ピクシブ百科事典

板倉東洋大前駅

いたくらとうようだいまええき

群馬県にある東武鉄道の駅。
目次[非表示]

概要

群馬県板倉町にある東武鉄道東武日光線
東洋大学板倉キャンパス(生命科学部・食環境科学部)最寄り駅。
地元住民からはイタトヨと呼ばれている。

東武日光線で唯一群馬県に所在し、県内最東端のである。当駅が設置されるまでは、東武日光線は群馬県を通過するだけであった。両隣の駅の所在地は、それぞれ埼玉県栃木県であるため、隣接する3駅連続で所在県が異なる(なお茨城県にあるJR東日本JR宇都宮線古河駅も似たような状況である)。

尚、当駅は群馬県最東端の駅となっており、隣接する古河市には茨城県最西端の駅となる古河駅がある。
因みに同県の最南端の駅は同社伊勢崎線川俣駅。(最北端は土合駅、最西端は大前駅。)

駅構造

島式2面4線の地上駅。
ホームは20m6両対応だが、10両分拡張可能な用地は揃っている。

乗り場路線方向方面備考
1・2東武日光線上り南栗橋東武動物公園北千住浅草方面1番乗り場が待避線
3・4東武日光線下り栃木東武日光・(鬼怒川線)新藤原・(宇都宮線)東武宇都宮方面4番乗り場が待避線

利用状況

  • 2016年(平成28年)度の1日平均乗降人員は4,208人である。
  • 2009年(平成21年)度に利用者が大幅に急減したが、その後利用者を再び増加させている。


年度乗降人員
2008年度4,580人
2009年度2,930人
2010年度3,154人
2011年度3,337人
2012年度3,606人
2013年度3,895人
2014年度3,925人
2015年度4,120人
2016年度4,208人

関連項目

コメント