ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ


所在地福島県南会津郡南会津町
事業者会津鉄道/野岩鉄道
路線会津線/会津鬼怒川線

概要

福島県南会津町南部の山中にある駅。元々は1953年国鉄会津線の終着駅会津滝ノ原駅として開業し、その後長らく会津若松駅からの一介のローカル路線だった。しかし、国鉄のローカル路線は全国的に赤字で、会津線もその一つとされ、1984年には第2次特定地方交通線として廃止承認をされてしまった。

しかし、東武鉄道を辿って首都圏からのルートとして、山を貫いて南側からの鉄道路線設置計画が1960年代より起こり、1966年に野岩鉄道会津鬼怒川線の起工が行われ、20年近い建設工事により、1986年10月、野岩鉄道線とのレールがつながり、境界駅となる会津滝ノ原駅を会津高原駅と改称する。ただし、会津高原以南野岩鉄道線は電化、以北会津線は非電化だったため同駅でお互い折り返しの状態での開業だった。野岩鉄道開業当時は野岩鉄道の管轄駅だった。

1987年4月、国鉄分割民営化でJR東日本が会津線を継承するが、前述の廃止承認から、同年の7月に、会津鉄道として転換、そして1990年10月に当駅から会津田島駅まで電化工事が完了し、東武鉄道-野岩鉄道-会津鉄道の3鉄道直通運転が開始された。

会津鉄道と野岩鉄道の境界駅で、当駅をまたいで直通する列車は、気動車列車は会津鉄道の乗務員が、電車列車は野岩鉄道の乗務員が交代なしで乗務する。
当駅で折り返す列車もあるが、大半の列車は当駅をまたいで直通する。

2003年に当駅の管轄を野岩鉄道から会津鉄道に変更し、さらに2006年に駅名を会津高原尾瀬口駅と改称した。

駅周辺

駅の名の通り、尾瀬の玄関口で、東武鉄道から直通する夜行列車「尾瀬夜行」の終着駅である。当駅から尾瀬まではバスでさらに1時間ほど乗車して向かうことになる。

関連

会津田島駅 福島県内の駅一覧
リバティ会津 AIZUマウントエクスプレス

関連記事

親記事

福島県内の駅一覧 ふくしまけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「会津高原尾瀬口駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94

コメント