ピクシブ百科事典

山崎加奈子とは、夏のあらし!のキャラクター。
CV:堀江由衣

概要

やよゐと共に住む女性。同じく幽霊
やよゐとは正反対で冷たく激しい性格。かなりの毒舌家であり、笑うことはほとんどなく鼻で笑う程度。服の色も正反対であり、やよゐが白なのに対し、加奈子は常に黒系を選び、普段着も水着も黒で例外はバイト時の女給服である。60年前は戦時中という事もあり、普段着は地味な着物ともんぺ姿であったが、休電日の演奏会に来た時は上着だけは2トーンカラーのものを着ていた。
やよゐに対してはおだやかで、かなり過保護。八坂と“通じ”てやよゐが消えたときは激しく動揺の色をあらわにした。凄まじい体術の使い手で、白兵戦の実力はグラサンに近いレベルにある。やよゐを守るためならば手段を選ばず、様々な種類のナイフボウガンスタンガンを隠し持ち、かつどれも使いこなしている。
現在住んでいる屋敷も、やよゐのために彼女が見つけたもの。長い間二人で引き篭もっていたためテーブルゲーム等に非常に強く、特に麻雀は代打ちが務まるほどの腕前。
やよゐとは違い、戦時中は女工であった。そのため当初はやよゐのことを嫌っていたが、(八坂と一緒にタイムスリップした)やよゐに身を挺して機銃掃射から救われてから仲良くなる。
グラサンと“通じ”、現在は使用人としてこき使っている。
山代から真相を明かされた当初、過去へ戻ることを取り乱して恐れたが、やよゐの説得で60年前に戻る決意を固める。
横浜大空襲の日、未来から飛んできたグラサンに守られ命を取り留める。爆撃により脚を失ったが、その後は孤児を保護する施設の理事長となる。加奈子は孤児だったマスターを保護した施設の理事長その人なのであった。
アニメではやよゐと同様に、毎回ある作品をネタにするフリ役として原作よりも早く登場する。

関連タグ

夏のあらし!

pixivに投稿された作品 pixivで「山崎加奈子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15231

コメント