ピクシブ百科事典

村田英雄(夏のあらし!)

なつのあらしのむらたひでお

村田英雄は、漫画作品「夏のあらし!」の登場人物

概要

CV:安元洋貴(幼少期くまいもとこ)

筋骨隆々で常にサングラスをかけた大男。運動神経が抜群でよく日本刀を携帯している。

2005年頃の夏に山崎加奈子に身辺調査等で雇われた関係で、登場当初は嵐山小夜子たちのとして登場して執拗に追い回していた。
一見かなりの悪者に見えるが実は人情に厚い地元出身の私立探偵で、後に元刑事であった事が判明する。

誤解などからあらしに異常な敵意を持っていた加奈子の非道なやり方に腹を立てて、八坂一たちの味方となる。この騒動で偶然にも加奈子と共に過去へタイムトラベルができる事が判明する。
問題が和解という形で解決した後は、元々の人当たりの良さもあって気の強い加奈子のパシリとなり、さらに一同が集まる喫茶店・方舟の準店員的な立ち場となった。
これ以降一からは「グラサン」、あらしたちからは「村田さん」、マスターと加奈子、山代武士からは「ヒデオ(英雄さん)」と呼ばれている。また愛車として古いスクーターに乗る描写もされた。

実は父親と自身のそれぞれの幼少期に、タイムトラベルしてきたあらしと一に遭遇している。父親は空襲時に彼女に助けてもらっており、少年時代の英雄は父親があらしのような「英雄」になれと自身に名付けた事を二人に明かしている。アニメ版では一を通してあらしが父親を助けていた事を知り衝撃を受けていた。

また刑事時代に知人家族を助けようとして単身やくざの拠点に乗り込み、刀傷で片目を失明し退職していた事が明かされた。

終盤では一やあらしたちと共に空襲時の友人・知人を救うべく出動。時代に合わせた変装としてサングラスを取り、隻眼のため眼帯と国民服という服装に着替える。
加奈子、伏見やよゐ、マスターと班を組み過去の加奈子とやよゐを追って黄金町駅向かうが、戦闘機機銃掃射に追い回されて駅舎になだれ込む群衆に遭遇する。英雄は現在の加奈子たちを当時被害が少なかったとみられる近辺の阪東橋方面へ避難させ、自身も失神しながらも身を挺してなんとか過去の二人を守り抜く。
その後は過去の加奈子たちが気がかりで、もう少しだけ過去に残ると口に出す。

最終回では何故か登場しないが、山代のセリフからタイムトラベル能力に必要なエネルギーの消滅で無事に現代へ帰還したようである。

関連タグ

夏のあらし! 小林尽 横浜市
タイムトラベル 私立探偵 刑事
ナイスガイ

関連記事

親記事

夏のあらし! なつのあらし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「村田英雄(夏のあらし!)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30

コメント