ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

神戸市兵庫区駅南通5丁目にあるJR西日本の駅で山陽本線(JR神戸線と支線の和田岬線)が乗り入れる(JR-A64)。

駅名は近辺がかつて兵庫の津と呼ばれていたことに由来する。
現在の兵庫区南部から長田区南部にかけては、平清盛が摂政を務めていた12世紀後半頃には福原京と呼ばれ、兵庫の津は現在の兵庫県という県名の由来にもなった、由緒ある名勝でもあった。
ちなみに兵庫県を代表する駅は隣の神戸駅である。

1968年までは山陽電気鉄道本線の始発駅(駅名は電鉄兵庫駅)でもあり、相応のターミナル駅として機能していた。ちなみに山陽電車は西代駅まで併用区間で、モータリゼーションの発展と、神戸市内の各私鉄ターミナルが分散していたことの解決策として神戸高速鉄道(現・阪神電気鉄道神戸高速線)による地下鉄路線を設けて各線と繋げることになり、その開通とともに電鉄兵庫駅は廃止された。なお、阪神電気鉄道神戸高速線の大開駅は当駅からすぐ近くにあり、亡き電鉄兵庫駅の代替駅となっている。
また、当駅構内扱いとして和田岬線から川崎重工業兵庫工場への専用線も分岐しており、同社製の鉄道車両を甲種輸送する場合は当駅から鷹取駅に隣接する神戸貨物ターミナル駅へ輸送してから全国に発送するという形を取っている。

駅構造

JR神戸線が2面4線、和田岬線が1面1線の高架駅である。和田岬線は神戸線より一段低い位置にある。

JR神戸線

乗り場路線方向方面備考
1JR神戸線外側線上り三宮尼崎大阪方面朝ラッシュ時の一部快速のみ使用、他時間帯は通過線としてロープで封鎖
2JR神戸線内側線上り三宮尼崎大阪方面
3JR神戸線内側線下り西明石姫路方面
4JR神戸線外側線下り西明石姫路方面朝ラッシュ時の一部快速のみ使用、他時間帯は通過線としてロープで封鎖


隣の駅
駅番号の「JR-」は省略。

種別西明石方面大阪方面備考
新快速通過
快速(外側線)明石駅(A73)→当駅神戸駅(A63)→平日朝方上りのみ
快速(内側線)須磨駅(A68)当駅神戸駅(A63)
普通新長田駅(A65)当駅神戸駅(A63)→
過去には、平日夕方下りにも外側線を走る快速があった。

和田岬線

和田岬線が途中駅がなく、隣接する終点の和田岬駅も他のJR線と接続していない事から、和田岬駅の出札業務を当駅に設置された乗り換え改札で行う形となっており、「改札口を出てから電車に乗る」「電車を降りてから改札口に入る」という独特のスタイルとなっている。

乗り場路線方面備考
(無番)和田岬線和田岬朝夕のみ
朝夕以外は閉鎖され、ホームに行くことは不可能。また、便宜上0番線と呼ばれることもある。

利用状況

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員は22,333人である。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度21,400人42,800人
2009年(平成21年)度21,121人42,242人
2010年(平成22年)度21,121人42,242人
2011年(平成23年)度21,177人42,354人
2012年(平成24年)度21,120人42,240人
2013年(平成25年)度21,452人42,904人
2014年(平成26年)度21,420人42,840人
2015年(平成27年)度21,790人43,580人
2016年(平成28年)度22,224人44,448人
2017年(平成29年)度22,365人44,730人
2018年(平成30年)度22,387人44,774人
2019年(令和元年)度22,333人44,666人


関連項目

兵庫県内の駅一覧

神奈川駅 栃木駅:県名をつけているが県を代表しない駅

西新井駅 大江駅:当駅同様、分岐路線の終点(それぞれ大師前駅東名古屋港駅)の出札業務を乗り換え改札という形で行っている。

関連記事

親記事

兵庫県内の駅一覧 ひょうごけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「兵庫駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 893

コメント