。この列車は相鉄線内特急・東急線・副都心線内急行・東武線内快速急行という相鉄直通系統最速列車であり、相鉄から東急に直通する一番列車でもある。


しかし複雑な運行形態の割に本数が少ない為、東横線系統のダイヤ乱れ時は真っ先に運休or新横浜線直通中止となる事が多い。


停車駅

渋谷 - (本線系統と同じ) - 日吉 - 新綱島 - 新横浜


各駅停車

全駅に停まる普通列車で、全列車が東急・横浜高速鉄道と東京メトロ車両の8両編成で運転される。

ほとんどが自由が丘駅と菊名駅で急行または特急に接続する。一部は祐天寺駅又は元住吉駅で優等列車の通過待ちを行う。


日中は元町・中華街駅発着で毎時8本運行される。内訳は和光市駅発着が2本、池袋駅発着が2本、渋谷駅発着が2本、石神井公園駅発着が2本(下りの1本は西武線内準急)である。


東武東上線方面は朝夕のみ志木駅まで直通するが、本数は少ない。

西武線方面は全線各駅停車で運行する列車の他、西武線内を快速急行・快速・準急で運行する場合もある。


また上下線共に始発と最終で元住吉駅発着の列車が設定されている。これは同駅が高架化される前は同駅から元住吉検車区への入出庫を行っていた名残である。

下りのみ検車区方面から日吉駅へ進出が可能な為、日吉始発の列車の設定もある他、夜間に上りの日吉行が存在する。


なお日比谷線直通列車については18メートル車が使用されていた。


駅一覧

●:停車 レ:通過


番号駅名S-TRAIN特急通勤特急急行接続路線備考
  1. 東京メトロ副都心線経由東武東上線小川町まで直通運転
  2. ↑東京メトロ副都心線・西武有楽町線経由池袋線飯能/西武秩父線西武秩父(※1)/狭山線西武球場前(※2)まで直通運転
TY01渋谷
  1. 田園都市線(DT01)
  2. JR山手線(JY20)/埼京線(JA10)/湘南新宿ライン(JS19)
  3. 京王井の頭線(IN01)
  4. 東京メトロ銀座線(G01)/半蔵門線(Z01)
地上駅時代は頭端式ホーム
TY02代官山ホームの一部がトンネルにある
TY03中目黒東京メトロ日比谷線(H01)日比谷線とホームを共有
TY04祐天寺通過線あり
TY05学芸大学
TY06都立大学
TY07自由が丘大井町線(OM10)当駅止あり
TY08田園調布目黒線(MG08)日吉まで目黒線と並走
TY09多摩川東急多摩川線(TM01)
東京都/↓神奈川県
TY10新丸子発車メロディは川崎フロンターレの応援歌
TY11武蔵小杉JR横須賀線(JO15)/湘南新宿ライン・相鉄・JR直通線(JS15)/南武線(JN07)当駅発着あり
TY12元住吉当駅発着あり
TY13日吉
  1. 目黒線(MG13)/東急新横浜線(SH03)
  2. 横浜市営地下鉄グリーンライン(G10)
当駅発着あり
東急新横浜線・相鉄新横浜線経由相鉄本線海老名いずみ野線湘南台まで直通運転↘急行のみ
TY14綱島近隣に新綱島駅が位置
TY15大倉山
TY16菊名JR横浜線(JH15)
  • 当駅発着あり
  • かつて国鉄との間に連絡線が引かれていた
TY17妙蓮寺
TY18白楽
TY19東白楽
TY20反町ここより地下駅
TY21横浜
  1. JR東海道線(JT05)/横須賀線(JO13)/湘南新宿ライン(JS13)/京浜東北根岸線(JK12)
  2. 京急本線(KK37)
  3. 相鉄本線(SO01)
  4. 横浜市営地下鉄ブルーライン(B20)
当駅発着あり
横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街まで直通運転

東横線日吉駅〜綱島駅間と東急新横浜線日吉駅〜新綱島駅間は、どちらか一方の区間を含む定期券を所持している場合両ルートを利用できる特例が設けられている。


(※1):S-TRAINのみ

(※2):臨時列車のみ


廃止駅

  • 並木橋駅

渋谷〜代官山間。1946年(昭和21年)6月1日廃止。


  • 工業都市駅

武蔵小杉〜元住吉間。1953年(昭和28年)4月1日廃止。(武蔵小杉駅に統合)


  • 新太田町駅

東白楽〜反町間。1946年6月1日廃止。


  • 神奈川駅

反町〜横浜間。1950年(昭和25年)4月8日廃止。


横浜〜桜木町間。2004年1月31日廃止。ブルーラインの駅は現役。現在もホーム跡は一部残っている。


  • 桜木町駅

2004年1月31日廃止。JR・ブルーラインの駅は現役。こちらは駅設備を撤去しているが、高架は現存。


使用車両

東急及び横浜高速鉄道、東京メトロ、西武、東武の車両が乗り入れており、主に東急と東京メトロの車両を中心に運用されている。

各社の車両の運用番号は以下の通り。


運行表

列車番号
  • 東急電鉄
  • 横浜高速鉄道
東京メトロ西武鉄道東武鉄道相模鉄道
両数10両8両10両8両10両10両10両
  • 東急東横線
  • MM線
  • 10万の位
00000000000070000070000100000800000900000
  • 東急東横線
  • MM線
  • 左三桁
  • 050000
  • 左3桁が「050番台
  • 020000
  • 030000
  • 左3桁が「050番台」以外
  • 720000
  • 750000
  • 左3桁が「720番台以上
  • 700000
  • 710000
  • 左3桁が「710番台以下
10両のみ10両のみ10両のみ

運行番号

列車番号
  • 東急電鉄
  • 横浜高速鉄道
東京メトロ西武鉄道東武鉄道相模鉄道
両数10両8両10両8両10両10両10両
アルファベットKKSSMTG
左2桁50K番台50K番台以外20S番台以上10S番台以下02M~38M03T~23T90G番台

現在の使用車両

相鉄車以外は全て東横線内全区間で、相鉄車は渋谷〜日吉間で運用。但し相鉄車もダイヤ乱れ時は日吉駅以南で運用される事がある。

前述の通り、東急車10両編成と相鉄車以外は相鉄直通非対応。



過去の使用車両

本線格である東横線には初代5000系初代7000系をはじめ、一時的な運用も含めると多数の車両が運用されていた。

ここでは桜木町廃止時の2004年1月30日以降定期運用で使用された車両を記載する。


  • 1000系池上線・東急多摩川線へ転属の他、地方私鉄へ譲渡。
  • 8000系
  • 8590系:田園都市線へ転属(現在は全廃)。
  • 9000系:大井町線へ転属。
  • 東京メトロ03系:日比谷線車両。直通終了後も鷺沼入場時に入線。
  • 東京メトロ7000系
  • 西武6000系50番台:西武池袋線地上専用車に転用されたため東横線への直通から撤退。

その他

  • 東京メトロ13000系:直通終了後に導入された日比谷線車両だが、鷺沼入場時に東急線を走行可能な仕様で製造された。

関連項目

東急電鉄 東急 東横特急

東急目黒線 東急新横浜線

Fライナー S-TRAIN


横浜高速鉄道 みなとみらい線

東京メトロ 副都心線

東武鉄道 東上線

西武鉄道 池袋線 西武有楽町線 狭山線 西武秩父線

相模鉄道 相鉄新横浜線 相鉄本線 いずみ野線


日比谷線 東武伊勢崎線:過去の直通相手

夏のあらし!:大倉山駅と白楽駅周辺が舞台となっている。


外部リンク

関連記事

親記事

東急電鉄 とうきゅうでんてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113025

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました