ピクシブ百科事典

小山駅

おやまえき

栃木県にある鉄道駅。
目次[非表示]

概要

栃木県小山市にあるJR東日本の駅。東北新幹線・JR宇都宮線(東北本線)・両毛線水戸線が乗り入れる。栃木県の駅としてはJR宇都宮駅の次に規模が大きい。

駅構造

東北新幹線

相対式2面5線の駅である。
端に停車ホームがあり、内側に通過線のある典型的な新幹線停車駅である。

番線路線方向行先備考
1東北新幹線下り郡山仙台方面
2東北新幹線下り郡山仙台方面(通過線)
3東北新幹線上り大宮東京方面(通過線)
4東北新幹線上り大宮東京方面
5(回送列車の発着のみ)

在来線

両毛線水戸線が1面2線とJR宇都宮線(東北本線)が2面4線の地上駅である。
両毛線は新幹線の下にホームがあり、水戸線は小山駅を出るとデッドセクションを通過して交流電源になる。17時台の宇都宮発両毛線直通電車は当駅では両毛線ホームに入線するので注意すること。
JR宇都宮線の快速は当駅から宇都宮駅方面は各停になる。日中の小金井行き上野東京ラインと宇都宮行き湘南新宿ライン快速が同じホームでできる最後の駅となる。小金井行き15両編成の後ろ5両(グリーン車から後ろ)にはベンチがないので宇都宮行きの電車に乗り換えるのは古河か久喜の方が有利である。特に宇都宮駅10番ホーム到着の車両に乗車する場合にはかなり不利になる。
7番線は切り欠き式のホームだったが撤去された。
また、11・14番線は貨物専用の待避線である。

番線路線方向行先備考
6・8両毛線上り栃木佐野足利高崎方面
9・10宇都宮線(東北本線)下り宇都宮黒磯仙台方面
12・13 上り大宮東京新宿横浜大船熱海方面
15・16水戸線下り下館水戸いわき方面

利用状況

  • 2016年度(平成28年度)の乗車人員は22,034人である。
  • この数字は蓮田駅東松戸駅よりも多い。


年度乗車人員乗降人員
2008年度21,449人42,898人
2009年度20,952人41,904人
2010年度20,854人41,708人
2011年度20,947人41,894人
2012年度21,481人42,962人
2013年度22,247人44,494人
2014年度21,864人43,728人
2015年度22,174人44,348人
2016年度22,034人44,068人

関連タグ

栃木県内の駅一覧
JR宇都宮線 水戸線
両毛線 宇都宮駅
古河駅 久喜駅

pixivに投稿された作品 pixivで「小山駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 246

コメント