ピクシブ百科事典

阪神尼崎駅

はんしんあまがさきえき

正式名称は「尼崎駅」。兵庫県尼崎市にある阪神電気鉄道の駅。
目次[非表示]

正式名称は言うまでもなく尼崎駅だが、JR西日本の『尼崎駅』との混同を避ける為に地元では「阪尼」と呼ばれている。

駅データ

駅名≪阪神≫尼崎駅(あまがさきえき)
ローマ字表記≪Hanshin≫Amagasaki
キリル文字表記≪Ханшин≫Амагасаки
所在地兵庫県尼崎市
所属事業者阪神電気鉄道
所属路線阪神本線阪神なんば線
駅構造高架駅
ホーム4面6線


概要

兵庫県尼崎市にある阪神本線阪神なんば線の駅。隣の大物駅と当駅の間は2路線の二重戸籍・並立区間となっている。
駅番号はHS09
島式4面6線の高架駅でホームは2階、改札口は1階にある。改札口は2か所あり、西口改札と北口改札の2つが存在する。

駅構内

ホーム路線方向方面備考
1本線上り野田梅田方面
2本線上り野田梅田方面(阪神なんば線へのホーム上乗換可)
3阪神なんば線上り西九条ドーム前難波奈良名古屋伊勢志摩方面
4本線下り阪神なんば線当駅止まりor甲子園神戸三宮明石姫路方面(奈良・難波方面からの列車)
5本線下り甲子園神戸三宮明石姫路方面(梅田方面からの列車 阪神なんば線からのホーム上乗換可)
6本線下り甲子園神戸三宮明石姫路方面(梅田方面からの電車)


4番線に到着した当駅止まりの電車は乗客を降ろした後、ホーム西側の引き上げ線に入り、ここから当駅始発の大阪難波・奈良方面行き電車として3番線に入る。
『ホーム上乗換可』の表記をしているのは、2番線と5番線の両側にホームがあるため。例えば梅田方面に向かう場合、3番線の阪神なんば線電車から2番線の本線電車、さらに2番線の電車を通り抜けて1番線の本線電車に乗り換えられる。配線上は2番線と5番線が主本線だが、緩急接続の時は普通電車が本線(2・5番線)に入り、急行(1・6番線)の方が待避線に入る。2番線からは大阪難波方面へも発車できる。
本線⇔阪神なんば線・近鉄奈良線を直通運転する快速急行は6・8・10両編成で運転され、当駅で大阪難波・奈良寄りの2両もしくは4両の増結・切り離しを行い、本線の当駅-神戸三宮駅間は6両編成で運転される。
ホームの有効長は、1・2番ホームが近鉄車両6両対応の130m、2・3番ホームと4・5番ホームの4番線側が近鉄車両10両対応の215m、4・5番ホームの5番線側と5・6番ホームは阪神・山陽6両編成対応の120m。

利用状況


利用状況比較表

年度乗降人員増減数増減率
2008年(平成20年)度46,636人
2009年(平成21年)度47,813人+1,177人+2.5%
2010年(平成22年)度48,540人+727人+1.5%
2011年(平成23年)度48,620人+80人+0.2%
2012年(平成24年)度49,868人+1,248人+2.6%
2013年(平成25年)度49,500人-368人-0.7%
2014年(平成26年)度50,512人+1,012人+2.0%
2015年(平成27年)度51,468人+956人+1.9%
2016年(平成28年)度51,868人+400人+0.8%
2017年(平成29年)度52,687人+819人+1.6%


参考文献

※1 「ハンドブック阪神

隣の駅

本線


阪神なんば線

関連項目

阪神電気鉄道 阪神本線 阪神なんば線 兵庫県内の駅一覧

JR西日本の)尼崎駅は此処から北北東方向2㎞程先にある。

pixivに投稿された作品 pixivで「阪神尼崎駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 890

コメント