ピクシブ百科事典

東武20000系

とうぶにまんけい

東武鉄道が保有・運用している通勤形車両。ここでは改造車「東武20400系」についても解説。
目次[非表示]

東武20000系

東武鉄道が東京メトロ日比谷線との直通運転用として1988年(昭和63年)にデビューした車両。全車ステンレス製。カーブのきつい日比谷線に対応するため、先代の2000系に続き18メートル車体8両編成という異色の存在である。また、勾配の多い地下鉄線を走るため、東武鉄道では唯一MT比が3:1の6M2T構成で製造された。
運行区間は東武伊勢崎線南栗橋駅/東武動物公園駅〜北千住駅〜東京メトロ日比谷線中目黒駅。東京急行電鉄の保安装置は積んでいないため、中目黒~菊名間の東急東横線に直通運転していた時代でも、この区間には入らなかった。

なお、車両形式は「20000系」であるが、8両固定編成であるため10000系以来の慣習に基づき百の位は「8」となり、番号は「2X8XX」で表されている。

20000型

デビュー当初のグループ。基本的な構造は2000系と同じで18メートル車体3扉の8両編成。制御方式は10000系・10030系などと同じチョッパ制御。13編成を製造した。

20050型

日比谷線の混雑に対応するため、20000型のマイナーチェンジ車として登場した。東武鉄道の「仕様変更を行うと形式も変える」というルールにより形式番号こそ別だが、基本設計はほぼ同一。
8両のうち両端の2両ずつを5扉に変更し、行先表示機が幕式からLEDに、制御方式もVVVFインバータ制御に変更されている。扉が増えたのは、当時、日比谷線内でホームの端に階段がある駅が多いせいで混雑が悪化し始めていたためで、この時代に増備された日比谷線の03系にもこの仕様が見られる。
また、登場当時は、現在ではすっかりおなじみとなったドア上液晶を先駆的に採用。のちに劣化のため取り外され、広告枠期間を経たのちスクロール式LED表示機に交換されたものの、当時としては画期的であり、注目された。8編成を製造した。

20070型

日比谷線の直通本数増のため20050型のマイナーチェンジ車として製造された20000系列の最終増備グループ。全車両が3扉に戻り、ドア上にスクロール式のLED表示機を標準で取り付け、パンタグラフもシングルアームパンタに乗せ換えられたほかは20050型と同一。3編成を製造した。

東武20400系

日比谷線用の車両を4扉車へ統一する目的で、東武側は70000系を、東京メトロ側は13000系をそれぞれ投入することに決定。本系列は代替されることになったが、東武ではまだ比較的古い8000系がまだ大量に残っていることから、編成短縮改造・リニューアル工事を受けて支線区へ転用することにした。
なお、車両形式の「20400系」の名称は4両固定編成にちなむものである。こちらも10000系以来の慣習に基づいている。

転用改造に際し制御方式が2種類で混在するため、20000型は中間車をすべて廃車のうえ、20050型・20070型から余ったVVVFインバータ制御の中間車と20000型の先頭車で編成を組成し、全車両をVVVFインバータ制御に統一させる方針にした。
運行区間は東武日光線南栗橋駅以北と東武宇都宮線。編成は8両編成から4両編成へ短縮され、リニューアルに合わせ外観も大きく変更された(改造内容は車体色の変更、ドアボタン新設、前照灯LED化と先頭車スカート装着など)。

20410型

4両編成・10番台は先頭車含め純粋なVVVFインバータ制御編成である20070型からの改造グループである。

20420型

4両編成・20番台は20070型から余ったVVVFインバータ制御の中間車と、20000型の先頭車で編成を組成したグループである。20000型と20070型はクーラーキセの形状など一部仕様が異なるため別番台となった。

余談

20000系列のパーツは予備も含めて相当数作られており、余剰となった分はあちこちに譲り渡され、活用されている。

伊予鉄道では、元京王の旧型車置き換え用として製造したオリジナル車の610系2両編成2本が、側面を20000系と同一の規格品を使用しているほか、20000系によって日比谷線から置き換えられた2000系が、20000系と同一規格の前面形状にリメイクされた上で東武野田線に転用、2080系として少しの間使われていた。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「東武20000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5924

コメント