ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

銀座線車両は丸ノ内線車両とは違って小形なため、改修工事に合わせた新形機器が搭載できないという問題点、そして銀座線の昇圧計画などがあり、01系を廃車にすることが決まり、その置き換え用として2012年に登場した。2013年鉄道友の会ブルーリボン賞受賞車両。

外観は銀座線が「東洋初の地下鉄路線」として開業した時の「東京地下鉄道1000形」(以下、旧1000形)と、戦後1959年から平成の世の1993年まで長く銀座線の「顔」を努めた「営団2000形」(以下旧2000形※)をベースにアレンジしたものが採用された。アルミニウムのダブルスキン構体の上から、側面と屋根部にカラーシートでラッピングが施されている(妻面は無塗装)。そして窓下にラインカラーであるオレンジの帯を配してアクセントとした。
ヘッドライト(前照灯)はLEDだが、腰部左右端装着の流行に反して、旧2000形の最終時の姿を模した前面中央上部の箱型2連となっている。
一方、10000系、16000系のデザインとは異なる、前面の非常扉を右側(向かって左側)にオフセットしたシンプルな丸切妻の前面は01系と共通し、事実上銀座線の3世代の主役のイメージを4世代目としてすべて継承した形になる。


制御装置はIGBT素子によるVVVFインバータ制御、またモーター(主電動機)は02系改修工事車で採用されたPMSM(永久磁石同期電動機)を使用。6両編成すべてが電動車ながら、モーターは先頭車に1台、中間車に2台の実質「2.5M3.5T」相当とした。車内は同社の10000系16000系を踏襲した箇所が多く、こちらも照明器具はすべてLEDとした。ちなみに、MT比適正化のためモーターを1台車1基搭載したのも旧1000形以来である。

その後の変化

  • 2016年落成の第34編成以降から、案内表示装置をそれ以前の編成の2画面から3画面へ変更。それ以前に製造された編成も順次2画面から3画面への改造が行われている。
  • 浅草寄りの先頭車は「1600形」として登場したが、2015年に「1000形」へ形式変更。
  • 行き先表示器は前面・側面とも「行き先」のみの表示であったが、2016年に「駅ナンバリング・行き先」の表示に変えている。


特別仕様車(第39・40編成)

特別仕様のカステラ
地下鉄銀座線


01系は最大38編成が在籍していたが、ホームドア導入による運用増加のため、2編成多く製造されることになった。第39・40編成については、イベント対応車(特別仕様車)としてこれまでの38編成よりも旧1000形のイメージに近づけたデザインになっている。前照灯の形態変更や車体前面・側面の窓周りのカラーの変更をはじめ、車内に関しては木目調の内装、シートや手すり、荷棚などの配色も変更。吊り手は扉付近など一部を除き、旧1000形の「リコ式」を模擬した形状となった。イベント用の予備灯も車内に設置されている。

関連タグ

東京メトロ東京地下鉄 1000系 01系 銀座線

関連記事

親記事

東京メトロ とうきょうめとろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東京メトロ1000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5540

コメント