ピクシブ百科事典

東武70000系

とうぶななまんけい

東武鉄道の通勤型電車。東京メトロ日比谷線直通の新型車両。2017年7月運行開始。

概要

1988年に導入された東武20000系シリーズ以来28年ぶりとなる、日比谷線直通用の新型車両。また、東武としては東武60000系以来3年ぶり。2017年7月運行開始。

東武鉄道は2015年6月17日、日比谷線の相互直通運転車両について、新型車両の形式名称と基本的な仕様を決定したと発表。現在、3扉車両と5扉車両(前2両・後2両)が混在する直通車両のすべてを4扉車両(20m化7両編成)に統一。車両機器や車内の主要設備について仕様の共通化を進めるために当形式を投入することになった。

車内は、1人あたりの座席幅の拡張や座席横仕切りの大型化等による座り心地の向上、全車両フリースペースの設置、および車端部の座席を全て優先席とするなど、様々な乗客に配慮した仕様となる。ドア上には17インチのLCDを3画面採用。これは海外からの利用客が増加していることで、乗換案内・駅設備案内の多言語化、ニュース・天気予報などの情報をより多く・わかりやすく提供するためだとしている。3画面の使用方法は銀座線の1000系のそれといった感じになる。

車体については、東武20000系で帯として使用していた「ロイヤルマルーン」をの原色の帯に分離させ、現代的なイメージを施した車両となる。

2017年度(平成29年)には7両編成10本(70両)、2018年度~2019年度にかけて7両編成22本(154両)が投入される予定となっている。
尚、70000系によって地下鉄運用から離脱した東武20000系は18m車の特性から4両編成に短縮された上でローカル線に転用し、東武8000系を置き換える予定となっている。

関連項目

東武鉄道 東武スカイツリーライン 東武20000系 東京メトロ13000系 近畿車輛
70000系:表記揺れ

pixivに投稿された作品 pixivで「東武70000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2238

コメント