ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

埼玉県和光市にある
東武東上線東京メトロ有楽町線副都心線が乗り入れる。メトロでは唯一埼玉県にある駅である。管理は東武が行っており、駅の仕様は同社のものとなっている。
東武東上線川越坂戸小川町方面と東京メトロ有楽町線及び副都心線は川越市駅森林公園駅までの直通運転を行っている。地下鉄の場合は始発駅であり、当駅発着の列車も多数存在する。このうちの一部には東武と同じくメトロに乗り入れる西武鉄道の車両も使われており(東武線には乗り入れない)、実質「東武の駅に西武の車両が乗り入れる」という光景が日常的に見られる。

和光市駅以西の駅から池袋駅に向かう際には東上線が有利だが、和光市駅から池袋駅及び有楽町線東池袋駅、副都心線の雑司が谷駅以南へはメトロを使った方が便利。

駅構造

島式2面4線の地上駅。
駅舎は地下構造になっている。
1・4番乗り場は東上線池袋方面からの電車が発着して2・3番乗り場は地下鉄直通の電車が発着する。

乗り場路線方向方面備考
1東武東上線下り志木川越市森林公園小川町方面東上線池袋方面からの電車。
2東武東上線下り志木川越市森林公園方面地下鉄方面からの電車。
3東京メトロ有楽町線副都心線A線小竹向原池袋新木場渋谷東急東横線経由みなとみらい線元町・中華街方面地下鉄方面への電車。
4東武東上線上り成増池袋方面東上線池袋方面への電車。

利用状況

近況

東武鉄道


東京メトロ
  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は185,865人である。
  • 但し、直通人員が含まれているので要注意。

利用状況推移表

利用状況は以下の通りである。

事業者名東京メトロ東武鉄道
年度乗降人員乗降人員
2008年(平成20年)度137,047人144,899人
2009年(平成21年)度152,130人153,847人
2010年(平成22年)度156,404人157,212人
2011年(平成23年)度152,925人151,804人
2012年(平成24年)度159,257人156,394人
2013年(平成25年)度169,056人164,415人
2014年(平成26年)度170,122人164,062人
2015年(平成27年)度176,216人167,949人
2016年(平成28年)度181,289人172,336人
2017年(平成29年)度185,865人176,577人
2018年(平成30年)度179,724人

隣の駅

東上線
種別前の駅当駅次の駅備考
通過
快速急行池袋駅(TJ01)和光市駅(TJ11)志木駅(TJ14)
  • 快速
  • 急行
成増駅(TJ10)和光市駅(TJ11)朝霞台駅(TJ13)
  • 準急
  • 普通電車
成増駅(TJ10)和光市駅(TJ11)朝霞駅(TJ10)
  • 有楽町線
  • 副都心線
種別前の駅当駅次の駅備考
Fライナー(急行)朝霞台駅(TJ13)和光市駅(TJ11・F01)小竹向原駅(F06)東上線直通のみ。
Fライナー(快速急行)志木駅(TJ14)和光市駅(TJ11・F01)小竹向原駅(F06)東上線直通のみ
急行和光市駅(F01)小竹向原駅(F06)副都心線内急行且つ副都心線のみ。
通勤急行和光市駅(F01)地下鉄成増駅(F01)副都心線方面のみ
各駅停車和光市駅(F01・Y01)地下鉄成増駅(F02・Y02)


関連項目

東武東上線 有楽町線 副都心線 埼玉県内の駅一覧

小竹向原駅 西武とメトロの共同使用駅。和光市とは逆の「西武の駅に東武の車両が乗り入れる駅」。ただし、管理、駅の仕様ともに和光市と違い、メトロなので、見た目には西武の駅に東武が乗り入れてるようには見えない。

代々木上原駅 JR東日本の車両が乗り入れる小田急の駅。かつては唯一の駅だったが、東京メトロ千代田線を入れた三社相互乗り入れ開始により、唯一ではなくなった。
中目黒駅 同じく東武が乗り入れる東急の駅。東京メトロ半蔵門線を介して東武と東急が相互乗り入れを開始したことで唯一ではなくなった。

都営三田線 当初計画では当駅から三園町を経て志村駅(現在の高島平駅)までの連絡線(東武高島平線)を建設して直通する予定だったが、諸般の事情から取りやめられた。

関連記事

親記事

埼玉県内の駅一覧 さいたまけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「和光市駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 903

コメント