ピクシブ百科事典

600形

ろっぴゃくがたまたはろっぴゃくけい

鉄道車両の形式のひとつ。
目次[非表示]

ここでは代表的な車両を紹介。なお、名古屋鉄道の車両についてはモ600の記事を参照。

京急600形

初代(後に400形に改番・編入)

1953年ごろに登場した3扉ロングシート車両。
2扉クロスだった500形の3扉ロングバージョン…といえば、現代の京急っ子に軽いデジャヴを呼び起こすかもしれない。
2両編成の吊り掛け駆動の車両。最初は木造の金属装甲だったが、徐々に鉄分が増えて1958年には中身も含めてフルメタルとなる。前面は湘南顔と呼ばれる巨大な左右の四角窓。
後に600形2代目の登場と前後して形式を440~490番台に改め、400形に編入することになる。
その後長きにおいて充実した普通車生活を送っていたが、冷房が無いという致命的問題のために、800形2代目の増備に追われて1986年に全車廃車となる。
本形式より塗装が「ベースが赤色+窓の下に細い白線」に置き換えられ、その後の京急標準塗装となる。

2代目(元々は700形初代)

快速特急!


1956年ごろに登場した2扉クロスシート車両。京浜急行電鉄初の高性能カルダン駆動電車(現代の大半の車両が採用している方式・モーターが台車側についている)。
105km/hで爆走していた吊り掛け駆動500形の駆動方式変更バージョン…といえば、現代の京急っ子に軽いデジャヴを呼び起こすかもしれない。
元々は2M0Tの2両編成であったが、後に改造されて4両固定編成となる。前面は500形・600形初代と同じく湘南顔で、後の800形初代(≒旧1000形)にも受け継がれる。
当初は700形初代として誕生したが、後に本形式に改番され、先述のとおり600形初代は400形に編入となった。
500形の流れを受け継ぎ、ハイキング特急などの優等列車の花形として、品川から浦賀までノンストップなどの過酷な運用をこなす。
本形式の流れを受け継いだ2000形の増備に追われる形で1986年、奇しくも600形初代と同じく、そして何故か500形よりも早く全車が運用を退く。ただし冷房増設改造済だったものはことでんに引き取られ、今も元気である。
なお神武寺駅の近くにある公園に601号車が存置されており、ヤンキーの遊び場となっている。

3代目

京急600形


現役の600形。1994年に登場し、いろんな紆余曲折を経て88両が製造された。良くも悪くも現在の京急の顔を作り上げた形式といえる。
8両編成8本と4両編成6本で構成され、編成記号はそれぞれ「8F」「4F」で表される。
側面塗装には「ベースが赤色+窓周りがクリーム色」が採用された。
都営地下鉄一号線(浅草線)協定に基づき、非常用脱出扉を備えた片側3扉の18m8両で登場。4社局直通運転が可能となっている。
だがオールボックスシート構成でラッシュ時の都営地下鉄に突っ込んでいたというから無茶苦茶である。

1500形1700番台で培ったアルミ車体とVVVFインバータ制御を踏襲し、さらに快速特急の120km/h化を控えた新・京浜急行を象徴する意欲作であった。

  • 21世紀の電車は弁当箱じゃ駄目!といわんばかりに、徹底的に丸っこく仕上げた灰色のバルーンフェイス。
  • ラッシュ時には車掌のスイッチひとつで2人掛けボックスシートがバキバキと折り畳まれて1人掛けになり、ドア前スペースが増えるという魔法の「ツイングルシート」を搭載。
  • 車両間の連結面に大型のダンパーを設置。横揺れを制して乗り心地を向上。
  • 日中や休日は片側3扉の中央を締め切り、擬似2扉車両として運転。「このドアは開きません」の電光表示つき。
  • 旧1000形で実験した結果をもとに軸梁式台車を全面的に採用。足回りの軽量化は気にいらねえが、コストダウンと聞いちゃあ黙ってられねえ。
  • 608編成にトレインビジョンの一種「メディアルトラン」を実験的に装備。

だが結果的にそのほとんどがスベって追加工事・交換・そして撤去の憂き目にあっている。
  • 灰色のバルーンフェイスは遠くから目立たず危険なので、すぐにワイパーカバーが白に変更された。2010年には後輩達のデザインを逆輸入する形で「600」の打抜き文字が追加された。文字位置が若干内側に寄っており、そこはかとなくダサい。
  • ツイングルは文字通り折畳パイプ椅子並の座り心地であり、ハズレを掴んだ客の尻が遺憾なことに。しかも折りたたむためには一旦回送にして引き上げる必要があったため、引き上げる機会が極端に少ない都営地下鉄が拗ねて使用禁止にしてしまった。その結果ツイングルは実力を発揮することも無く、608編成以降は変則クロスシート+補助椅子に設計変更され、さらに2005年より順次ロングシートに改造されていった。
  • ダンパーは激しい騒音を出し、乗り心地云々以前にギーギーバコバコ言ってて怖いともっぱらの評判になったので撤去。車体更新のときに取り付け用のタブも削ぎ落とされて跡形もなくなった。
  • 中間扉締め切りは、着席定員が増えるでもなく、2ダァの雰囲気が味わえるでもなく、よくよく考えると、只々意味不明であった。ホームでの誤整列も続出した。何故付けた。
  • 軸梁式台車はそのリンクの機械的自由度が裏目にでて、異種混合連結時だけでなく、電動車と中間付随車との間にもブレーキ時に猛烈な前後衝動を誘発するようになり、以後二度と採用されなかった(他と違って撤去や交換ができない分、一番たちが悪いかもしれない)。
  • メディアルトランはドア上の実験を終え、2100形の天井設置タイプに受け継がれた(こちらもすでに撤去済)。一応成功?

そんなお茶目な本形式にも、オンリーワンの特技があった。それは、京成本線成田空港駅への乗り入れである。本形式は京成電鉄が使う「次駅停車予報装置」を標準装備しているため、京成車両と同じ運用が許されたのである。(※1)
成田空港行きがスカイアクセス線(成田スカイアクセス)経由となった現在も、一度は手放した多国語対応のトレインビジョンをしっかり再配備し、「赤い電車」は日本の看板としての重責を果たし続けている。
(※1) 後に新1000形(8VF仕様)も同機器を装備して同じ運用を始めたので、本形式のオンリーワン扱いはすでに終わっている。

新しい挑戦には常にリスクと失敗が付きまとう。失敗の多くは放置されること無く、追加工事・交換・そして撤去によって、600形はより洗練された形となる。本形式の最終評価が如何なるものであるかは、その新機軸の多くが後継車両2100形新1000形に受け継がれていることからも明らかであろう。
600形自身も、本線快特・ラッシュ用長大編成・他社局乗り入れ・成田空港アクセス・高機動普通車・そして横浜方面の南エアポート急行として全編成が一日中フル活用されており、何でもこなせる人気形式の一つである。
だからかつて夕ラッシュ時に12両オールクロスの快特が来た・653編成のシートがガムテープで補修されていた・発車停車時にT車が前後にガクンガクンして怖い・液晶2枚あったはずなのにいつの間にか減ってね?等、ネガティブな思いをした方々も、どうか水に流してやってほしい。

余談

  • 606編成は"Blue Sky Train"と称して青い。通称ブルスカ。ワイパーカバーは白いままだが、側面は窓回りも含めて青一色なので注意。広告用車両なので大抵はラッピングされている。
  • 2015年1月より、前面の種別行先表示が幕式からフルカラーLEDに交換された。先のワイパーカバーの「600」追加やスカートの小型化とも相まって、ますます1000形に近づいてきている。


  • 8両編成(8F)
    号車ワイパーカバートレインビジョンシート形状動力車比率その他
    601-1~601-8鉄灰色→白色→600打抜なし→LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2T
    602-1~602-8鉄灰色→白色→****600打抜なし→液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2T
    603-1~603-8鉄灰色→白色→****600打抜なし→LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2T
    604-1~604-8鉄灰色→白色→****600打抜なし→LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2T
    605-1~605-8鉄灰色→白色→****600打抜なし→液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2T
    606-1~606-8鉄灰色→白色→****600打抜なし→LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2Tブルスカ
    607-1~607-8鉄灰色→白色→****600打抜なし→LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚ツイングル→ロング6M2T
    608-1~608-8白色→600打抜メディアルトラン⇒LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚補助席付ボックス→ロング4M4T異端車

  • 4両編成(4F)
    号車ワイパーカバートレインビジョンシート形状動力車比率その他
    651-1~651-4白色→600打抜なし→LED1行⇒液晶モニタ2枚→1枚補助席付ボックス→ロング2M2T
    652-1~652-4白色→600打抜なし→液晶モニタ2枚→1枚補助席付ボックス→ロング2M2T
    653-1~653-4白色→600打抜なし→液晶モニタ1枚補助席付ボックス→ロング2M2T
    654-1~654-4白色→600打抜なし→液晶モニタ1枚補助席付ボックス→ロング2M2T
    655-1~655-4白色→600打抜なし→液晶モニタ1枚補助席付ボックス→ロング2M2T
    656-1~656-4白色→600打抜なし→液晶モニタ2枚→1枚補助席付ボックス→ロング2M2T

福井鉄道600形・610形

福井鉄道の600形は、名古屋市交通局名城線の1100形1200形を両運転台化、架線集電式、冷房化、ワンマン化したもの。すごい魔改造である。2両を導入した。同タイプの610形は片運転台の2両編成で、こちらは1編成を導入している。
600形・610形共にF1000形FUKURAM」へ置き換えられ、現在は602号車のみが定期運用を持たないイベント対応車・予備車として残存している。

京阪600形

京阪電気鉄道が昭和初期に製造した急行列車用の車両。インターアーバンタイプの路面電車から発展したような車両だった。戦後に更新工事を受け600系(2代)となったが、1983年の本線昇圧で運用離脱、廃車となった。

帰り道Ⅱ


3代目は石山坂本線で活躍する2両固定編成の車両。書類では新造扱いだが実は260形300形を改造したものなのだ・・・製造から50年近く立つのでもうそろそろ廃車だと思われるが・・・

叡山電鉄デオ600形

叡山電鉄(京福電鉄叡山線)デオ300形・デオ600形


叡山電鉄(当時は京福電気鉄道叡山線)の通勤電車。車両製造メーカーは武庫川車両工業。
1979年から1980年にかけて、デナ500形の下回りを流用して新製した。2008年引退。

富山ライトレールTLR0600形

短時間挑戦 2143


2006年の富山ライトレール開業時からの車両。愛称「ポートラム」。2007年に鉄道友の会からブルーリボン賞を受賞。8編成が導入され、編成ごとにカラーリングが異なる。富山地方鉄道のデ9000形は同車と共通設計で、富山ライトレールの吸収合併後は富山地方鉄道籍となる。

西日本鉄道600形(鉄道線)

※読みは「ろっぴゃくけい」

初代(のちに1300形に改造)

西鉄600形(初代)


1951年に大牟田線の急行列車用に3両編成2本が製造された。
特徴として国鉄52系モハ52形のような流線形の先頭車だが、モハ52形に比べてツリ目な表情であった。しかし、1959年の特急運転開始に伴い当時の1000形だけでは車両不足となったため、600形の先頭車と新たに製造された中間車と組みあわせて1300形に改造された。なお、この1300形は1986年に廃車された。また、1300形化の対象から外された中間車は300形の中間車として組み込まれて1984年に廃車となった。

2代目

2両編成の電車~西日本鉄道貝塚線600系電車

(貝塚線転属後)
大牟田線向けに1962年から製造された19m車体3ドア車。1M方式のため、2両編成から1両単位で増結が可能。大牟田線の輸送力増強のため1972年まで増備された。1972年に製造された最終増備車は西鉄初の冷房車両。合計57両製造された。
1989年に甘木線でも使用が開始され、甘木線の主であった200形を置き換えた。その後大牟田線からの転属という形で1990年から宮地岳線(現・貝塚線)にも投入され、旧型車両を置き換えた。後継車両の登場により甘木線では2004年に、天神大牟田線では2006年に撤退した(天神大牟田線では2014年まで事業用車【救援車兼架線検測車】として1編成が残存していた)。なお、貝塚線では2015年に本形式に統一された(天神大牟田線にいた事業用車を営業用に再改造して残存した313形を置き換えた)。

西鉄600形(2代目) ク653号車


なお、「57両製造」と述べたが、このほかに小形の100形ク156号車を改造編入したク653号車も600形の一員として1975年まで在籍していた。

西日本鉄道600形(軌道線)

※読みは「ろっぴゃくがた」

ワンマン


1950年から1953年にかけて北九州線向けに製造された路面電車。従来あった木造車両を置き換えるために50両製造された。1000形連接車と並び北九州線の主力車両であったが、部分廃止に伴い次第に数を減らし、2000年の北九州線全廃まで活躍した。

江ノ島鎌倉観光600形

江ノ島電鉄(江ノ電)が、前身の「江ノ島鎌倉観光」時代に保有していた電車。元・東京急行電鉄デハ80形。 ⇒江ノ電600形

関連タグ

600系 鉄道車両の形式の一覧 鉄道車両 電車

関連記事

親記事

鉄道車両の形式の一覧 てつどうしゃりょうのけいしきのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「600形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22936

コメント