ピクシブ百科事典

東急6000系

とうきゅうろくせんけい

ここでは、1980年代まで活躍していた初代東急6000系、および2008年から運用されている2代目東急6000系について解説。
目次[非表示]

東急6000系(初代)

鉄面画 弘南鉄道6000系


初代東急6000系は1960年に東急第2のステンレス車として登場した。ただし5200系と同様セミステンレス車体となり、1962年以降の製造はオールステンレス車の7000系へ移行したことから、6000系は4両編成5本・計20両の製造にとどまった。

将来の長編成化で分割併合になることを考慮して前面貫通構造にしたほか、東急では初めて両開き扉を採用した。

第1・2編成

この2編成は試作車としての性格が強く、第1編成は空気バネ台車・回生ブレーキ・1台車1電動機方式(0.5M方式)・撓み板式カルダン駆動装置など新機軸を採用した(A編成、機器類は東洋電機製)。第2編成は比較検討のため直角カルダン駆動装置を搭載した(B編成、機器類は東芝製)。

1984年にはこのうち6両がVVVFインバータ制御へ改造(9000系導入の布石)され、東急大井町線にて営業運転が行われた。この6両は1986年に試験終了・休車となり、営業運転に復帰することなく廃車された。なお、改造されなかった残り2両については量産車に組み込まれており引退まで活躍。

第3~5編成

量産車・1961年製。機器類は第1編成のものが採用された(C編成)。前面貫通構造であることを生かして、試作車の8両を含めて編成組み替えを何回か実施。1960年代後半から1970年代にかけて東急東横線東急田園都市線と活躍場所を転々として、最終的に東急大井町線東急こどもの国線での運用に落ち着いた。

1989年までに引退・除籍となり、4両編成1本は1993年まで日立製作所にて試験用途に用いられた。4両編成2本は弘南鉄道へ譲渡、「弘南鉄道6000系」となり、先頭車4両は営業運転に、中間車4両は部品取り車に回された。現在は1編成2両のみが現役。

東急6000系(2代目)

【HD東急14】大井町線の赤い流星【6000系Ⅱ】


2代目東急6000系は2008年の東急大井町線急行運転開始に備えて登場した。2代目5000系をベースとしたが、特徴的な前面・配色のデザインになった。6編成製造。

当初6両編成を組成していたが、2017年から2018年にかけて順次7両編成の組成へ変更。中間車1両を新規製造して組み込み、号車整理のための改番も実施された。大井町線の各駅停車は5両編成での運転のため、当初から専ら急行運用で使われている。

関連項目

東京急行電鉄 東急 6000系 急行
6020系 2020系東急2020系 5000系東急5000系 7000系東急7000系

関連記事

親記事

東京急行電鉄 とうきょうきゅうこうでんてつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東急6000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1586

コメント