ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

埼玉県久喜市の中心駅。東武鉄道伊勢崎線JR東日本宇都宮線が乗り入れている。
駅構内が狭いので歩く際には注意が必要。
また、駅北側を東北新幹線が通過する。

JR東日本

単式1面島式1面4線の地上駅。
下り線は旅客の待避線が備えてあるが、上り線は貨物の待避線しか備えていない状態なので当駅での待避が不可能である。
その為、上野東京ライン快速統合なども踏まえ、将来的には設備面での不安要素も大きい。
2021年3月13日ダイヤ改正では、蓮田駅の快速通過待ちだった列車が当駅での待ち合わせに変更の予定で宇都宮行き快速との接続が改善される一方で日中の緩急接続がなくなった。待合室があり、途中駅止まりと宇都宮行きとの接続は当駅が一番便利である。

乗り場路線方向方面備考
1宇都宮線下り古河小山宇都宮方面待避線
2宇都宮線下り古河小山宇都宮方面
宇都宮線上り貨物待避線
3宇都宮線上り大宮新宿東京小田原逗子方面

東武鉄道

島式2面4線の地上駅。
日中は、当駅を境に運転系統が変わる為、両方向とも引き上げУ線を備えている。
主に1・4番乗り場に半蔵門線発着の電車、2・3番乗り場に館林方面の電車が発着する。
1・4番乗り場が本線で、2・3番乗り場が待避線である。

乗り場路線     方向方面備考
1東武伊勢崎線下り館林太田赤城方面主に半蔵門線からの当駅止まりの電車。
2東武伊勢崎線下り館林太田方面主に館林方面の始発電車。
3東武伊勢崎線上り春日部北千住浅草日比谷線中目黒半蔵門線渋谷東急田園都市線中央林間方面主に館林方面からの当駅止まりの電車。
4東武伊勢崎線上り春日部北千住浅草日比谷線中目黒半蔵門線渋谷東急田園都市線中央林間方面主に半蔵門線直通の始発電車。

かつては1面2線で、緩急接続が不可能だったほか、特急「りょうもう」も通過していたが、2006年3月18日ダイヤ改正に合わせた拡張により現在のホーム構成になり、朝夕を中心に「りょうもう」も停車するようになった。
このほか、区間急行がまだ(浅草発着の)準急だった頃に一時期存在した、速達型の準急Aも停車していた。

利用状況

近況

全体的にJRが減少、東武が増加傾向にある。
JR東日本


東武鉄道

利用状況推移表

事業者名東武鉄道JR東日本
年度乗降人員乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度49,735人37,205人74,410人
2009年(平成21年)度49,492人36,477人72,954人
2010年(平成22年)度49,388人35,992人71,984人
2011年(平成23年)度49,424人35,629人71,258人
2012年(平成24年)度50,747人36,064人72,128人
2013年(平成25年)度51,577人36,603人73,206人
2014年(平成26年)度50,635人35,862人71,724人
2015年(平成27年)度51,441人36,463人72,926人
2016年(平成28年)度51,748人35,832人71,664人
2017年(平成29年)度52,454人36,021人72,042人
2018年(平成30年)度52,606人35,957人71,914人
2019年(平成30年)度51,656人35,347人70,694人


隣の駅

りょうもうに関しては停車駅を参照。

JR東日本
宇都宮線
種別前の駅当駅次の駅備考
快速蓮田駅久喜駅古河駅ラビット・新宿経由共通
普通列車新白岡駅久喜駅東鷲宮駅
東武鉄道
伊勢崎線
種別前の駅当駅次の駅備考
  • 急行
  • 準急
和戸駅久喜駅半蔵門線直通
  • 区間急行
  • 区間準急
  • 普通
和戸駅久喜駅鷲宮駅

関連項目

東武鉄道 東武伊勢崎線
JR東日本 JR宇都宮線
南栗橋駅:同じく久喜市に所在する駅で、運転系統の境目である点も共通する。
埼玉県内の駅一覧

関連記事

親記事

埼玉県内の駅一覧 さいたまけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「久喜駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1201

コメント