ピクシブ百科事典

新1000形

しんせんがた

京浜急行電鉄「2代目1000形」の通称。歌う電車として有名。
目次[非表示]

同じ会社で「1000形」を名乗る車両が複数あった場合、新しい方を指す事があるが、本項目では京浜急行電鉄の1000形(2代)について説明する。

概要

【HD京急03】姿変われど名は同じ【1000形Ⅱ】


京浜急行電鉄(京急)が2002年4月15日より営業運転に投入した通勤形電車都営地下鉄浅草線への直通運転や羽田空港アクセスのための優等列車(エアポート快特等)などに運用されている。デビューから20年ほどたった今でも製造が続いている。

京急では1959年より運用されている初代1000形(旧1000形)があり、両者が並行して運用された時期があった。

次車別の大まかな特徴

1次車と2次車に搭載されたドイツシーメンス社製のVVVFインバータ(素子はGTO)はかなり有名。2100形と同じく、歌う電車と呼ばれる理由はこのインバータから聞こえてくる変調音が音階(ヘ長調でドレミファソラシド・レ~)になっているため。JR東日本E501系もほぼ同じ物を搭載していたが、後者は制動時にも音階が逆で聞こえてくる。
経年によりシーメンス社製GTO素子は、国産のIGBT素子もしくはSiC(炭化ケイ素)素子に換装され、特徴あるインバータ音もついに聞き納めとなった。

3次車から5次車までは、シーメンス社製インバータ素子がIGBTとなり、さらに4次車からは行き先表示がフルカラーLEDとなった。歌うことはなくなってしまったが、国産とは異なるハイテンションな起動音で、別のコアなファンがいる…?

6次車以降は京急初のステンレス鋼車であり、製造時から国産インバータ(8両固定編成は三菱電機製、4両・6両固定編成は東洋電機製)が採用されているので、ただ単に高音を響かせて出て行く。ただ、意外といい音なので一回聞く価値はある。アルミ製車体(1~5次車)では従来と同じ塗装、ステンレス製車体(6次車以降)ではフィルムによるラッピングとなっている。前面は踏切事故対策として普通鋼の塗装仕上げ。それに伴いワイパーカバーを廃止。スリット入りの『1000』は印刷文字となった。
このうち2011年に製造開始となった6両固定編成は、密着連結器の電気接点がないので連結営業運転が不可能となった。2012年製の12次車より全客室にLED照明が標準装備。

6両固定編成は1300番台、4両固定編成は1400番台の車号を使用してきたが、車号に空きが無くなる事が予想されたため、空いている1600番台(6両固定編成)と1800番台(4両固定編成)の車号を使用することになった。4両固定編成は2016年製造の15次車、6両固定編成は同年製造の16次車より番台区分を変更。
この15次車以降の4両固定編成については、車両正面のデザインも変更により中央貫通型となり、2編成連結時は編成間で通り抜けが可能となった。

17次車(2017年製)以降は、同5次車以来約11年ぶりの全面塗装車となった。ステンレス車への全面塗装は関東大手私鉄としては初の試みである。(中小私鉄を含めば他に江ノ電500形(2代)などが該当)。2画面一体型のLCDを搭載する事により、さらなる情報提供の充実を図っている。

20次車以降は総合車両製作所が開発したsustinaブランドのステンレス鋼車体を採用。2021年製の20次車・4両固定編成2本はデュアルシートを搭載、座席指定列車や貸切イベント列車などの運用が可能な汎用車・1890番台となった。

編成内訳

8両編成(8V/8VF) 6両編成(6VF) 4両編成(4V/4VF)
アルミ・シーメンスGTO 1025 1033 1409 1413
アルミ・シーメンスIGBT 1041 1049 1057 1065 1417 1421 1425 1429 1433 1437 1441 1445
アルミ・SiC 1001
アルミ・国産IGBT 1009 1017 1401 1405
ステンレス・初代 1073 1081 1089 1097 1105 1113 1449 1453 1457 1461 1465 1469 1473 1477 1481 1485
ステンレス・第二世代 1121 1129 (1137) 1145 1153 1161 1169 1301 1307 1313 1319 1325 1331 1337 1343 1349 1355 1361 1489
ステンレス・PMSM-IGBT 1367
ステンレス・第三世代 1601 1607 1613 1619 1625 1631 1637 1643 1649 1655 1661 1667 1801 1805 1809
ステンレス・SiC 1177 1185 1201 1209 1217 1225
ステンレス・デュアルシート 1891 1892


その他情報

  • 18次車の中でも最初に新造されたデハ1625は、製造工場である川崎重工業での構内移動の際に他の車両に衝突して車体が大きく歪んでしまい廃棄。新たに造り直された。そのため、1625Fの竣工時期は2018年10月と当初の予定からかなり遅れている。
  • 10次車の1137編成は2019年9月に踏切事故に遭遇し大破。当該編成は復旧不能と判断され2020年3月15日付で廃車除籍となっている。


関連タグ

1000形 京急 京浜急行京浜急行電鉄 鉄道 電車 シーメンス VVVF 鉄道車両の形式の一覧 けいきゅう♪ドレミたん

関連記事

親記事

京浜急行電鉄 けいひんきゅうこうでんてつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「新1000形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59523

コメント