ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

神奈川県川崎市川崎区にある京急電鉄の駅。
1902年に川崎駅として開業し、二度の改称を経て1987年に現名となる。

京急本線と分岐する京急大師線が乗り入れ、1階に改札口と大師線ホーム、2階に本線ホームを備えている。
本線と大師線の定期直通運転は実施していない。
本線の列車接近メロディーは、JR川崎駅東海道線ホーム発車メロディーと同じ坂本九の『上を向いて歩こう』。
ただし、ラッシュ時間帯を中心に駅員の操作によって接近メロディーが鳴らない時間帯がある。



1960年代までは、川崎市電の市電川崎停留所と川崎駅前停留所があった。

駅構造

京急本線
高架上にある2面4線の島式ホーム。
普通列車は4番乗り場・7番乗り場で快特・特急の退避を行うが、退避しない普通は5番乗り場・6番乗り場に入線する。
自動放送はない。
下り12両特急の後ろ4両は当駅止まりで、当駅から神奈川新町駅まで後ろ4両を増結したまま回送し、神奈川新町で切り離して後ろ4両は神奈川新町始発の普通になる。

乗り場路線方向方面備考
4・5京急本線下り横浜上大岡横須賀中央方面
6・7京急本線上り品川新橋日本橋羽田空港方面

京急大師線
2線の地上頭端式ホーム。
1-3番乗り場を使用するが2番乗り場と3番乗り場は同一線路。
自動放送はあるが普通列車のみの運行のため、種別の案内はない。
乗り場路線方面備考
1現在通常ダイヤでは使用されていない
2降車専用
3大師線小島新田方面乗車専用

利用状況

2020年(令和2年)度の1日平均乗降人員は97,300人である。
京急電鉄の駅では第5位。
同じく上大岡駅よりは少ないが、小田急京王下北沢駅や、相鉄海老名駅西武国分寺駅より多い。

年度別

年度乗降人員増減数増減率順位
2008年(平成20年)度117,282人5位
2009年(平成21年)度116,073人-1,209人-1.0%5位
2010年(平成22年)度115,036人-1,037人-0.9%5位
2011年(平成23年)度113,635人-1,401人-1.2%5位
2012年(平成24年)度114,311人+676人+0.6%5位
2013年(平成25年)度118,034人+3,723人+3.3%5位
2014年(平成26年)度120,030人+4,897人+4.1%5位
2015年(平成27年)度122,931人+942人+0.8%5位
2016年(平成28年)度126,304人+3,373人+2.7%5位
2017年(平成29年)度129,351人+3,047人+2.4%5位
2018年(平成30年)度131,920人+2,569人+2.0%5位
2019年(令和元年)度132,524人+604人+0.5%5位
2020年(令和2年)度97,300人-35,224人-26.6%5位

隣の駅

※快特以下の種別の列車が停車。

京急本線
種別←品川方面当駅横須賀方面→
京急ウィング号品川駅通過上大岡駅
快特京急蒲田駅京急川崎駅横浜駅
特急京急蒲田駅京急川崎駅神奈川新町駅
✈急行京急蒲田駅京急川崎駅京急鶴見駅
普通六郷土手駅京急川崎駅八丁畷駅
京急大師線
種別←小島新田方面
普通港町駅京急川崎駅=

関連項目

神奈川県 川崎市
京急電鉄 京急本線 京急大師線
神奈川県内の駅一覧 川崎駅

関連記事

親記事

神奈川県内の駅一覧 かながわけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「京急川崎駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4224

コメント