ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

夏のあらし!

なつのあらし

「夏のあらし!」とは、小林尽による漫画作品、およびこれを原作としたアニメ作品。
目次 [非表示]

概要

2005年頃の横浜市白楽駅近くの寂れた老舗喫茶店「方舟」(はこぶね)を舞台とし、現代人の少年と空襲の暗い過去を引きずりながら不思議な能力で過去と現在を行き来する幽霊の少女の物語である。


2006年から2010年にかけてスクウェア・エニックスの漫画雑誌「月刊ガンガンWING」→「月刊ガンガンJOKER」にて連載された。

単行本は全8巻だが、連載誌が変わったため、5巻までがガンガンWINGコミックス、6巻以降がガンガンコミックスJOKERで発売された。


扱うテーマこそ重く、絨毯爆撃や機銃掃射、終戦前後の荒んだ社会情勢のシーンなどもあるが、メインの登場人物は総じて明るいキャラクターで、ギャグ要素も織り交ぜてある。各時代の街や人々の雰囲気の違いや、時空移動・歴史改変に対する考え方、テーマにあわせたノスタルジックな演出も特徴になっている。ただし登場人物たちの討論や行動が深入りしすぎて、ストーリーやテーマの本筋とはかなり脱線してしまう場面も多い。

作者が学生時代によく訪れていたという大倉山を中心として、1940年代から現代までの横浜市内各地の様子や戦災の被害状況が丁寧に描写されている。


主な登場キャラクター

あだ名はあらし。毎年夏になると大倉山駅周辺及び方舟周辺に現れる空襲で死んだという女子高校生の幽霊で、自分でも謎だがタイムトラベルの能力を使って多くの人助けをしてきた。


主人公の中学生。普段は広島県呉市に住んでおり、夏休みに母方の祖父宅のある横浜に遊びに来ていた。現代っ子らしくなく活発で、多少馴れ馴れしい性格。


一とは偶然方舟で知り合ったボーイッシュなモデル女子中学生。訳あって一たちには素性と性別を隠す。


あらしの学友だった在日ドイツ人少女の幽霊。丸山店長に片想いをしていた。


現在の方舟を切り盛りするが、実はあちこちで詐欺まがいな事を働いて逃亡中の身。作中で偶然居合わせた男性から「さやか」という名で呼ばれていたが、これが本名かどうかは不明。


あだ名はグラサン。あらしとの接触を狙う筋骨隆々の大男。その正体は山崎加奈子に雇われた人情派探偵。詳細な過去は不明だが、「名刑事になりそこねた」と自ら語っている。


終戦後ずっとある洋館に潜んでいた女学生の幽霊。作中で最も性格が明るくなっていった。


やよゐと共に過ごしてきていた女工の幽霊。過去の経験から登場当初は非常に攻撃的で狂気じみているほど殺伐としていた。


客として方舟によく訪れるちょっとキザなイケメン会社員。慶應大学の理系出身。


横浜大空襲時までの方舟のマスター。あらしの兄の親友で負傷兵として帰還していた海軍の技術士官だったが、実はこの物語で最大のキーパーソンであった。


TVアニメ

製作はシャフト、監督は新房昭之テレビ東京系列局(全6局)AT-Xにて放送された。

第1シリーズは2009年4月から6月(または7月初旬)にかけて、第2シリーズ「夏のあらし! 〜春夏冬中〜(あきないちゅう)」は2009年10月から2010年1月初旬(ただしテレビ東京とテレビ愛知は2009年12月いっぱい)にかけて、それぞれ放送。


原作とは若干ストーリーが違っており、作風もかなりギャグ色の強いものに変わっているなど新房・シャフト作品らしいつくりである。

各話タイトルはいわゆる懐メロの曲名になっており、その曲を出演者がカヴァーしたものが挿入歌として使用された。ただし、各話タイトル名とその回の挿入歌は必ずしも一致していない。

このカヴァーは「歌声喫茶方舟」「歌声喫茶方舟~アキナイチュウ~」という名前でアルバム化された。

ちなみに原作の各話は曲名ではなく普通のタイトルがつけられているが、これは同じくテレビ東京系列局で放送された小林尽の前作「スクールランブル」とちょうど逆の関係になっている(前作では原作の各話タイトルが洋楽や映画のタイトルだったが、アニメ版では普通のタイトルになっていた)。


関連動画



















ネタバレになってしまうが、唐突とも思われる連載終了でストーリー自体は完結する。

幽霊達のタイムトラベルとそれに同行できる一たち一部の現代人の明確な共通点や能力の原理、そしてあらしがどうやって空襲から生還し戦後を生きてきたのかという経緯がすべて明かされる事はなかった。


関連項目

小林尽 ガンガンJOKER 漫画

横浜市 港北区 大倉山駅 慶應義塾大学

太平洋戦争 タイムトラベル 歴史


横浜ランドマークタワー

戦後の横浜のシンボルや、大人になった一が思い出を語るナレーションの背景として登場。

関連記事

親記事

小林尽 こばやしじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 704910

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました