ピクシブ百科事典

10-300形

いちまんさんびゃくがた

都営新宿線の電車。2005年デビュー。
目次[非表示]

概要

製造から25年以上経過し、老朽化の進んでいた10-000形初期車の置き換えとATC・列車無線の更新対応を目的として、2005年から製造が開始された。さらに3次車以降の車両は車種統一を目的として、残っていた10-000形をすべて淘汰し、都営新宿線の所属車両は2018年にすべて当形式に統一された。

基本設計はJR東日本E231系をベースとしており、随所にE231系との共通箇所が見られる。それ故に製造はほぼ一貫して東急車輌・総合車両製作所である。(ただし一部の車両はJR東日本新津車両製作所で製造された)

8両編成については新規製造車両の10-300形と、中間車に従来の10-000形を改造して組み込んだ10-300R形の2種類が用意された。

10-300R形

置き換え対象編成のうち経年の浅い3次車ユニットを活用するため、先頭車のみ製造されたグループ。31~36編成の先頭車、計12両が製造され、中間車の10-000形も改造して番号も10-3XXに振られた。3次車以降の編成の導入により全車引退。⇒10-300R形

10-300形1・2次車

全新造車両グループ。2005~07年にかけて37~48編成の8両編成×12本が製造された。
31~36編成と比べ、側面の帯や車内表示機の配置に違いがある。
のちに45~48編成は新造中間車を組み込んで10両編成となった。
8両編成8本(37~44編成)と10両編成4本(45~48編成)在籍している。

10-300形3・4・5次車

とある交通局の大妖精


輸送力増強による混雑緩和を目的として新造されたグループで、2013~15年にかけてまず49~60編成を製造。E233系登場後の製造のためE233系2000番台をベースとしたモデルチェンジが図られ、内外装の雰囲気も1・2次車とはかなり変わっている。液晶ディスプレイ(LCD)も都営新宿線の車両で初めて導入された。なお、13~14年製造の3次車(49~51編成)と15年製造の4次車(52~60編成)では一部仕様が異なる。

2016年には5次車(61~64編成)も製造された。これは車両製造メーカーとの契約の都合上、4次車の2016年度増備分と並行して製造された。3・4・5次車は合わせて10両編成16本が在籍している。

余談

2016年10月25日、京王線で発生した人身事故によるダイヤ乱れにより京王線新宿駅に初入線し、急行橋本行き(47編成)と急行京王八王子行き(51編成)として営業運転を行った。また都営車両の京王八王子駅への営業運転での入線も初めてとなった。また、翌日には51編成が京王八王子発の特急新宿行きとして運用され利用客の度肝を抜かした(しかも自動放送も京王線特急対応)。10-000形に特急種別幕が用意されてはいたが、営業運転での特急運用は10-300形が初である。

関連項目

都営地下鉄 東京都交通局 都営新宿線 京王電鉄 10-000形

pixivに投稿された作品 pixivで「10-300形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5880

コメント