ピクシブ百科事典

りょうもう

りょうもう

東武鉄道が運行する特急列車の愛称。浅草~赤城・葛生・伊勢崎間を結ぶ。
目次[非表示]

概要

観光特急としての意識が高いスペーシアに対し、「りょうもう」はビジネスや通勤・通学に狙いを絞っている。専用車両として製造された1800系200系・250系には左右2列ずつあるリクライニングシートやトイレ、自販機程度しか設置されていない。モノクラス編成である。

現在は特急列車であるが、登場当初は急行で、大手私鉄としては珍しく急行料金をとる列車であった(現在走っている急行は急行料金なしで利用できる)。
愛称の由来は主な目的地の群馬県東部(桐生・太田・館林=東毛)と栃木県南西部(足利・佐野)を合わせた「両毛」という地域名からである。
(JRの両毛線も同じ由来)

歴代車両

1800系

初代「りょうもう」。全身真っ赤で、白い帯を巻いていた。現在はりょうもう運用から撤退し、うち3編成が格下げ改造により、8000系同様の塗装で支線運用で活躍していたが、廃車されて8000系の改造車と交代した。1編成だけ登場当初の塗装のまま、団体臨時専用車として在籍し、稀にりょうもうの代走をすることがあった。また、一部の編成は300系・350系に改造され、野岩鉄道会津鉄道に乗り入れる急行(→特急)などに使用されていた。

東武1800系

200系

2代目「りょうもう」。100系を意識した流線型だが、正面は扁平な形状。塗装は、1800系を踏襲しつつも、色使いを反転し、白基調となった。界磁添加励磁制御装置を搭載しているオールM構成。台車・主電動機など一部の主要機器については1700系1720系DRC」の解体発生品を流用した。

250系

分類上は200系の増備車だが、東武では仕様が変わるとその都度形式を変える慣例が存在しており、この車両も慣例に基づいて250系となった。250系は6両編成1本のみの存在である。
200系との違いを比較すると次の通りになる。

 200系250系
制御方式界磁添加励磁制御VVVFインバーター制御(IGBT素子)
パンタグラフ下枠交差式シングルアーム式
MT構成オールM3M3T(比率は1:1)

500系

リバティ」の車両愛称がある。2017年4月から運用開始。このダイヤ改正では浅草20時00分発・毎日運転の特急「リバティりょうもう43号」館林行き(3両)の運用に入っていた。
2020年6月ダイヤ改正時点では、浅草18時49分発・土休日運転の「リバティりょうもう39号」館林行き(6両)、浅草19時59分発・毎日運転の特急「リバティりょうもう45号」太田行き(3両)、計2列車の運用を担当。

東武500系

運用・停車駅

浅草~太田・赤城間の運行が基本。朝晩に館林・葛生・伊勢崎発着がある。
「りょうもう」は日光・鬼怒川線方面の特急が停車する春日部を通過し、東武動物公園に停車する。


関連タグ

東武鉄道 東武伊勢崎線 東武桐生線 東武佐野線 スペーシア リバティ東武500系 列車愛称 急行特急

関連記事

親記事

東武鉄道 とうぶてつどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「りょうもう」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29763

コメント