ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

京王電鉄初の座席指定列車。長距離区間の利用者の着席需要にこたえるため、2018年2月22日のダイヤ改正より京王線相模原線で運行を開始した。列車種別も兼ねており、名前は

  • 京王ライナー
  • 京王スマートライナー
  • Luxpress(ラクスプレス)
  • WESTER(ウェスター)
の候補4案から一般投票により決定した。

運行当初は平日・土休日共に夜間の下り列車のみの設定。その後、2018年秋には高尾山口始発の行楽臨時列車「Mt.TAKAO(マウントタカオ)号」で上りの運行を開始。同年末には終夜運転として臨時の「京王ライナー」が新宿発高尾山口行きで運行された。2019年2月22日のダイヤ改正より、平日・土休日共に朝の時間帯に上り列車を新設し、現在に至る。運行本数は下記の通り。

平日土休日
京王八王子⇒新宿朝の時間帯に2本朝の時間帯に1本
橋本⇒新宿朝の時間帯に2本朝の時間帯に2本
新宿⇒京王八王子20時台以降に計5本17時台以降に計6本
新宿⇒橋本20時台以降に計5本16時台以降に計7本

料金

座席指定料金は一律400円である。指定席区間で車内で精算した場合300円が上乗せされる。

  • 下り列車の場合、府中駅から先の区間から京王八王子駅方面、および京王永山駅から先の区間から橋本駅方面に乗車する場合は、座席指定料金不要・乗車券のみで乗車できる。
  • 上り列車の場合、終点の新宿駅のみ降車専用、途中停車駅はすべて乗車専用となる。

停車駅

駅番号京王線系統駅番号相模原線系統
KO01新宿KO01新宿
KO24府中KO40京王永山
KO25分倍河原KO41京王多摩センター
KO27聖蹟桜ヶ丘KO43南大沢
KO29高幡不動KO45橋本
KO33北野
KO34京王八王子


※乗車時間などの都合から、通常の特急列車が停車する、明大前駅調布駅京王稲田堤駅は通過となっている。

使用車両

「京王ライナー」用に新製されたデュアルシート5000系(2代目)クロスシート状態で運行される。全座席にコンセントが設置されている。

利用状況

当初はガラガラだったものの現在は平日夕方に利用者を増加している。
しかし、土休日は相変わらずガラガラな傾向な他、上り朝ラッシュも利用率が非常に良くない上、この列車が出て以降、普通電車の混雑率が悪化し、中規模な遅延がラッシュ時を中心に多発している。
そもそもこの電車の失敗の理由は、着席料金が400円とこの種の列車としては高い事(京成のイブニングライナーより10円安い程度で設備の割に高い)、調布駅で特急や準特急が通過待ちする為、特に八王子方面は府中駅でライナーが出発してから数分後に特急列車が来る為、わざわざ乗る恩恵が得られないからである。
加えて着席需要のある明大前駅を通過するので渋谷駅を始めとした井の頭線利用者に恩恵を得られないのが、利用者低迷の要因となっている。
その影響で平日夜の橋本方面は満席になる一方、土休日の八王子方面や朝ラッシュは明大前駅停車しない&調布駅での特急待避で利用率が低迷しているのが現状となっている。

調布駅の待避はこちら。↓


関連タグ

京王電鉄 京王線 京王相模原線 列車愛称
京王5000系 5000系

運行方法が似ている列車

列車名運行会社
TJライナー東武鉄道
西武鉄道
京急ウィング号京浜急行電鉄


外部リンク

京王ライナー公式サイト

関連記事

親記事

京王電鉄 けいおうでんてつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「京王ライナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7616

コメント