ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

京急600形

けいきゅうろっぴゃくがた

京浜急行電鉄の車両。京急600形は1950年代に作られた初代と、京急初の高性能車両の700形を改番した二代目と1994年から1996年に作られた現行の三代目がある。
目次 [非表示]

初代600形(後に400形に改番・編入)編集

1953年に登場した3扉ロングシート車両。

2扉クロスだった500形の片開き3扉ロングバージョン…といえば、現代の京急っ子に軽いデジャヴを呼び起こすかもしれない。

500形と同じく吊り掛け駆動車両で、2両編成×16編成(32両)が製造された。1953/1954年に製造された初期車は500形と同じ半鋼製だったが、1957/1958年に製造された後期車は先に登場していた700形初代(後述する600形2代目)に準じた車体となり、全金属製にされた。

塗装は赤い車体に白い帯となり、後に京急車のイメージカラーとなった(登場当初はダークバーミリオンだったので現在より少し暗めの色であった)。


1965年に4両固定化や走行性能強化改造がされ、同時に車番整理され440~490番台に改められて400形に編入することになった。

その後、本線の普通列車や京急大師線/京急空港線で運用されていたが、800形2代目の増備に追われて1986年に全車廃車となった。全て解体され現存車はなし。


2代目(元々は700形初代)編集

快速特急!

1956年ごろに登場した片開き2扉クロスシート車両。京浜急行電鉄初の高性能カルダン駆動電車(現代の大半の車両が採用している方式で、モーターが台車側についている)。

元々は2M0Tの2両編成であったが、後に改造されて4両固定編成となる。前面は500形・600形初代と同じく湘南顔で、後の800形初代(=旧1000形)にも受け継がれる。

当初は700形初代として誕生したが後に本形式に改番され、同時に600形初代は400形に編入となった。

500形の流れを受け継ぎ、ハイキング特急→快速特急などの優等列車の花形として、品川から浦賀までノンストップなどの過酷な運用をこなす。

後継の2000形が誕生すると、それの増備に追われる形で廃車が進み、1986年に(奇しくも600形初代と同じく、そして何故か500形よりも早く)全車が運用を退き、引退となった。


神武寺駅の近くにある公園に601号車が存置されている。


冷房増設改造済だったもの(605+608、609+612、613+616の計6両)はことでんに引き取られ、高松琴平電気鉄道1070形として運用されており、2011年に廃車された609→ことでん1075+612→ことでん1076の2両を除く計4両は今も元気である。


3代目600形編集

京急600形

現役の600形。1994年に登場し、京急1500形と同じく旧1000形を置き換えるために製造された。

8両編成8本と4両編成6本の計88両が製造された。

側面塗装は京急2000形と同じ「ベースが赤色+窓周りがクリーム色」が採用された。

都営地下鉄一号線(浅草線)協定に基づき、非常用脱出扉を備えた片側両開き3扉の18m車8両編成で登場。4社局直通運転が可能となっている。

内装はオールクロスシートであった。当時はバブル経済によって混雑が激化していた時代であり、多扉車や広扉車を投入していた他社とは対照的であった。


1500形1700番台で培ったアルミ車体とVVVFインバータ制御を踏襲し、さらに快速特急の120km/h化を控えた新・京浜急行を象徴する意欲作であった。


特徴編集

  • 徹底的に丸っこく仕上げたバルーンフェイスを採用。ワイパーカバーは灰色だったが視認性向上のため白色に変更され、更新工事の際に「600」の打抜き文字が追加された。このバルーンフェイスは後継車両の2100形新1000形に引き継がれ、1800番台が誕生するまでずっとこの顔であった。現在の京急の顔を作り上げた形式といえる。
  • 普段はボックスシートだが、ラッシュ時には車掌のスイッチひとつで2人掛けボックスシートが折り畳まれて1人掛けになり、立ちスペースが増える「ツイングルシート」を搭載。これによってラッシュ時の乗降と日中の快適性の両立を目指した。(※1)しかし変形機構のため座席が硬くなり座り心地が低下。また、都営地下鉄から使用禁止を宣告されたため直通運転に使用する際は全座席展開が原則となった。長所が失われたため4次車では固定クロスシートに変更され、2002年に固定化、2004年にロングシート化改造されてしまった。
  • 車両間の連結面に大型のダンパーを設置。横揺れを制して乗り心地を向上させた。しかし激しい騒音を出したため撤去され、車体更新の際に取り付け用のタブも削ぎ落とされたため現在は跡形もなくなっている。
  • A快特として運用される際に片側3扉の中央を締め切り(※2)、2000形と同じ2扉車として運用した。しかし、実際にやってみると乗客の混乱に繋がり、ホームでの誤整列も続出したため早々に中止された。
  • 旧1000形で実験した結果をもとに軸梁式台車を全面的に採用。だがリンクの機械的自由度が裏目にでて、異種混合連結時だけでなく、電動車と中間付随車との間にもブレーキ時に猛烈な前後衝動を誘発するようになり、以後二度と採用されなかった。
  • 4次車からは4両・6両・8両編成に設計変更を行わずに対応できるように機器構成が大幅に変更された。出力を120kWから180kWに変更し、MT比を3:1から1:1とした。(※3)この機器構成は新1000形2次車まで引き継がれた。
  • 608編成にトレインビジョンの一種「メディアルトラン」を実験的に装備。

(※1) 後に新1000形1890番台でリベンジを図っている。


(※2) 「このドアは開きません」と表示される電光表示装置が搭載されていたが、2扉扱い中止と同時に撤去された。


(※3) これによって起動加速度がそれまでの3.5km/h/sから3.3km/h/sに落とされた。2100形以降はシーメンス製190kWを採用したため3.5km/h/sに戻っている。


登場当初こそは本形式ならではの設備が多かったが、殆どが失敗し、現在は新1000形に近い仕様となってしまっている。

だが新しい挑戦には常にリスクと失敗が付きまとう。失敗の多くは放置されること無く、追加工事・交換・そして撤去によって、600形はより洗練された形となる。本形式の最終評価が如何なるものであるかは、その新機軸の多くが後継車両2100形や新1000形に受け継がれていることからも明らかであろう。


編成表編集

  • 8両編成(8F)
号車ワイパーカバートレインビジョンシート形状動力車比率その他
601-1~601-8鉄灰色→白色→600打抜なし→LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2T
602-1~602-8鉄灰色→白色→****600打抜なし→液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2T
603-1~603-8鉄灰色→白色→****600打抜なし→LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2T
604-1~604-8鉄灰色→白色→****600打抜なし→LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2T
605-1~605-8鉄灰色→白色→****600打抜なし→液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2T
606-1~606-8鉄灰色→白色→****600打抜なし→LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2Tブルスカ
607-1~607-8鉄灰色→白色→****600打抜なし→LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2T
608-1~608-8白色→600打抜メディアルトラン⇒LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚補助席付ボックス→ロング4M4T異端車

  • 4両編成(4F)
号車ワイパーカバートレインビジョンシート形状動力車比率その他
651-1~651-4白色→600打抜なし→LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚補助席付ボックス→ロング2M2T
652-1~652-4白色→600打抜なし→液晶モニタ2枚→1枚補助席付ボックス→ロング2M2T
653-1~653-4白色→600打抜なし→液晶モニタ1枚補助席付ボックス→ロング2M2T
654-1~654-4白色→600打抜なし→液晶モニタ1枚補助席付ボックス→ロング2M2T
655-1~655-4白色→600打抜なし→液晶モニタ1枚補助席付ボックス→ロング2M2T
656-1~656-4白色→600打抜なし→液晶モニタ2枚→1枚補助席付ボックス→ロング2M2T

運用編集

8両編成は快特などの優等運用を中心に使用され、都営浅草線京成線北総線へ乗り入れる。

停車駅予報装置が製造当初から搭載されているため京成本線成田スカイアクセスの運用にも使用され、成田空港駅まで乗り入れることが可能。新1000形10次車が登場するまではオンリーワン状態であった。


4両編成は優等列車の増結や普通運用、4×2の8両編成でエアポート急行などの運用に使用され、稀に大師線運用にも使用される。

1998年-1999年に「エアポート初日号」として都営浅草線、京成押上線・金町線に乗り入れたことがある。


余談編集

606編成は"Blue Sky Train"(通称ブルスカ)として運行されている。塗装は側面の窓回りも含めて青一色。


実は京急初のオールクロスシートだったりする。

2代目600形以前は全てセミクロスシート車であり、2000形は運転席後部がロングシートであったため、オールクロスシートではなかったのである。

現在は前述の通り、一部座席のロングシート化によって先輩達と同じセミクロスシートとなっている。

ちなみに実車のツイングルシートは全て撤去されてしまったが、神奈川新町駅構内の京急の育成センター内にある600形シミュレータ客室内にはツイングルシートが現在もある。


本形式は1994年~1996年のたった2年間しか製造されなかったが、2100形の製造完了後に再び本形式を製造する計画もあった。しかしツイングルシートの失敗やラッシュ時の運用に向かないことから断念され、新1000形が誕生することになる。


関連タグ編集

京浜急行電鉄 京急 600形


  • 名鉄6000系(名古屋鉄道):京急600形のクロスシートによる快適通勤は、奇しくも名鉄6000系と近似のコンセプトで設計されたが、前者はクロスシートが大きく、後者は小さく(末期は大型化)どちらも失敗に終わっている事から、快適通勤の理想と現実の違いを痛感させられる。
  • L/Cカー(近畿日本鉄道)/デュアルシート:クロスシート車ながら、ロングシートモードにすることで使い分け・両立を成功させた例。京急も後に新1000形1890番台で採用。

関連記事

親記事

京浜急行電鉄 けいひんきゅうこうでんてつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3823

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました