ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

埼玉県熊谷市にあるJR東日本高崎線

1909年(明治42年)12月に開業。

1969年(昭和44年)12月、高崎線の電化に際して車両基地(当時は籠原電車区)が設置される。

(当地が選ばれた理由は高崎線主要駅である熊谷の隣駅であり、旅客輸送の調整が行い易い場所であったためという)

当駅の高崎寄りに上記の車両基地(高崎車両センター籠原派出所)があるため、当駅を始発・終着とする列車は多い。列車の本数が多いことから東京方面の移動に深谷駅を使わずに当駅を利用する深谷市民が徒歩圏外を中心に一定数いる。当駅終着の列車には高崎行きと同じホームで乗車できないケースもあるため熊谷駅での降車を促す放送がされる場合がある。

15両編成の列車は当駅で、高崎寄りの付属5連を開放し、先は10連で運転される。(逆に上野・新宿方面に向かう列車はここで増結する)。そのため常に電車の増結や解放を行う作業が見られる。

以前は15両対応ホームは当駅までだったが、深谷駅本庄駅のホーム延長で本庄駅まで15両対応列車が運転可能となった(ただし、15両編成の列車は当駅以北は乗り入れない)。


かつて新前橋区に波動用165系(モントレー色)が配置されていたころは、構内に常に数編成が留置されていた。


なお当駅は列車の行先として駅名こそよく知られてはいるものの、あくまでも列車運転上の拠点であり、広い構内に対して駅周辺は開発が進んでいるとはいいがたい。2019年にようやく駅前広場が整備された。

余談であるが開業時に駅名を当地の住所名である新堀(にいぼり)と付けられる予定であったが、東京都内の日暮里と混同する事が判明したため、字名であった「籠原」へと変更され今に至っている。



駅構造

島式2面4線の地上駅。

15両編成の列車は当駅で切り離しを行い、待避線である2番線と4番線に入線する。

上り線は2番線で連結を行い、下り線は4番線で切り離しを行う。


番線路線方向行き先備考
1・2高崎線上り熊谷大宮新宿東京横浜小田原熱海方面2番線は待避線&車両連結。
3・4高崎線下り高崎前橋方面4番線は待避線&車両切り離し。

利用状況

  • 2020年(令和2年)度の1日平均乗車人員は10,590人である。

利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度15,000人30,000人
2009年(平成21年)度14,925人29,850人
2010年(平成22年)度14,860人29,720人
2011年(平成23年)度14,862人29,724人
2012年(平成24年)度14,804人29,608人
2013年(平成25年)度15,097人30,194人
2014年(平成26年)度14,716人29,432人
2015年(平成27年)度14,863人29,726人
2016年(平成28年)度14,845人29,690人
2017年(平成29年)度15,054人30,108人
2018年(平成30年)度15,077人30,154人
2019年(令和元年)度14,290人28,580人
2020年(令和2年)度10,590人21,180人

隣の駅

種別前の駅当駅次の駅備考
通過
熊谷駅籠原駅深谷駅

関連タグ

湘南新宿ライン 上野東京ライン 高崎線 埼玉県内の駅一覧

小金井駅(JR宇都宮線における似たようなポジションの駅)

土浦駅(常磐線における似たようなポジションの駅)

国府津駅(東海道線における似たようなポジションの駅)


外部リンク

関連記事

親記事

埼玉県内の駅一覧 さいたまけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 912

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました