ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

栃木県日光市(旧今市市)にある東武鉄道
東武日光線東武鬼怒川線が乗り入れている。東武鬼怒川線は当駅が起点であるが、多くの列車が東武日光線新栃木駅方面へ直通する。

かつてのDRCけごんきぬ1960年のDRC就役直後、始発の浅草駅の次の停車駅として当駅に停車していた(1往復分のノンストップ列車をのぞく)が、東京オリンピック以後の外国人観光客への対応として1964年のダイヤ改正より当駅通過でほとんどがノンストップ列車となってしまう。

その後1973年に日光線が全線複線化を完了したことにより下り列車は再び当駅に停車を再開(これも一部ノンストップ列車をのぞく)。その後1986年に下り列車はすべて当駅停車となり、1988年に一部列車が下今市駅の前の新栃木駅および新鹿沼駅に停車するようになった。

駅構内にかつての転車台の遺構が発見されたことから、蒸気機関車列車運行計画が立ち上がり、2017年、駅構内に下今市機関区が設置され、SL大樹の拠点駅となった。

駅周辺はかつての今市市の公共施設が点在し、現在の日光市役所は当駅が最寄りとなっている。また駅から少し歩くが道の駅日光は当駅が最寄り駅となっている。

停車する特急列車

日光線系統


鬼怒川線系統


駅構造

島式2面4線の地上駅。

のりば路線方向行き先備考
1・2東武日光線下り東武日光方面一部列車は2番のりば。
2東武鬼怒川線下り鬼怒川温泉会津高原尾瀬口会津田島方面
3・4東武日光線上り栃木東武動物公園春日部北千住浅草JR新宿方面

利用状況

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員は2,436人である。


利用状況比較表

年度乗降人員
2008年(平成20年)度2,559人
2009年(平成21年)度2,559人
2010年(平成22年)度2,494人
2011年(平成23年)度2,442人
2012年(平成24年)度2,523人
2013年(平成25年)度2,526人
2014年(平成26年)度2,420人
2015年(平成27年)度2,381人
2016年(平成28年)度2,314人
2017年(平成29年)度2,504人
2018年(平成30年)度2,524人
2019年(令和元年)度2,436人


関連項目

関連記事

親記事

栃木県内の駅一覧 とちぎけんないのえきいちらん

兄弟記事

コメント