ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

栃木県栃木市沼和田町にあるJR両毛線東武鉄道日光線の共同使用駅。
駅は高架化しており、外側からもトイレが使用可能。
北口は、蔵の街になっている。

県名を戴く駅ではあるが、県庁所在駅は宇都宮駅であり、県の代表駅もまた然り。
ただし東武については、東武宇都宮駅よりも乗降客数が多く、またスペーシアなど特急が停車し、宇都宮線列車の発着駅にもなっているなど、隣の新栃木駅ともども、こちらの方がある意味、代表駅と呼ぶにふさわしい。

駅構造

JR東日本

島式ホーム1面2線。後述する東武の駅は西側より1→2→3番線だが、こちらは東側より付番されている。

乗り場路線方向行先
1両毛線下り小山行き
2両毛線上り佐野伊勢崎高崎方面

隣の駅
大平下駅←当駅→思川駅

東武鉄道(TN11)

単式ホームと島式ホーム各1面、計2面3線で構成され、2番線は当駅始発の電車のみが使用する。

乗り場路線方向行先備考
1日光線上り-特急以外:南栗橋方面
2・3宇都宮線下り東武宇都宮行き当駅始発は2番線
3日光線下り東武日光鬼怒川温泉方面

隣の駅
特急列車の☆はJR新宿駅発着を、★は浅草駅発着を示す。

☆特急「日光」、「(スペーシア)きぬがわ」
大宮駅(湘南新宿ライン)←当駅下今市駅
★特急「けごん」(新栃木行き・発)、「きりふり」
春日部駅←当駅→新栃木駅
★特急「けごん」(東武日光行き・発)、「きぬ」、「リバティ会津」
春日部駅(一部板倉東洋大前駅)←当駅新鹿沼駅

●急行・区間急行・普通
新大平下駅(TN10)←当駅→新栃木駅(TN12)

利用状況

JR東日本


東武鉄道
  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員は11,946人である。
  • 前述の通り、栃木県内の東武鉄道の駅では最も多い(2位は東武宇都宮駅)。

利用状況推移表

事業者名JR東日本前年比東武鉄道前年比
年度乗車人員乗降人員増減率乗降人員増減率
2008年(平成20年)度5,202人10,404人11,204人
2009年(平成21年)度5,085人10,170人-2.2%10,859人-3.1%
2010年(平成22年)度5,124人10,248人+0.8%10,876人+0.2%
2011年(平成23年)度5,038人10,076人-1.7%10,760人-1.1%
2012年(平成24年)度5,206人10,412人+3.3%11,187人+4.0%
2013年(平成25年)度5,286人10,572人+1.5%11,431人+2.2%
2014年(平成26年)度5,185人10,370人-1.9%11,354人-0.7%
2015年(平成27年)度5,244人10,488人+1.1%11,525人+1.5%
2016年(平成28年)度5,201人10,402人-0.8%11,663人+1.2%
2017年(平成29年)度5,169人10,338人-0.6%11,888人+1.9%
2018年(平成30年)度5,049人10,098人-2.3%11,946人+0.5%
2019年(令和元年)度4,857人9,714人-4.0%11,449人-4.2%


関連項目

栃木県内の駅一覧
JR東日本 両毛線
東武鉄道 東武日光線 スペーシア 東武鬼怒川線 東武宇都宮線

県名を戴くが、県の代表駅ではない駅
神奈川駅兵庫駅:より厳密にはそれぞれ横浜市神戸市区名を戴く駅。どちらも県の代表駅のすぐ隣にある。
山梨市駅:町村合併で改称したことにより誕生。県下の自治体の駅である(県庁所在駅は甲府駅)。

関連記事

親記事

栃木県内の駅一覧 とちぎけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「栃木駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221

コメント