ピクシブ百科事典

東武8000系

とうぶはっせんけい

東武鉄道の車両である。製造両数の多さからついた別名が「私鉄の103系」。
目次[非表示]

概要

東武8000系電車は、1963年(昭和38年)11月1日から導入された東武鉄道通勤形電車である。混雑具合を解消するため、4ドア20mの長さとなった。(片開きの20m4扉車としては7300系7800系が既に存在した)

この形式の一番の特徴が、謎の製造数(712両:私鉄車両としては第1位)である。20年間で3,000両以上製造された国鉄103系(20m両開き4扉車の通勤形電車というコンセプトも共通、そして運行開始も同年である)になぞらえて「私鉄の103系」と呼ばれることも。多すぎて車両番号でインフレを起こした(番号は「8XXXX」表記)。
ちなみに東武野田線は、10000系以降の形式の運行に設備が対応していなかったため、近年まで長らく8000系の天下となっていた。
8000系が多すぎた影響からか後の通勤車両が9000系列を除き全て5桁になったのは言うまでもないだろう。

新性能電車ではほぼ当たり前といえる電気ブレーキを搭載しておらず、制動力は踏面ブレーキのみ。平坦線ならそれでも十分だが、延々と続く下り勾配区間で踏面ブレーキを使いつづけると・・・。後は言うまでもないだろう

台車

台車にはTD撓み板継手中空軸平行カルダン駆動を採用している。

車体修繕

1986年から2007年にかけて経年による陳腐化解消のため車両の修繕工事が施工された。この修繕工事はJR東日本JR西日本が国鉄から継承した103系113系115系等の更新・延命工事の手本になったといわれている。(JR西の方の体質改善は阪急のリニューアル工事の影響を受けたとの意見もある。)
1987年の物から前面を6050系に似たデザインに改造。内装一新。運転台変更といろいろハッスルしすぎである。

ワンマン化改造

10000系列などの後継車を投入すると8000系を支線へ左遷していったが、同時にワンマン運転対応に改造していった。このほか、派生系列として800系と850系が生まれた。電動車の比率の都合から、8両編成1本から3両編成を2本作り、余った中間車2両を廃車にした。800系と850系は5編成ずつ在籍。

廃車

新系列車両によって置き換えが進み、一番多く残っていた東武野田線にも置き換え用の60000系によって廃車が大量発生している。これで東武版古い車両を大切に末長く使いましょう計画も終了すると思われる。

保存編成

東武東上線で最後まで原型の前面を保ち続けていた8111編成は、同線での定期運用を終えた後本線に移り、登場当初の塗装にリバイバルされた。この編成は東武博物館所属の動態保存車という位置づけで、主にイベント列車などで活躍している。

秩父鉄道乗り入れ

8000系の一部(2両固定編成の8505編成、8506編成)には秩父鉄道乗り入れ対応で秩父鉄道専用のATS(東武のATSとの互換性無し)を装備している。嘗て秩父鉄道には黄色い鉄道集団以外にも東武鉄道も乗り入れ運転をしていたが、黄色い鉄道軍団が乗り入れメインとなったため現在は伊勢崎線と東上線との車両の入れ替えや新車搬入(熊谷貨物ターミナルから秩父鉄道を経由する)のみとなっている。

関連イラスト

東武8000系
電車



関連タグ

東武 野田線 8000系 103系
5000系5050系7800系の車体更新車。8000系と同じ車体で吊り掛け駆動

pixivに投稿された作品 pixivで「東武8000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19887

コメント