ピクシブ百科事典

さいたま新都心駅

さいたましんとしんえき

埼玉県さいたま市にあるJR東日本の駅。
目次[非表示]

概要

埼玉県さいたま市大宮区と中央区にまたがって存在するJR東日本の駅で、2000年4月1日開業。駅の東口は大宮区で西口が中央区であり、東口のタクシー乗り場は旧大宮市のタクシー会社が、西口のタクシー乗り場は旧与野市のタクシー会社が取り仕切っている。

さいたま新都心さいたまスーパーアリーナコクーンシティ、合同庁舎に日本郵政関東支社やNTTドコモ明治安田生命等大企業の社屋も存在する、関東有数のオフィス街の最寄り駅。また、県立大宮高校の最寄り駅の一つでもあり、通勤客通学客の利用が非常に多い。

東北本線に属し、京浜東北線宇都宮線高崎線の列車が停車する。
旧与野市、大宮市、浦和市にまたがって存在した旧・大宮操車場跡地を利用して作られたさいたま新都心の最寄り駅を想定して設置された。
設置当時はさいたま市発足前で主導権を握ろうとしている大宮市と浦和市の争いも激しい状態で、それはこの駅の駅名選定にも如実に表れていた。大宮市は南大宮駅の名を推していたが浦和市議会が猛反発。間を取るようにJR東日本が現在の駅名を採用した形となっている。

2面4線の島式ホームの地上駅で橋上駅舎を有している。1階がホームで2階が駅舎コンコース及び東西自由通路で、この東西自由通路が日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞を受賞している。

前述通り、新都心の最寄り駅として扱われているが、宇都宮線や高崎線の列車は上野東京ラインの普通列車が停車するものの、「ラビット」(宇都宮線)&「アーバン」(高崎線)や通勤快速、貨物線を走る湘南新宿ライン武蔵野線直通列車「しもうさ号」「むさしの号」は通過する。
イベント関係で乗降客が増加する状況下でも快速などの臨時停車の措置は原則として行われず、貨物線上にホーム増設のめども立っていない。

余談ではあるが、2000年にさいたま新都心駅が開業された際には、与野駅と大宮駅の間に位置してるので、京浜東北線高崎線宇都宮線の乗客、とくに帰宅時の大宮民は終点まであと一駅のところに邪魔なものが出来たと苛々していたと言う。

駅構造

京浜東北線と上野東京ラインが混じる2面4線の駅。
湘南新宿ラインと快速系統は当駅を通過する。

乗り場路線方向方面備考
1京浜東北線南行き南浦和川口東十条方面
2京浜東北線北行き大宮方面
3上野東京ライン南行き東京平塚小田原熱海方面
4上野東京ライン北行き籠原小山高崎前橋方面

利用状況

  • 2016年度(平成28年度)の乗車人員は、50,069人である。


年度乗車人員乗降人員
2008年度39,361人78,722人
2009年度39,443人78,886人
2010年度39,090人78,180人
2011年度40,251人80,502人
2012年度41,155人82,310人
2013年度42,841人85,682人
2014年度43,677人87,354人
2015年度48,371人96,742人
2016年度50,069人100,138人

駅周辺


隣の駅

高崎線・宇都宮線(東京経由)

普通
大宮駅 - さいたま新都心駅 - 浦和駅

京浜東北・根岸線

快速・普通
大宮駅 - さいたま新都心駅 - 与野駅

関連項目

東北本線 京浜東北線 宇都宮線 高崎線
埼玉県 さいたま市 さいたま新都心 埼玉県内の駅一覧

リンク

さいたま新都心駅

pixivに投稿された作品 pixivで「さいたま新都心駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 431

コメント