ピクシブ百科事典

ナゴヤ球場

なごやきゅうじょうあるいはちゅうにちすたぢあむ

ナゴヤ球場とは、日本の野球グラウンドのひとつ。愛知県名古屋市に存在する。
目次[非表示]

概要

1948年中日スタヂアム(中日スタジアムではない。念のため)として作られた。
中日ドラゴンズが、実は愛知県名古屋市に本社を構える会社が親会社であるにもかかわらず、ホームゲームを名古屋以外で行うことがしばしばあったことから、「このままではだちかんがね」とばかりにその年の10月に着工、したのは良かったが、何と昼も夜もなく工事をやらかし、わずか2ヶ月後には開場してしまった。
とにかくとっとと作られたものだから、観客を収めるスタンドはなんと木造だった。
その結果・・・・・・・・・・・

1951年8月の惨劇

1951年8月19日昼4時過ぎ、ドラゴンズ対巨人戦の最中、バックネット席上段から出火、しかもまずいことに風が強く吹いていたばっかりに瞬く間に球場全体に燃え広がってしまい、全焼。しかも付近の民家4軒と工場の建物3棟も巻き添えを食って全焼してしまう。
これにより観客4人が焼死してしまった。さらに、確認された重軽傷者は318人に及ぶ。ただこれ以外にも、ロクに治療を受けられずに帰宅するハメになった重軽傷者も多数いた模様。
その原因は、タバコの火の不始末だった(が、これが単純なものでは無かった。詳細は外部リンクの方を参照に)。
なお、この火事に巻き込まれた観客の中に、後にドラゴンズの名セカンドとして、このナゴヤ球場(中日スタヂアム)狭しと大暴れした、高木守道がいた。

そして球場自体は、その後1から作り直され、1952年4月に完成した。

球場閉鎖!?

球場を運営していた会社は、岐阜県新穂高温泉で「中日ロッジ」なる旅館を経営していたが、そちらの経営は思わしくなかった。その弱みにつけ込まれ、手形がやたら金融市場に出回っていた。そのうちのひとつをめぐって詐欺事件が発生、結果1973年5月、運営会社が経営破綻してしまう。結果、球場は1972年プロ野球シーズン終了直後の東京スタジアムよろしく閉鎖されてしまう危険性があった。

だがその結果、誰かさんのような状態になることを恐れたドラゴンズは、破産管財人に土下座した上で、直接球場を管理することになった。これによって「ジプシー・ドラゴンズ」状態は回避されたのだった。

ただ、球団が直接球場を管理するのは難しいものがあったようで、結局東海銀行などの支援を受けた上で、新運営会社「ナゴヤ球場」が設立されたのだった。

ナゴヤドーム完成・開場後

1997年ナゴヤドームが完成・開場したことに伴い、このナゴヤ球場はドラゴンズのファームの本拠地として使われるようになり、現在に至る。

ネタ

  • ドラゴンズだけでなく、年に数カード、近鉄バファローズもホームゲームを開催していた。
    • ただ、本来の最寄り球場は名古屋鉄道の山王駅(一時期中日球場前→ナゴヤ球場前駅駅と名乗っていた)なのだが、バファローズのホームゲームの際には、「名古屋線の米野駅が最寄り駅です」と近鉄サイド(球団・鉄道いずれも)は説明していた・・・・・・・・。そっからだと無茶苦茶遠いんですけど・・・・・・・・・・(各自でお調べ下さい)。
    コンサート会場として使われることがあるのは、野球場では良くある話。だが、試合の無い時(特にオフシーズン)にはゴルフの練習場として使われたことがある、位ならまだしも、なんとサッカーの試合が行われたこともあった・・・・・・・。札幌ドームかよ。


外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ナゴヤ球場」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18

コメント