ピクシブ百科事典

デュアルシート

でゅあるしーと

「ロングシート」「クロスシート」の両方に転換可能な座席のこと。
目次[非表示]

概要

混雑の激しい近郊区間の輸送と、閑散時間帯の観光輸送という相反する需要を両立させるために、近畿日本鉄道にて導入したのが始まり。座席を90度回転させることにより、「ロングシート」モードと「クロスシート」モードの両方に転換可能な構造とした。その後21世紀に入り、快適な車内環境を確保するための「着席保証」目的で、クロスシートモードによる座席指定列車が関東大手私鉄にて導入されている。

クロスシートモードでは概ね特急普通車のような座席になるが、基本的にリクライニングしない回転クロスシートにとどまる。但しクッションを厚くするなど、特別料金を取れるレベルは確保している(近鉄のようにデュアルシート車では特別料金を取っていない例もある)。ただし、2022年に京王電鉄がリクライニングできるデュアルシートを導入する予定とのこと。

歴史

このような車両そのものは1970年代の日本国有鉄道(国鉄)でも試行されている。旧形国電72系クハ79929号車が1972年に当時の吹田工場で改造され、国鉄片町線にて1977年まで運用された。

当時の特急車両である581系・583系は、「昼は座席特急、夜は寝台特急」の兼務可能にして車両運用の効率化を図ろうという発想で開発された。
同様の発想でクロスシート車とロングシート車の両方使いできるようにしたのが、デュアルシートであるが、現在のデュアルシート車のシートが「クロスシートの座席をロングシートにも用いる」デザインなのと異なり「ロングシートの座席をクロスシートにも用いる」ものであったため背もたれが低く不評を投じられ、量産化はされなかった。先述の1両も転換して使用されることは無かったという。

今日のデュアルシート車は、ロングシートモードでは背摺りが窓をかなり覆ってしまう点には目を瞑り、クロスシートモードの快適性を優先した作りとなっている。

デュアルシート搭載車両

営業開始年営業事業者形式・系列備考
1996年近畿日本鉄道2610系4両編成3本を対象に改造。2621編成はL/Cカー試作車
1997年同上2800系4両編成3本を対象に改造
1997年同上5800系基本6両編成、名古屋線所属の5812編成のみ4両編成
2000年同上5820系シリーズ21・6両編成
2002年JR東日本205系3100番台仙石線向けの一部編成を対象に改造。2WAYシート
2008年東武鉄道50090型座席指定列車「TJライナー」向け。「川越特急」運用では追加料金不要ながらクロスシートモードとなる。
2017年西武鉄道40000系座席指定列車「S-TRAIN」「拝島ライナー」向け。0番台のみ
2017年京王電鉄5000系(2代)座席指定列車「京王ライナー」向け。
2018年東急電鉄6020系有料座席指定サービス『QSEAT』のデハ6320形
2019年同上6000系有料座席指定サービス『QSEAT』のデハ6300形のうちの一部
2020年東武鉄道70090型座席指定列車「THライナー」向け。
2020年しなの鉄道SR1系1次車の2両編成3本のみ
2021年京浜急行電鉄1000形(2代)1890番台4両固定編成のうちの一部

関連記事

親記事

クロスシート くろすしーと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デュアルシート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2337

コメント