ピクシブ百科事典

神戸三宮駅

こうべさんのみやえき

兵庫県神戸市にある阪急電鉄と阪神電気鉄道の駅。メイン画像は震災前の阪急の駅。
目次[非表示]

概要

兵庫県神戸市中央区にある阪急電鉄阪神電気鉄道の駅。神戸市でのターミナル駅となっている。
JR三ノ宮駅神戸市営地下鉄西神・山手線神戸新交通ポートライナー三宮駅と隣接し、地下鉄海岸線三宮・花時計前駅とも連絡している。又、阪急・阪神両社での乗換案内では地下鉄西神・山手線が三宮駅の隣駅の新神戸駅から直通する北神急行電鉄についても案内される。
神戸高速線山陽電鉄線からは阪急・阪神双方の当駅に向かうことができるため、それぞれに社名を冠して案内している(梅田駅も同様)。
阪急・阪神共に現駅名への改称とともに駅番号も設定されている。
駅番号は、阪急はHK-16、阪神はHS 32となっている。

阪神電気鉄道

阪神電気鉄道本線の駅。
1905年に神戸駅(神戸雲井通駅とも)として開業し、1912年に滝道駅への延伸で三宮駅に改称したものの、1933年に地下化で神戸駅に名前を戻し、さらに1936年に元町駅への延伸で三宮駅に再度改称、2014年に現在の神戸三宮駅に改称した(改称の発表は阪急と同時だったがこちらのほうが実施は遅かった)。
ホームは2面3線で真ん中の線路は頭端式となっており、近鉄奈良方面行き快速急行が主に使用している。
地下化当初は4面3線の頭端式ホームを採用した。その後山陽電気鉄道とともに湊川への延伸を計画し、3線あるうち北側の2線を元町に延伸した。その結果、上下線の南側に折り返し線がある構造となり、2012年まで続いた。
湊川への延伸はかなわなかったものの、1966年に神戸高速鉄道東西線が開業したことで、阪神の電車が乗り入れるようになり、山陽電車も直通運転を開始した。
南側にあった折り返し線は、1965年から1974年まで運行された西大阪線(現在の阪神なんば線)西九条行き特急が廃止となってから使われなかったが、1980年代前半に快速急行の始発駅となったため、3番ホームが使われるようになった。1998年から2001年までは普通電車の折り返しに3番線が使われた。その後使われる頻度が少なくなったが、2009年3月20日に阪神なんば線が開業してからは、近鉄奈良線から阪神なんば線を経由して快速急行が毎日ここで折り返すようになった。
2007年10月から2013年3月20日まで改良工事が行われた。その一環として2012年6月2日に配線が変更され、真ん中の線路が2つのホームに挟まる現在の形となった。

のりば路線方向行き先備考
1本線上り甲子園尼崎・大阪(梅田)方面土曜休日朝の新開地発奈良行き快速急行3本も発車
2本線上り(当駅折り返し)甲子園・尼崎・大阪(梅田・難波)・奈良方面
  • 快速急行(毎日)
  • 特急(土曜休日1本)
  • 普通電車(土曜休日7時台・8時台の一部)
-本線2番線おりば専用
3本線下り高速神戸・新開地須磨明石姫路方面
阪急神戸高速線(旧:神戸高速鉄道東西線の阪急方面)との運賃調整のため、当駅〜元町駅では特別運賃となっており、また、高速神戸駅方面〜神戸三宮駅では阪急と同じ運賃とし、阪神神戸高速線(旧:神戸高速鉄道東西線の阪神方面)と阪神本線の運賃区界は当駅になっている。
近畿日本鉄道(近鉄)の車両は当駅までの運転で、近鉄線方面行きの阪神車は土曜休日に限り新開地駅から運行されている。山陽電気鉄道は山陽姫路駅〜当駅〜阪神梅田駅で直通運転している。

改良工事

2007年10月から以下の順に改良工事が行われ、2013年3月20日に完了した。

  1. 旧トンネルを撤去。
  2. 3番降車ホームを廃止し、2・3番ホームを東に延伸し拡張。構内配線を変更。
  3. 東改札を設置。
  4. 明石・姫路方面行き線路だった2番線を大阪・奈良方面行き折り返し線に変更し、折り返し線だった3番線を明石・姫路方面行き線路に変更。
  5. 0番ホームを東に移設。1・2番ホームを東に20m延伸する工事を開始。
  6. 0番ホームを撤去。その跡地に新たな1番線を敷く。
  7. 1・2番ホームを拡張。2番線の北側ホームを乗車用、南側ホームを降車用とする。
  8. 西口の北改札から南改札に駅長室を移転。近鉄の特急券売り場を駅長室に移設。
  9. 西口改札を新駅長室寄りに集約。切符売り場も新駅長室横に集約。
  10. 西口の定期券・高速バス乗車券売り場をかつて西口北側の自動券売機があった場所に移設。近鉄の特急券売り場を定期券売り場に移設。


阪急電鉄

阪急電鉄神戸本線と阪急電鉄神戸高速線の駅。当駅から東・梅田方面が神戸本線、西・新開地方面が神戸高速線。
1936年に西灘駅(現:王子公園駅)からの延伸で神戸駅として開業した。それまで神戸駅を名乗っていた駅は上筒井駅に変更している(後に廃止)。1968年に神戸高速鉄道東西線(現:阪急神戸高速線)開業により三宮駅に改称、2013年に現在の神戸三宮駅に改称した(改称の発表は阪神と同時だったが阪急京都線西山天王山駅開業にあわせたため、こちらのほうが早かった)。
ホームは2面3線で真ん中の線路は主に当駅折り返しの列車が使用している。ホームの案内は阪急の管理駅では唯一、号線ではなく番ホームと案内される。

のりば路線方向行き先備考
1神戸高速線下り高速神戸・新開地・山陽電鉄(須磨・明石・姫路)方面
2神戸高速線下り高速神戸・新開地・山陽電鉄(須磨・明石・姫路)方面原則として当駅止まり
3神戸本線上り西宮北口・大阪(梅田)方面当駅折り返し
4神戸本線上り西宮北口・大阪(梅田)方面主に新開地からの特急梅田行き

2010年までは神戸高速鉄道との共同使用駅だったが同年以降は神戸高速線の運営体制が変更されたため、阪急電鉄の単独駅になっている。運賃は神戸高速線が神戸高速鉄道だった名残から当駅で運賃体型が変わる。
山陽電気鉄道は当駅までの運転となっている。阪急車は山陽電鉄線へは現在は乗り入れていない(神戸高速線新開地駅までの運転)。
当駅の駅ビルは1995年の阪神淡路大震災により被害を受け、取り壊された。新駅ビルの建設計画がある。
この他、当駅付近の地下化の計画や、地下鉄西神・山手線西神中央駅方面との乗り入れの計画がある。

利用状況

近況

阪急電鉄

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は106,816人である。※1
  • 阪急の駅では梅田駅に次いで2位となっている。

阪神電気鉄道
  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は110,394人である。※2
  • こちらの阪神の駅では梅田駅に次いで2位となっており、利用者が増加傾向にある。

利用状況比較表

事業者名阪急電鉄阪神電気鉄道
年度乗降人員乗降人員
2008年(平成20年)度124,027人89,940人
2009年(平成21年)度118,241人90,537人
2010年(平成22年)度111,477人101,222人
2011年(平成23年)度111,454人102,323人
2012年(平成24年)度113,367人99,923人
2013年(平成25年)度112,377人101,058人
2014年(平成26年)度112,709人100,389人
2015年(平成27年)度113,651人105,098人
2016年(平成28年)度108,868人108,718人
2017年(平成29年)度106,816人110,394人


参考文献

※1 阪急乗降人員上位50位
※2 ハンドブック阪神

関連項目

阪急電鉄 阪神電気鉄道 神戸高速鉄道
阪急神戸線 阪神本線
三ノ宮駅 三宮駅 三宮・花時計前駅
神戸市 兵庫県内の駅一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「神戸三宮駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6459

コメント